140件中 31 - 40件表示
  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た吉武真太郎

    からは遊撃手のレギュラーに定着し、全試合フルイニング出場と打率3割を記録。最多安打(171本、三冠王を達成した松中信彦と同数)・盗塁王(42個)・ベストナイン・ゴールデングラブ賞を獲得。同年から盗塁数と同数の車椅子を寄贈する「走れ!川崎プロジェクト」を立ち上げ、2006年末に吉武真太郎・吉本亮・山崎勝己・井手正太郎をメンバーに、自身がオーナーを務めて軟式野球チーム「宗rin's」を作って小・中学生と交流するなど、積極的にメセナ活動も行っている。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見たウルフルズウルフルズ

    『バンザイ 〜好きでよかった〜』 / ウルフルズ(2006年開幕?5月頭頃)川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た小久保裕紀

    は鳥越裕介の故障によって2番・遊撃手で初の開幕スタメン出場。鳥越の復帰後は小久保裕紀の長期離脱で空いた三塁手に回り、1番・村松有人・3番・井口とともに盗塁を量産、足でダイハード打線に貢献した。初の規定打席到達で打率.294・2本塁打・51打点・30盗塁の好成績を残し、チームのリーグ優勝・日本一に貢献。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見たケツメイシ

    『夏の思い出』 / ケツメイシ(2005年夏場まで)川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た広瀬叔功

    は選手会長に就任。3月27日の対オリックス・バファローズ戦(ヤフードーム)で通算1000安打を達成し、3月31日から4月23日まで22試合連続安打を打って自己記録を更新、プロ入り11年目で初の月間MVPを獲得した。9月25日の対北海道日本ハムファイターズ戦(札幌ドーム)で1000試合出場を達成。ダルビッシュ有から内野安打を放って188安打とし、広瀬叔功のシーズン187安打を抜く球団新記録を達成し、190安打まで記録を伸ばした。このシーズンのダルビッシュとの対戦成績は19打数10安打打率.526と相性が良かった。2004年以来6年ぶりの全試合出場を果たし、チームのリーグ優勝に貢献したが、クライマックスシリーズ第2戦以降は21打席連続無安打と不振に陥り、日本シリーズ進出はならなかった。オフでは11月5日に右肘関節遊離軟骨除去手術を受けたほか、出身地の姶良市から「あいらふるさと大使」に任命された。同年、家畜伝染病・口蹄疫の被害を受けている宮崎県に義援金として100万円を寄付した。。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見たオリックス・バファローズ

    は選手会長に就任。3月27日の対オリックス・バファローズ戦(ヤフードーム)で通算1000安打を達成し、3月31日から4月23日まで22試合連続安打を打って自己記録を更新、プロ入り11年目で初の月間MVPを獲得した。9月25日の対北海道日本ハムファイターズ戦(札幌ドーム)で1000試合出場を達成。ダルビッシュ有から内野安打を放って188安打とし、広瀬叔功のシーズン187安打を抜く球団新記録を達成し、190安打まで記録を伸ばした。このシーズンのダルビッシュとの対戦成績は19打数10安打打率.526と相性が良かった。2004年以来6年ぶりの全試合出場を果たし、チームのリーグ優勝に貢献したが、クライマックスシリーズ第2戦以降は21打席連続無安打と不振に陥り、日本シリーズ進出はならなかった。オフでは11月5日に右肘関節遊離軟骨除去手術を受けたほか、出身地の姶良市から「あいらふるさと大使」に任命された。同年、家畜伝染病・口蹄疫の被害を受けている宮崎県に義援金として100万円を寄付した。。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た西日本鉄道

    西日本鉄道(かつては、ライバル球団・埼玉西武ライオンズの前身・西鉄ライオンズの親会社だった)川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た和田毅

    ホワイトプラン「ホワイト・バット篇」「ホワイト・身長篇」(2007年1月 - 松中信彦、斉藤和巳、和田毅、と共演)川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た埼玉西武ライオンズ

    初盗塁:2002年6月19日、対西武ライオンズ11回戦(西武ドーム)、5回表に二盗(投手:土肥義弘、捕手:伊東勤)川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見たゴールデングラブ賞

    からは遊撃手のレギュラーに定着し、全試合フルイニング出場と打率3割を記録。最多安打(171本、三冠王を達成した松中信彦と同数)・盗塁王(42個)・ベストナイン・ゴールデングラブ賞を獲得。同年から盗塁数と同数の車椅子を寄贈する「走れ!川崎プロジェクト」を立ち上げ、2006年末に吉武真太郎・吉本亮・山崎勝己・井手正太郎をメンバーに、自身がオーナーを務めて軟式野球チーム「宗rin's」を作って小・中学生と交流するなど、積極的にメセナ活動も行っている。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

140件中 31 - 40件表示

「川崎宗則」のニューストピックワード