141件中 31 - 40件表示
  • 2015年のメジャーリーグベースボール

    2015年のメジャーリーグベースボールから見た川崎宗則川崎宗則

    トロント・ブルージェイズからFAの川崎宗則が、ブルージェイズとマイナー契約を結んだ。2015年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • エフエム九州

    エフエム九州から見た川崎宗則川崎宗則

    川崎宗則の今日もヨロシコ(1月?3月、信川竜太の担当番組内で編成)エフエム九州 フレッシュアイペディアより)

  • 早坂圭介

    早坂圭介から見た川崎宗則川崎宗則

    には、イースタン・リーグ公式戦で34盗塁を記録。この年から2年振りにNPB復帰を果たしたチームメイト・代田建紀と争った末に、自身2年振りの盗塁王になった。レギュラーシーズンでは一軍に昇格できなかったが、ポストシーズンでは、福岡ソフトバンクホークス戦とのプレーオフ第5戦でシーズン初の一軍戦出場。代打で杉内俊哉から内野安打を放つと、その後に就いた二塁守備で川崎宗則の打球を好捕するなど、チームの勝利と31年振りのパシフィック・リーグ優勝に貢献した。さらに、チームの日本シリーズ制覇でシーズンを終えた後には、アジアシリーズへ出場。対チャイナスターズ戦では、安打と盗塁を記録している。早坂圭介 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正太郎

    井手正太郎から見た川崎宗則川崎宗則

    ホークス時代のチームメイトで先輩でもあった川崎宗則と仲が良く、同球団への入団2年目からDeNAで現役を引退するまで、オフシーズンには鹿児島県姶良市での自主トレに同行。現役引退を決断したことを電話で伝えた際には、川崎から明るい声で「良かったな!凄いぞ、15年間も(現役を)やったのは!」と励まされた。井手によれば、川崎は「兄のような存在」で、川崎の実父(電気工事店店主)を『パパリン』と呼んでいるいう。井手正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 瞬感スポーツ

    瞬感スポーツから見た川﨑宗則川崎宗則

    タイトルは放送開始時点で福岡ソフトバンクホークスの選手だった川?宗則が命名。また、番組ロゴは、こちらも当時ホークスの投手だった和田毅がイラストを担当。瞬感スポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 姶良市総合運動公園野球場

    姶良市総合運動公園野球場から見た川崎宗則川崎宗則

    姶良市出身である川崎宗則が、かつて当球場で地元の小・中学生を対象に野球教室を開いていた。姶良市総合運動公園野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤秀光

    斉藤秀光から見た川崎宗則川崎宗則

    は前年シーズン中から病気療養のため休養していた王貞治監督の復帰初戦であるオープン戦の開幕戦でサヨナラ打を放つなどオープン戦から好調で、松中信彦の守備固めや川崎宗則のケガなどでチャンスをつかみ、内野の4ポジションすべてで出場した。しかし怪我の影響もあってシーズンでは無安打に終わる。10月6日に球団から戦力外通告を受けて退団。第1回の合同トライアウトを受験後、斉藤の地元である横浜ベイスターズに守備力を見込まれ入団となった。斉藤秀光 フレッシュアイペディアより)

  • ストリーク

    ストリークから見た川崎宗則川崎宗則

    吉本新喜劇を見に来ていたイチロー選手から「ストリークさんに会いたい」と言われ、NGKの楽屋で初対面した。その時、川崎宗則選手も一緒に居た。吉本がイチローに対して「むっちゃ詳しいな!」とタメ口でツッコミを入れてしまう程、イチローは山田がネタ中に着ているユニホームの種類を把握していた。なおその後、山田がネタ中に被っている帽子の裏には、その時に書いてもらった、イチローと川崎のサインが入っている。ストリーク フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球ai

    プロ野球aiから見た川崎宗則川崎宗則

    1988年の創刊以続いている人気投票ランキングである。第1回(1988年春季号)は「いま光っているアイドルたち」という企画名で、1位に選ばれたのは工藤公康であった(続く夏季号でも1位)。1990年1+2号から1991年11+12号まで緒方耕一が当時最長となる12号連続で首位に選ばれた。1992年5+6月号に古田敦也が選ばれると東京ヤクルトスワローズ人気が高まり、高津臣吾が1994年5+6月号から1997年7月号、1997年11月号から1998年1月号まで22回に渡って首位を獲得した。1996年、97年のオフには本誌主催のクリスマスパーティが開かれた。因みに、高津の21回連続首位を阻止したのが当時西武ライオンズ入団4年目の松井稼頭央であった。1999年1月号から読売ジャイアンツの二岡智宏が首位に躍り出た。二岡は同期入団の上原浩治と共に本誌の取材を受けることが多かった。しばらく巨人選手の人気が続いた後、2003年の日本シリーズで活躍した川崎宗則が注目され、2004年3月号で初めて首位を獲得。2008年9月号で高卒ルーキーだった坂本勇人が2004年の二岡以来となる巨人選手として1位を獲得。2012年9月号で堂林翔太が広島東洋カープの選手として初めて首位を獲得。現在までにオリックス・バファローズと東北楽天ゴールデンイーグルスの選手が首位に選ばれていない。プロ野球ai フレッシュアイペディアより)

  • 田上秀則

    田上秀則から見た川崎宗則川崎宗則

    移籍1年目のには、得点力不足に喘ぐチーム事情を背景に、5月末に移籍後初の一軍へ昇格。6月1日の横浜戦でスタメン出場し、三浦大輔からプロ初本塁打を放つ。その後は1軍での守備経験の少なさから、主に打力を買われての指名打者や代打での出場となった。捕手6試合、一塁手1試合、三塁手2試合を守ったが、それ以外は全て指名打者での出場。1番大村直之、2番川崎宗則、4番松中信彦ら左打者が上位打線に固定されていたため、スタメンの際は主に3番を打った。一時期、三塁手への転向も検討されたが、小久保裕紀の復帰や田上本人の希望もあり、引き続き捕手で登録されている。田上秀則 フレッシュアイペディアより)

141件中 31 - 40件表示

「川崎宗則」のニューストピックワード