201件中 11 - 20件表示
  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た村松有人

    ''は鳥越裕介の故障によって2番・遊撃手で初の開幕スタメン出場。鳥越の復帰後は小久保裕紀の長期離脱で空いた三塁手に回り、1番・村松有人・3番・井口とともに盗塁を量産、足でダイハード打線に貢献した。初の規定打席到達で打率.294・2本塁打・51打点・30盗塁の好成績を残し、チームのリーグ優勝・日本一に貢献。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見たジェレミー・パウエル

    初安打:2002年6月15日、対大阪近鉄バファローズ11回戦(大阪ドーム)、6回表にジェレミー・パウエルから左前適時打川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た矢沢永吉

    『止まらないHa〜Ha』 / 矢沢永吉(2007年開幕以降、6月下旬より第1打席目に使用)川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た伊東勤

    初盗塁:2002年6月19日、対西武ライオンズ11回戦(西武ドーム)、5回表に二盗(投手:土肥義弘、捕手:伊東勤川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た澤野大地

    ゲータレード(朝青龍明徳、阿部勇樹、澤野大地、平光清などと共演)川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た金子千尋

    1000本安打:2010年3月27日、対オリックス・バファローズ2回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、7回裏に金子千尋から右翼線へ2点適時二塁打 ※史上255人目川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た里崎智也

    250盗塁:2011年7月9日、対千葉ロッテマリーンズ7回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、4回裏に二盗(投手:大谷智久、捕手:里崎智也) ※史上42人目川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た朝青龍明徳

    ゲータレード(朝青龍明徳、阿部勇樹、澤野大地、平光清などと共演)川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た炭谷銀仁朗

    200盗塁:2009年9月6日、対埼玉西武ライオンズ21回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、1回裏に二盗(投手:野上亮磨、捕手:銀仁朗) ※史上67人目川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た今宮健太

    復帰直後は、体調やNPBでのブランクなどを考慮しながら、二軍での調整に専念。4月4日には、オリックスとのウエスタン・リーグ公式戦(HAWKSベースボールパーク筑後)に「1番・遊撃手」としてスタメンで復帰後初の公式戦出場を果たすと、1回裏の第1打席で復帰後初安打を放った。4月12日の対阪神戦(阪神鳴尾浜球場)で守屋功輝からNPB復帰後初本塁打を放つなど、同リーグの公式戦では、13試合の出場で打率.441、1本塁打、1二塁打、1三塁打、10盗塁という好成績をマーク。4月28日の対オリックス戦(京セラドーム大阪)に、「1番・二塁手」としてスタメンでパ・リーグの公式戦へ6年振りに出場すると、7回表の第4打席で復帰後初安打を放った。以降の公式戦にも、川崎のメジャー移籍後から今宮健太が正遊撃手として定着していることなどを背景に、二塁手として出場。5月11日の対オリックス戦(福岡ヤフオク!ドーム)3回裏の第2打席でブランドン・ディクソンから中前安打を放ったことによって、MLB/NPB公式戦通算1500安打を達成した。しかし、両足のアキレス腱に痛みを抱えながらプレーを続けていたことから、治療に専念すべく7月24日に出場選手登録を抹消された。以降はリハビリ組での調整となり、ようやく9月23日のウエスタン・リーグ(対阪神戦)で約2ヵ月振りに実戦復帰し「1番・二塁」で先発出場するが、その初球を先頭打者本塁打した打席の際に左ふくらはぎを攣り、その1打席のみで途中交代した。翌24日には再びリハビリ組での調整となり、クライマックスシリーズ以降のポストシーズンへの出場はならなかった。2017年シーズンは上記の怪我での離脱もあり、42試合の出場にどどまった。また、体調不良を理由にシーズン終了後の優勝祝賀パレードやファンフェスティバルなどの行事には参加しなかった。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

201件中 11 - 20件表示

「川崎宗則」のニューストピックワード