141件中 81 - 90件表示
  • 鳥越裕介

    鳥越裕介から見た川崎宗則川崎宗則

    だが、オープン戦では12球団打撃ランキング4位という好成績を収めながら、シーズン開幕直後から大不振に陥り、6月からは浜名や野々垣武志らにポジションを奪われた。結果、この年一度も猛打賞がなく、シーズン通じて一度も打率を2割台に乗せることない打率.174と、低い成績で終わってしまう。は、開幕レギュラーは獲得したものの、打撃不振で川?宗則や野々垣にポジションを譲ったが、夏場から打ち出して打率を6分近く上げ、王の信頼を再び取り戻す。鳥越裕介 フレッシュアイペディアより)

  • チャンピオンリング

    チャンピオンリングから見た川崎宗則川崎宗則

    2016年、シカゴ・カブス 所属の川崎宗則(WBCも保持)。(ワールドシリーズは出場選手登録外のためベンチから応援)チャンピオンリング フレッシュアイペディアより)

  • 小林宏之 (野球)

    小林宏之 (野球)から見た川崎宗則川崎宗則

    1000奪三振:2009年8月26日、対福岡ソフトバンクホークス17回戦(千葉マリンスタジアム)、8回表に川崎宗則から ※史上126人目小林宏之 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • OSAKAクラシック

    OSAKAクラシックから見た川崎宗則川崎宗則

    金曜日のナイトゲームとして催された第1戦(4月28日)には、この年の2月から始まったプレミアムフライデーに対応する施策も展開。タレントの稲村亜美がオリックス本拠地初(通算10球団目)の公式戦始球式で92km/hを計測したほか、MLBのシカゴ・カブスから同月にソフトバンクへ復帰したばかりの川崎宗則が、「1番・二塁手」としてスタメンでNPB一軍公式戦6年振りの出場を果たした。OSAKAクラシック フレッシュアイペディアより)

  • 堤裕貴

    堤裕貴から見た川崎宗則川崎宗則

    自身と同じ九州出身で左打ちの内野手・川崎宗則のファンで選手としての目標にも挙げている。2014年のオフシーズンには、「青濤館」(当時の合宿所兼室内練習場)での自主トレーニング中に川崎本人と遭遇した。その縁で2016年1月には川崎の自主トレーニングに参加している。堤裕貴 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎聡

    川崎聡から見た川崎宗則川崎宗則

    姓の「さき」の字は、正式には地元プロ野球チームの人気選手・川?宗則と同じ「?」であるが、以前はPCや印刷物などでは表記しにくい(機種依存文字)ためか、普通の「崎」を使用していたこともある(最近はコンピュータ技術の発達により、放送でも「川?」と出るケースが多い)。川崎聡 フレッシュアイペディアより)

  • 井手らっきょ

    井手らっきょから見た川崎宗則川崎宗則

    東国原英夫宮崎県知事(旧名・そのまんま東)率いる野球チーム「チームそのまんま宮崎」のメンバーとして、2008年正月にRKB毎日放送で放送された特番で川崎宗則率いる「宗rin'S」と対戦した。井手らっきょ フレッシュアイペディアより)

  • 唐川侑己

    唐川侑己から見た川崎宗則川崎宗則

    初奪三振:同上、1回裏に川崎宗則から空振り三振唐川侑己 フレッシュアイペディアより)

  • 帆足和幸

    帆足和幸から見た川崎宗則川崎宗則

    プレーオフでは10月3日に第1ステージ第3戦に先発し、初回にフェルナンド・セギノールのスリーランホームランにより先制されたが、アレックス・カブレラの満塁本塁打で3回に逆転、2回以降は無失点に抑え、6回を投げ3失点(自責2)、2点リードで降板したが、9回に豊田清が同点に追いつかれポストシーズン初勝利とはならなかった。第2ステージはチームが王手をかけた10月10日第4戦に先発し、無失点で迎えた4回一死満塁から鳥越裕介、川崎宗則、出口雄大に3連続タイムリーヒットを浴び3点先制された所でノックアウト。3回1/3を投げ3失点で敗戦投手となった。日本シリーズは10月19日第3戦に先発し、4点の援護を貰い5回まで2安打無失点だったが、6回先頭の荒木雅博のハーフライナーを遊撃手中島裕之がこぼして出塁させると、一死一塁から立浪和義、アレックス・オチョアの連打で1失点、高橋光信にフルカウントから四球を与え一死満塁とした所で降板、代わった長田秀一郎が谷繁元信に逆転満塁本塁打を打たれたため4失点(自責3)となった。7回に味方が逆転したため敗戦投手は免れた。12月13日、2度目の契約交渉で1800万円アップの年俸4200万円でサインし、福岡県在住の女性看護師と同月18日に入籍することを発表した。帆足和幸 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎勝己

    山崎勝己から見た川崎宗則川崎宗則

    公共広告機構(現ACジャパン)「川崎選手、キーパーになる」(2008年、九州限定) - 川崎宗則、大場翔太、松田宣浩と共演。山崎勝己 フレッシュアイペディアより)

141件中 81 - 90件表示

「川崎宗則」のニューストピックワード