前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
140件中 1 - 10件表示
  • 川崎宗則

    川崎宗則から見たイチロー

    鹿児島県姶良市出身。実家は父が開業したという電気工務店「川崎電気工事」で、自身も高校時代に電気工事士の資格を取得している。兄の影響で野球を始め、小学生から高校生まで一貫して遊撃手だった。元々右打ちだったが中学時代にイチローの影響で左打ちに変える。鹿児島県立鹿児島工業高等学校では甲子園出場は無く、全国的には無名だったが、50m走5秒8の俊足で左打ち・安打数の多さから「サツロー(薩摩のイチロー)」と呼ばれた。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た松田宣浩

    8月22日に福岡市内在住の一般女性と婚約したことを発表。シーズンでは本多雄一・松田宣浩と共にフルイニング出場を達成、同一球団から3人がこの記録を達成するのは2リーグ制以後では初の快挙となった。シーズン前半は安打・出塁・盗塁ともに前年までの実績に比べ少なく1番打者として物足りなさも感じさせたが、シーズン後半には出塁・盗塁を増やし巻き返した。2011年レギュラーシーズンにおいてソフトバンクは3番内川聖一が先制打を放った試合は14勝3敗2分け、勝率.824と圧倒的な有利さを示しており、これは内川の勝負強さもさることながら、1番川崎が出塁して2番本多が確実に犠牲バントで送る、あるいは2番本多が出塁して2盗するといった形で、内川の前にランナーとして2塁まで進んでいたことがいかに多かったかも示す。本多がリーグトップの53犠打を記録できたのも、川崎の出塁あってこそであった。クライマックスシリーズの西武戦では初打席で帆足和幸から二塁打を放つなど12打数5安打打率.417と結果を残しチームのCS突破に貢献した。12月1日には海外FA権を行使し、トニー・アタナシオを代理人としてメジャー挑戦を目指すことを表明。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た松中信彦

    からは遊撃手のレギュラーに定着し、全試合フルイニング出場と打率3割を記録。最多安打(171本、三冠王を達成した松中信彦と同数)・盗塁王(42個)・ベストナイン・ゴールデングラブ賞を獲得。同年から盗塁数と同数の車椅子を寄贈する「走れ!川崎プロジェクト」を立ち上げ、2006年末に吉武真太郎・吉本亮・山崎勝己・井手正太郎をメンバーに、自身がオーナーを務めて軟式野球チーム「宗rin's」を作って小・中学生と交流するなど、積極的にメセナ活動も行っている。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見たダルビッシュ有ダルビッシュ 有

    は選手会長に就任。3月27日の対オリックス・バファローズ戦(ヤフードーム)で通算1000安打を達成し、3月31日から4月23日まで22試合連続安打を打って自己記録を更新、プロ入り11年目で初の月間MVPを獲得した。9月25日の対北海道日本ハムファイターズ戦(札幌ドーム)で1000試合出場を達成。ダルビッシュ有から内野安打を放って188安打とし、広瀬叔功のシーズン187安打を抜く球団新記録を達成し、190安打まで記録を伸ばした。このシーズンのダルビッシュとの対戦成績は19打数10安打打率.526と相性が良かった。2004年以来6年ぶりの全試合出場を果たし、チームのリーグ優勝に貢献したが、クライマックスシリーズ第2戦以降は21打席連続無安打と不振に陥り、日本シリーズ進出はならなかった。オフでは11月5日に右肘関節遊離軟骨除去手術を受けたほか、出身地の姶良市から「あいらふるさと大使」に任命された。同年、家畜伝染病・口蹄疫の被害を受けている宮崎県に義援金として100万円を寄付した。。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た本多雄一

    8月22日に福岡市内在住の一般女性と婚約したことを発表。シーズンでは本多雄一・松田宣浩と共にフルイニング出場を達成、同一球団から3人がこの記録を達成するのは2リーグ制以後では初の快挙となった。シーズン前半は安打・出塁・盗塁ともに前年までの実績に比べ少なく1番打者として物足りなさも感じさせたが、シーズン後半には出塁・盗塁を増やし巻き返した。2011年レギュラーシーズンにおいてソフトバンクは3番内川聖一が先制打を放った試合は14勝3敗2分け、勝率.824と圧倒的な有利さを示しており、これは内川の勝負強さもさることながら、1番川崎が出塁して2番本多が確実に犠牲バントで送る、あるいは2番本多が出塁して2盗するといった形で、内川の前にランナーとして2塁まで進んでいたことがいかに多かったかも示す。本多がリーグトップの53犠打を記録できたのも、川崎の出塁あってこそであった。クライマックスシリーズの西武戦では初打席で帆足和幸から二塁打を放つなど12打数5安打打率.417と結果を残しチームのCS突破に貢献した。12月1日には海外FA権を行使し、トニー・アタナシオを代理人としてメジャー挑戦を目指すことを表明。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た山崎勝己

    からは遊撃手のレギュラーに定着し、全試合フルイニング出場と打率3割を記録。最多安打(171本、三冠王を達成した松中信彦と同数)・盗塁王(42個)・ベストナイン・ゴールデングラブ賞を獲得。同年から盗塁数と同数の車椅子を寄贈する「走れ!川崎プロジェクト」を立ち上げ、2006年末に吉武真太郎・吉本亮・山崎勝己・井手正太郎をメンバーに、自身がオーナーを務めて軟式野球チーム「宗rin's」を作って小・中学生と交流するなど、積極的にメセナ活動も行っている。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見たKAT-TUN

    『ULTIMATE WHEELS』 / KAT-TUN (2011年7月20日のみ)川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た門倉健

    初本塁打:2003年7月28日、対大阪近鉄バファローズ17回戦(福岡ドーム)、3回裏に門倉健から右越2ラン川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た阿部勇樹

    ゲータレード(朝青龍明徳、阿部勇樹、澤野大地、平光清などと共演)川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見たDef Tech

    『Catch The Wave』 / Def Tech(2006年5月のみ)川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
140件中 1 - 10件表示

「川崎宗則」のニューストピックワード

  • 今はメジャー選手と交渉しながらメンバーを固めている。年内は難しい。