141件中 51 - 60件表示
  • 2004年のパシフィック・リーグプレーオフ

    2004年のパシフィック・リーグプレーオフから見た川崎宗則川崎宗則

    もう負けられないダイエーは4回裏に西武先発の帆足から鳥越、川?宗則、出口雄大が適時打を放ち3点を先制、さらに6回に帆足から代わった森慎二から川?が本塁打を放ち4-0とした。西武打線はダイエー先発の倉野信次に封じられ、7回に和田のソロ本塁打で1点を返すのみにとどまった。結局4-1でこの試合をものにしたダイエーが2勝2敗のタイに追いつき、リーグ優勝に逆王手とした。2004年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • 2017 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2017 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た川崎宗則川崎宗則

    12月16日 - 川崎宗則が代表参加の意思を表明した。実際は、選出はならなかった。2017 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • マット・ヘイグ

    マット・ヘイグから見た川崎宗則川崎宗則

    ブルージェイズ傘下バッファロー時代のチームメイトだった川崎宗則は、ヘイグの阪神入団が決まった後の取材に対して、「選球眼が良くて、身体や肩が強くて、一塁や三塁の守備でよく動ける。感情を表に出すタイプではないけれど、内に秘めた闘志や野球に取り組む姿勢が素晴らしいので、日本の野球に合うと思う」というコメントを寄せていた。マット・ヘイグ フレッシュアイペディアより)

  • フランク・ガルセス

    フランク・ガルセスから見た川崎宗則川崎宗則

    初奪三振:同上、7回裏に川崎宗則から空振り三振フランク・ガルセス フレッシュアイペディアより)

  • サンライズ (BENNIE Kの曲)

    サンライズ (BENNIE Kの曲)から見た川崎宗則川崎宗則

    福岡ソフトバンクホークスの川?宗則選手の入場テーマ(2006年度6月?7月頃)として打席に立つ時に使われていた。サンライズ (BENNIE Kの曲) フレッシュアイペディアより)

  • スティーブ・デラバー

    スティーブ・デラバーから見た川崎宗則川崎宗則

    6月17日、川崎宗則のメジャー昇格に伴い、マイナーオプションによってAAA級バッファローに降格された。しかし、ブレット・セシルの故障者リスト入りによって6月19日にメジャーに再昇格した。6月24日に再びマイナーオプションによってAAA級バッファローに降格された。以降はメジャー昇格せず、セプテンバー・コールアップの拡張選手名簿からも外された。この年は前半戦だけの出番に終わり、中継ぎで30試合に登板して防御率4.91だった。スティーブ・デラバー フレッシュアイペディアより)

  • 宮本慎也

    宮本慎也から見た川崎宗則川崎宗則

    、WBC代表にも井口資仁の代表辞退後に追加選出された。出場要請は大好きなパチンコをしている最中だったという。この時の背番号は多村仁と重複のため10番をつけた。準決勝の韓国戦では代打として結果を残し、その後の守備では本職ではない三塁手として出場した(守備機会は無し)。決勝のキューバ戦ではその試合で2度失策をした川崎宗則に代わり、9回に本職である遊撃手として出場した。ただし宮本への交代は前の攻撃の回で川崎がホームへ生還した際、右ひじを痛めたためであり、失策が原因で交代したわけではない。シーズンでは開幕から好調だったものの怪我での2度の離脱により73試合出場にとどまる。宮本慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 島田誠

    島田誠から見た川崎宗則川崎宗則

    よりダイエーの一軍外野守備走塁コーチに就任。6月6日のオリックス戦終了後二軍降格となった。からは再び一軍コーチを務め、井口資仁に二度盗塁王取らせて、二軍コーチの時ルーキーだった川崎宗則には徹底的にプロの走塁を仕込み、チームがリーグ優勝・日本一になったは147盗塁、12球団トップで井口、2位の村松有人、3位の川崎と盗塁ランキングを独占し日本一の原動力になった。しかし、以降3年連続でリーグ優勝を逃し、特に親会社がダイエーからソフトバンクに変わったから2年続けて、プレーオフに進出しながら敗退したため、チーム編成の抜本的見直しが行われることとなり、限りで退団した。島田誠 フレッシュアイペディアより)

  • 2013 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2013 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た川崎宗則川崎宗則

    11月19日 - かねてよりWBCへの出場要請をしていたMLB所属のダルビッシュ有、岩隈久志、青木宣親、川崎宗則、イチロー、黒田博樹の6選手全員から出場を辞退されることとなり、山本監督はNPB所属選手のみで大会に出場することをコメントした。2013 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本シリーズ

    2003年の日本シリーズから見た川崎宗則川崎宗則

    1回表、阪神はダイエー先発の斉藤から先頭の今岡誠が中前打を放ち、桧山進次郎が四球で続き不安定な立ち上がりを見せる斉藤を攻めたが、広澤克実が三振に倒れ先取点はならず。2回裏、ダイエーがペドロ・バルデスの四球とフリオ・ズレータの安打で先制のチャンスを迎え、村松有人のタイムリーで1点を先制する。3回裏川?宗則の内野安打と井口資仁の二塁打で追加点のチャンスを作るも、松中信彦のサードライナーの時に川崎が塁を飛び出してしまいダブルプレーで無得点。2003年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

141件中 51 - 60件表示

「川崎宗則」のニューストピックワード