111件中 21 - 30件表示
  • 出口雄大

    出口雄大から見た川崎宗則川崎宗則

    同年9月、戦力外通告を受ける。12球団合同トライアウトに臨むものの、獲得意思を示した球団はなくそのまま現役を引退。この様子は、2005年12月28日にTBSで放送された『プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達』の中で紹介された。ホークスでは、同期の鳥越裕介、田之上慶三郎、宮地克彦らと非常に仲がよく、「71年会」と呼ばれた。コンバット満からは、川崎宗則が一軍定着するまで「ホークスで一番の男前」と言われていた。出口雄大 フレッシュアイペディアより)

  • 始球式

    始球式から見た川崎宗則川崎宗則

    しかし、始球式の投球を空振りしない事もある。北海道日本ハムファイターズ時代の新庄剛志(SHINJO)の数例や2010年6月5日の福岡ソフトバンクホークス・川崎宗則等のように打ちにいった例、1964年7月22日オールスター第3戦での山内和弘による見逃し(捕手との雑談が原因)など。始球式の投球を空振りしなくても特に罰則規定はない(※ただし投手役はスポーツ選手でない場合も多く、ピッチャー返しを打つと危険であるため、わざと空振りするのは投手役の負傷を防ぐ目的もあるともいわれている)。始球式 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のパシフィック・リーグプレーオフ

    2005年のパシフィック・リーグプレーオフから見た川崎宗則川崎宗則

    5回裏にソフトバンクがカブレラの2試合連発のソロで先制するが、直後の6回表にロッテは斉藤を攻め1死満塁とすると、フランコが左中間に2塁打を放ち2者が生還、続くベニーの3ゴロでもう1点入り斉藤をKO。ソフトバンクはその裏に川崎宗則のソロ本塁打で1点差に追い上げるが、清水が7回をソロ2本で切り抜けると、8回を薮田、9回を小林雅が抑え、連勝で優勝に王手をかけた。ソフトバンクは主軸の松中信彦とフリオ・ズレータがいずれも無安打でブレーキとなり、後がなくなった。2005年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • いざゆけ若鷹軍団2007

    いざゆけ若鷹軍団2007から見た川崎宗則川崎宗則

    福岡ソフトバンクホークスの球団歌「いざゆけ若鷹軍団」のリメイク楽曲。馬原孝浩、新垣渚、本多雄一、川崎宗則、井手正太郎の5選手がコーラスとして参加しており、DVD収録のミュージック・ビデオにも出演している。いざゆけ若鷹軍団2007 フレッシュアイペディアより)

  • サルビアのつぼみ/You'll be alright with 槇原敬之

    サルビアのつぼみ/You'll be alright with 槇原敬之から見た川崎宗則川崎宗則

    この曲は福岡ソフトバンクホークス(当時)の川崎宗則選手の2006年度後半戦のテーマソングとして打席に立つ時に使われていた。サルビアのつぼみ/You'll be alright with 槇原敬之 フレッシュアイペディアより)

  • ムネリン

    ムネリンから見た川崎宗則川崎宗則

    ムネリン フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・ネルソン

    ブライアン・ネルソンから見た川崎宗則川崎宗則

    しかし7月7日に左鎖骨付近の痛みを訴えて再び2軍に落ちると、鳥越裕介が遊撃の定位置に復帰し、川崎宗則が三塁手に回ったためネルソンの出番はなくなり、その後の再昇格はなかった。9月10日に検査のため帰国。そのまま退団した。ブライアン・ネルソン フレッシュアイペディアより)

  • サンライズ (BENNIE Kの曲)

    サンライズ (BENNIE Kの曲)から見た川崎宗則川崎宗則

    福岡ソフトバンクホークスの川?宗則選手の入場テーマ(2006年度6月?7月頃)として打席に立つ時に使われていた。サンライズ (BENNIE Kの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 相澤寿聡

    相澤寿聡から見た川崎宗則川崎宗則

    初奪三振:同上、1回裏に川崎宗則から相澤寿聡 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハード打線

    ダイハード打線から見た川崎宗則川崎宗則

    2003年シーズン直前、長年4番を務めていた小久保裕紀が右膝靭帯を断裂し、全治1年の大怪我で離脱をしたことが思わぬ効果を呼ぶ。5番を打っていた松中信彦が4番となり、走力を備えた井口資仁がその前を打ち、城島健司が5番、2番を打っていた中距離打者ペドロ・バルデスが6番に下がる事で理想的なジグザグ打線が完成する。村松有人と川?宗則が1、2番に固定され、3番井口と共にいずれも30盗塁(村松が32盗塁、川崎が30盗塁、井口が42盗塁)を達成しパ・リーグの上位を独占するなど、理想的な上位打線が出来上がる。その結果3?6番の井口、松中、城島、バルデスは揃って100打点以上を記録し、プロ野球史上初の100打点カルテットを形成。この4人に加えて村松と柴原洋が打率3割を超えたことで、プロ野球史上初めて一チームから6人の3割打者を出した。ダイハード打線 フレッシュアイペディアより)

111件中 21 - 30件表示

「川崎宗則」のニューストピックワード