141件中 61 - 70件表示
  • パ・リーグオールスター東西対抗

    パ・リーグオールスター東西対抗から見た川﨑宗則川崎宗則

    パ・リーグの選手からの支持も高く、日米野球と重なることが多いが東西対抗を優先する選手がほとんどで、川?宗則はケガで日米野球を辞退したにもかかわらず東西対抗には顔を見せている。パ・リーグオールスター東西対抗 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の日本シリーズ

    2011年の日本シリーズから見た川崎宗則川崎宗則

    内野手:0仲澤忠厚、2今宮健太、5松田宣浩、9小久保裕紀、36明石健志、42アレックス・カブレラ、45李杜軒、46本多雄一、52川崎宗則2011年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 始球式

    始球式から見た川崎宗則川崎宗則

    しかし、始球式の投球を空振りしないこともある。北海道日本ハムファイターズ時代の新庄剛志 (SHINJO) の数例や川崎宗則等のように打ちにいった例、1964年7月22日オールスター第3戦での山内和弘による見逃し(捕手との雑談が原因)など。また、平野恵一のように空振りをしたつもりが結果的にはバットに当たってしまったというハプニングもある。始球式の投球を空振りしなくても特に罰則規定はない(※ただし投手役はスポーツ選手でない場合も多く、ピッチャー返しを打つと危険であるため、わざと空振りするのは投手役の負傷を防ぐ目的もあるともいわれている)。始球式 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た川崎宗則川崎宗則

    ''1月5日、シアトル・マリナーズと年俸150万ドル+先発数20以上と投球回数140以上、タイトル受賞によって変動していく出来高340万ドルの1年契約を結んだ。スプリングトレーニングでは5試合の登板で防御率3.60、WHIP1.53の成績を残すも、先発ローテーション入りすることなく開幕を迎える。しかし開幕から出番がなく、4月17日にはメジャー開幕ロースターに登録された全投手で登板のない唯一の選手となり、20日のシカゴ・ホワイトソックス戦の6回に3番手としてメジャーリーグ初登板。その後はロングリリーフとして起用され、5月30日のテキサス・レンジャーズ戦では7回から3回を投げ5安打3失点、2四死球の投球でプロ入り後初となるメジャー初セーブを挙げる。6月16日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦では同点の6回から2回無安打無失点の投球でメジャーリーグ初勝利を挙げる。7月2日のボルチモア・オリオールズ戦でメジャーリーグ初先発。この試合ではイチローと川?宗則も先発出場し、同一チームで日本人選手3人が先発出場するのはメジャーリーグ史上初となった。後半戦から先発ローテーション入りし、7月30日のトロント・ブルージェイズ戦では、8回を4安打、1失点、13奪三振、3四球の投球で先発初勝利を挙げ、13奪三振はプロ入り後の自己最多かつルーキーとしての球団最多記録となった。8月17日のミネソタ・ツインズ戦では7回1失点の好投で4勝目を挙げる。この試合では4回まで走者を出さず、フェリックス・ヘルナンデスが前日に達成した完全試合から合わせて、メジャーリーグ史上以降最長となる42者連続アウトのチーム記録を達成した。9月14日のレンジャーズ戦ではダルビッシュ有と投げ合い、5回を2本塁打を含む7安打2失点の投球で5敗目を喫する。後半戦はデビッド・プライスに次ぐリーグ2位の防御率2.50を記録。最終的には先発としては16試合に登板し8勝4敗、防御率2.65、WHIP1.23。防御率はフェリックス・ヘルナンデスが2005年に記録した2.67を抜いて球団新人記録となった。9月には代理人をアーン・テレムに変更していたことを明かし、11月4日に2年総額1400万ドル(3年目は年俸700万ドルの球団オプション)でマリナーズと契約を延長した。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・レイエス

    ホセ・レイエスから見た川崎宗則川崎宗則

    開幕前の3月に開催された第3回WBCのドミニカ共和国代表に選出され、3大会連続3度目の選出を果たした。同大会では、チームの初優勝に貢献。自身も遊撃手部門でベストナインを獲得した。シーズン序盤の4月12日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦で二盗を試みスライディングをした際に左足首を負傷、故障者リスト入りとなった(4月23日には40人枠からも外された)。これに伴い、レイエスの代役として川崎宗則がメジャーに昇格した。その後リハビリを経て6月23日に故障者リストから外れた。この年は故障の影響もあり93試合の出場にとどまり、10本塁打37打点15盗塁、打率.296だった。ホセ・レイエス フレッシュアイペディアより)

  • 新井宏昌

    新井宏昌から見た川崎宗則川崎宗則

    は日本放送協会(NHK)解説者・デイリースポーツ評論家を務め、より2年間は福岡ダイエーホークスで打撃コーチを務め、村松有人、川崎宗則らを育て強力打線を作り上げ、2003年のリーグ優勝、日本一に貢献した。、仰木の下でオリックス・バファローズで一軍チーフ兼打撃コーチに就任し、オフに成績不振の責任を取る形で辞任。新井宏昌 フレッシュアイペディアより)

  • ビーグルクルー

    ビーグルクルーから見た川崎宗則川崎宗則

    福岡ソフトバンクホークスの選手や球団関係者との交流が深い。多くの選手とプライベートでも親交があり、選手にもファンが多い。特に斉藤和巳とは、メンバー自身が兄貴のように慕っている事もあり、過去に2度、試合前セレモニーのゲスト出演でパフォーマンスした際には、斉藤和巳の背番号「66」のユニフォームを着用した。多村仁志は自身のブログでその際に行ったライブの感動を記し、 川?宗則は、オフ期間の自主トレの際に、常に球場でCDを流しているほど。松田宣浩は自身の結婚披露宴で、彼らの楽曲を使用したという。Zepp Fukuokaでの単独ライブの際には、それぞれに斉藤和巳、篠原貴行、中村晃が来場した。毎年球団の納会にも参加しているという。ビーグルクルー フレッシュアイペディアより)

  • 赤田将吾

    赤田将吾から見た川崎宗則川崎宗則

    は二番・中堅手のレギュラーを獲得し、夏頃から打率を急上昇させた。打率.272、自己最高の盗塁20を記録。またこの年の9月1日(25歳の誕生日)にオフィシャルサイト「侍魂」を設立。は主に一番または九番打者として堅実な打撃を見せ、打率は自己最高の.293を記録した。また、リーグ最多タイの三塁打7(西岡剛、鉄平、川崎宗則と並ぶ)、チーム3位(自己最多)の25犠打、3年連続2桁盗塁を記録した。この年も夏場から調子を上げ、交流戦以降の打率は3割を超えた。赤田将吾 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄平 (野球)

    鉄平 (野球)から見た川崎宗則川崎宗則

    、開幕戦の日本ハム戦に「1番・中堅手」としてスタメン出場する。4月22日の西武戦で西口文也からプロ初本塁打を放つ。6月2日は古巣の中日戦(フルキャストスタジアム宮城)で4安打を放ちサヨナラ勝ちにつなげ、試合後、中日監督の落合博満から「お前を(トレードに)出した甲斐があった」とのコメントを受けた。6月30日の日本ハム戦から7月6日のロッテ戦にかけて9打席連続三振を記録。野手の連続三振記録の新記録となった。この年は103試合に外野手として出場し、チーム2位の打率.303を残す。また、西岡剛、赤田将吾、川崎宗則と並んでリーグトップタイの7三塁打を記録した。ファンからの最多投票を受け、楽天野球団主催の『2006年度MVP選手』に選ばれる。これにより、2007年度の同球団ファンクラブ特典のフィギュアは鉄平となった。11月、イオン日米野球2006に監督推薦選手として出場。スコアボードになぜか「東北鉄平」と誤表示されてしまうというハプニングもあった。12月7日、球団史上最高となる220%の年俸アップ率で契約更改をし「自費で新幹線に乗るときはいつも自由席だったけど、これからは座席が広いグリーン車に乗れそうです」とコメントした。また、この日「グッズを作り直すのが大変だろうから」と、背番号は変更しないことを発表した。鉄平 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川勇也

    長谷川勇也から見た川﨑宗則川崎宗則

    'は、キャンプで練習中に打球が頭に当たり骨折したがなんとか開幕に間に合わせる。開幕からチームが低迷する中で高打率を維持し、4月半ばからは不調の本多雄一に変わって1番打者として躍動。さらに、中村晃が頭角を現したことで5月20日のセ・パ交流戦、対中日ドラゴンズ戦から5番に定着すると、内川聖一、松田宣浩らと強力なクリーンナップを形成し、安打を量産。交流戦史上最高打率である.418をマークし、交流戦MVPを獲得した。その後も大きな不調に陥ることなく打線を牽引し、9月11日の対西武戦からは内川に代わって3番を任されるなど、シーズンを通して安定した活躍をみせた。最終的には200安打にあと2本届かなかったが、2010年に川?宗則が記録した球団記録の190安打を上回る198安打(歴代7位記録)を放ち、自身初のタイトルとなる首位打者'と最多安打に輝いた。自身初のフルイニング出場を果たし(史上5人目のフルイニング出場首位打者)、3本のサヨナラ打(5月3日西武戦、9月15日日本ハム戦、9月23日西武戦)と勝負強さも光った。ベストナインを初受賞した。1番(29試合)、3番(27試合)、5番(75試合)と、シーズンを通して中軸あるいは上位打線として活躍。守備位置は主に中堅手(102試合に先発出場)であったが、右翼手としても34試合にスタメン出場した。長谷川勇也 フレッシュアイペディアより)

141件中 61 - 70件表示

「川崎宗則」のニューストピックワード