141件中 41 - 50件表示
  • 松村豊司

    松村豊司から見た川崎宗則川崎宗則

    2006年4月21日のソフトバンク戦で延長10回表に川崎宗則から勝ち越し打を浴びるも、その裏に北川博敏がサヨナラ打を放ち幸運なプロ初勝利が転がり込んだ。オフにはハワイ・ウィンターリーグへ派遣される。しかし、肩の故障が原因で140km/hも出なくなるほど球速が大幅に低下してしまい、翌2007年オフに戦力外通告を受けた。松村豊司 フレッシュアイペディアより)

  • 1981年のスポーツ

    1981年のスポーツから見た川崎宗則川崎宗則

    6月3日 - 川崎宗則(鹿児島県、野球)1981年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のメジャーリーグベースボール

    2012年のメジャーリーグベースボールから見た川崎宗則川崎宗則

    1月11日 - シアトル・マリナーズは福岡ソフトバンクホークスからFA宣言した川崎宗則とマイナー契約した事を発表2012年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本プロ野球

    2010年の日本プロ野球から見た川崎宗則川崎宗則

    3月27日 - 福岡ソフトバンクホークスの川崎宗則が対オリックス戦でNPB史上255人目の通算1000安打2010年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 姶良市立重富中学校

    姶良市立重富中学校から見た川崎宗則川崎宗則

    川崎宗則 - プロ野球選手姶良市立重富中学校 フレッシュアイペディアより)

  • ゆずのオールナイトニッポンGOLD

    ゆずのオールナイトニッポンGOLDから見た川崎宗則川崎宗則

    1月30日 - 川崎宗則のオールナイトニッポンGOLDゆずのオールナイトニッポンGOLD フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズの歴史

    シアトル・マリナーズの歴史から見た川崎宗則川崎宗則

    主な選手として、岩隈久志と川崎宗則の日本人選手2人や、マイケル・ピネダらとのトレードでヘスス・モンテロとヘクター・ノエシの若手選手、ベテランのケビン・ミルウッドが加入し、5年ぶりにジョージ・シェリルが復帰した。この年はMLB史上4年ぶり4度目の日本での開幕戦のため、主催のオークランド・アスレチックスとともに日本へ遠征。3月25日に阪神タイガース、26日に読売ジャイアンツとプレシーズンゲームを行った後、3月28日・29日に東京ドームで2試合公式戦を開催した。シアトル・マリナーズの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た川崎宗則川崎宗則

    メジャー屈指の一番打者であるイチローと井口に代わる内野手のスタメン候補である川崎宗則、西岡剛や2005年度セ・リーグ首位打者の青木宣親らが走ってつないだ僅少得点を、イチロー、福留孝介、多村仁らの好守と鉄壁の投手リレーで守り抜く戦い方を目指し、大会では彼らの実力が遺憾なく発揮された。2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 金子圭輔

    金子圭輔から見た川崎宗則川崎宗則

    2006年から2010年までのソフトバンク時代は、内野レギュラーに川崎宗則・松田宣浩・本多雄一などが定着した時期であり、一軍控えとしても本間満や森本学を押しのける結果を出せなかったため、稀に代走・守備固めとしての出場があるものの出場試合数は多くはなかった。金子圭輔 フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・ネルソン

    ブライアン・ネルソンから見た川崎宗則川崎宗則

    に入団テストを経てスイッチヒッターで内外野を器用にこなせるユーティリティープレイヤーとして、ダイエーに入団。同じ年には「台湾プロ野球の本塁打王」という肩書付きで入団した陳文賓がおり、中軸打者として期待されていたわけではなかったが、主砲の小久保裕紀がオープン戦でシーズン絶望の重傷を負うと、三塁が出来るネルソンに注目が集まり始める。陳はオープン戦から思うような成績が残せず守備にも難があったことから、ネルソンは開幕1軍の座を勝ち取った。開幕戦は「8番・三塁手」でスタメン出場し複数安打。その後もレギュラー出場を続けたが、さっぱり打てず4月上旬には一度2軍落ちとなった。再昇格後もなかなかヒットが出なかったが、5月14日の近鉄戦で開幕戦以来の複数安打を放つ。この試合では球団タイ記録となる8点差を逆転してのサヨナラ勝利を挙げ、このサヨナラ安打を放ったのがネルソンだった。5月下旬にはそれまで1本も打てなかった本塁打を5試合で3本打つなどの活躍を見せた。しかし7月7日に左鎖骨付近の痛みを訴えて再び2軍に落ちると、鳥越裕介が遊撃の定位置に復帰し、川崎宗則が三塁手に回ったためネルソンの出番はなくなり、その後の再昇格はなかった。9月10日に検査のため帰国。そのまま退団した。ブライアン・ネルソン フレッシュアイペディアより)

141件中 41 - 50件表示

「川崎宗則」のニューストピックワード