201件中 21 - 30件表示
  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た井口資仁

    ''には、ウエスタン・リーグ公式戦で打率.367をマーク。最終規定打席をわずかに下回ったが、リーグの規定によって首位打者と認定された。9月には、正二塁手・井口資仁の戦線離脱に伴って、二塁手として一軍公式戦に出場。シーズン終了後に開催の第15回IBAFインターコンチネンタルカップにも、日本代表のメンバーとして出場した。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た野上亮磨

    200盗塁:2009年9月6日、対埼玉西武ライオンズ21回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、1回裏に二盗(投手:野上亮磨、捕手:銀仁朗) ※史上67人目川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た大場翔太

    公共広告機構 「川﨑選手、キーパーになる」(2008年〈九州地域限定〉、松田宣浩、山崎勝己、大場翔太と共演) - 現役のホークスの選手では和田毅以来のCM起用である。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た田中将大

    ''はAAA級バッファローで開幕を迎えた。マイサー・イズトゥリスの外側側副靱帯損傷による故障者リスト入りに伴い、4月15日にメジャー契約となり25人枠入りするが、故障者リスト入りしていたホセ・レイエスの復帰に伴い、4月18日にマイナー・オプションが行使されバッファローに降格。6月17日にメジャーに昇格。当日のヤンキース戦で先発出場し、田中将大とメジャー移籍後初めて対戦し3打数無安打を喫した。6月はその後6試合連続安打を記録し、チームも首位に立つ好調だったが7月4日に2位に後退。前半戦は26試合の出場で打率.284、本塁打なし、出塁率.344の成績で折り返す。7月も自己最長となる8試合連続安打を記録し、22日のレッドソックス戦ではメジャー移籍後初の三塁手として先発出場する。球団史上最長の延長19回、試合時間6時間37分となった8月10日のデトロイト・タイガース戦ではサヨナラの得点を記録。その後も二塁手や三塁手として起用され、後半戦は55試合の出場で打率.243、本塁打なし、出塁率.318、1盗塁の成績を残す。チームはポストシーズン出場を狙う位置につけていたが進出を逃しシーズンを終えた。シーズン終了後、FAとなった。また、翌年の契約についてNPBとMLB両方を視野にいれていることを明らかにした。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見たイチロー

    イチローの大ファンとして知られており、イチロー本人から「(川﨑は)イチローマニアですね」と言われるほど。「イチロー(51)の一つ後の番号」という思い入れから、背番号52には強いこだわりを持っており、ホークス時代は背番号変更を打診されても断り続け、日本代表でも52を付けた。2011年オフに海外FA権を行使してのメジャー挑戦を表明した際にも「イチロー選手と同じチームを希望しています」と語り、念願かなってマリナーズと契約した。背番号52は既にジョージ・シェリルが使用していたため61をつけることになったが、「逆から読めばイチロー。素晴らしい番号をいただいた」とコメントした。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見たORANGE RANGE

    『チェスト』 / ORANGE RANGE (2011年)川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た大谷智久

    250盗塁:2011年7月9日、対千葉ロッテマリーンズ7回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、4回裏に二盗(投手:大谷智久、捕手:里崎智也) ※史上42人目川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た土肥義弘

    初盗塁:2002年6月19日、対西武ライオンズ11回戦(西武ドーム)、5回表に二盗(投手:土肥義弘、捕手:伊東勤)川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見たHOME MADE 家族

    『サルビアのつぼみ』 / HOME MADE 家族(2006年9月以降)川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見たメルキー・カブレラ

    ''3月13日にトロント・ブルージェイズとマイナー契約で合意したことが報じられ、18日に契約。ホセ・レイエスの故障者リスト入りに伴い、4月13日にメジャー契約となり25人枠に入る。同日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦でスタメン出場し、第1打席で先制点となる犠飛を打ち、チームの勝利に貢献。20日のニューヨーク・ヤンキース戦では黒田博樹と対戦し、翌21日のヤンキース戦ではメジャーで初となる1番でのスタメン出場を果たす。5月26日のボルチモア・オリオールズ戦ではメジャー初のサヨナラ打を放った。6月21日のオリオールズ戦ではトミー・ハンターからメジャー初本塁打となる2点本塁打を打った。32歳でのメジャー初本塁打はブルージェイズの選手としては最高齢であった。25日にはホセ・レイエスの復帰に伴いマイナー・オプションが行使されAAA級バッファローに降格したが、メルキー・カブレラの故障者リスト入りに伴い27日に再昇格。前半戦は67試合の出場で打率.213、出塁率.319の成績だった。6月から7月にかけては後頭部に円形脱毛症を発症していたと言う。7月13日にブレット・ロウリーの復帰に伴い再降格し、エミリオ・ボニファシオの移籍に伴い8月14日に再昇格。16日には育休リスト入りし長男の誕生に立ち会う。9月21日のボストン・レッドソックス戦では内野ゴロの判定を受けてヘルメットを地面にたたきつけるポーズを示し、初の退場処分を受ける。後半戦は26試合の出場で打率.274、出塁率.348の成績を残しシーズンを終える。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

201件中 21 - 30件表示

「川崎宗則」のニューストピックワード