201件中 51 - 60件表示
  • 川崎宗則

    川崎宗則から見たBENNIE K

    『サンライズ』 / BENNIE K(2006年6月?7月頃)川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見たMCU (ラッパー)

    『サヨナラ』 / MCU(2007年オープン戦のみ)川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見たジョージ・シェリル

    イチローの大ファンとして知られており、イチロー本人から「(川﨑は)イチローマニアですね」と言われるほど。「イチロー(51)の一つ後の番号」という思い入れから、背番号52には強いこだわりを持っており、ホークス時代は背番号変更を打診されても断り続け、日本代表でも52を付けた。2011年オフに海外FA権を行使してのメジャー挑戦を表明した際にも「イチロー選手と同じチームを希望しています」と語り、念願かなってマリナーズと契約した。背番号52は既にジョージ・シェリルが使用していたため61をつけることになったが、「逆から読めばイチロー。素晴らしい番号をいただいた」とコメントした。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見たカイル・シュワーバー

    ''1月21日にシカゴ・カブスとマイナー契約で合意したことが報じられた。3月29日に自由契約となったが、当日中に新たにマイナー契約を結び直した。同日のオークランド・アスレチックスとのスプリングトレーニングでは3点本塁打を打つなど活躍した。4月3日にメジャー契約となり40人枠入りし、7日にAAA級アイオワ・カブスで開幕を迎えるが、カイル・シュワーバーの故障に伴い8日にメジャー昇格。15日にハビアー・バエズが故障者リストから復帰したことに伴いマイナー・オプションを行使されアイオワに降格した。プロ入りから5年目以内の選手には4つ目のマイナー・オプションがあるため2016年シーズンも40人枠に残ったままマイナー降格は可能になっている。7月9日にメジャーに再昇格したが、同月11日に再びマイナーへ降格した。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見たトニー・アタナシオ

    シーズンオフの12月1日には海外FA権を行使し、トニー・アタナシオを代理人としてメジャー挑戦を目指すことを表明。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見たハビアー・バエズ

    ''1月21日にシカゴ・カブスとマイナー契約で合意したことが報じられた。3月29日に自由契約となったが、当日中に新たにマイナー契約を結び直した。同日のオークランド・アスレチックスとのスプリングトレーニングでは3点本塁打を打つなど活躍した。4月3日にメジャー契約となり40人枠入りし、7日にAAA級アイオワ・カブスで開幕を迎えるが、カイル・シュワーバーの故障に伴い8日にメジャー昇格。15日にハビアー・バエズが故障者リストから復帰したことに伴いマイナー・オプションを行使されアイオワに降格した。プロ入りから5年目以内の選手には4つ目のマイナー・オプションがあるため2016年シーズンも40人枠に残ったままマイナー降格は可能になっている。7月9日にメジャーに再昇格したが、同月11日に再びマイナーへ降格した。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見たNatural Radio Station

    『福岡WALKER』 / Natural Radio Station (2008年開幕?)川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見たマイサー・イズトゥリス

    ''はAAA級バッファローで開幕を迎えた。マイサー・イズトゥリスの外側側副靱帯損傷による故障者リスト入りに伴い、4月15日にメジャー契約となり25人枠入りするが、故障者リスト入りしていたホセ・レイエスの復帰に伴い、4月18日にマイナー・オプションが行使されバッファローに降格。6月17日にメジャーに昇格。当日のヤンキース戦で先発出場し、田中将大とメジャー移籍後初めて対戦し3打数無安打を喫した。6月はその後6試合連続安打を記録し、チームも首位に立つ好調だったが7月4日に2位に後退。前半戦は26試合の出場で打率.284、本塁打なし、出塁率.344の成績で折り返す。7月も自己最長となる8試合連続安打を記録し、22日のレッドソックス戦ではメジャー移籍後初の三塁手として先発出場する。球団史上最長の延長19回、試合時間6時間37分となった8月10日のデトロイト・タイガース戦ではサヨナラの得点を記録。その後も二塁手や三塁手として起用され、後半戦は55試合の出場で打率.243、本塁打なし、出塁率.318、1盗塁の成績を残す。チームはポストシーズン出場を狙う位置につけていたが進出を逃しシーズンを終えた。シーズン終了後、FAとなった。また、翌年の契約についてNPBとMLB両方を視野にいれていることを明らかにした。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見たエリック・ウェッジ

    4月7日のオークランド・アスレチックス戦で9番・遊撃手としてメジャーデビュー。初打席は遊ゴロに終わったものの、2打席目にバートロ・コローンからメジャー初安打初打点を記録。試合後には「今日は絶対忘れられない日になる。(打った直後にベンチにいた)イチローさんから声が聞こえた。はっきり分からなかったが“いいぞ!”だったと思う。それが一番だったかもしれない」とコメントした。4月30日に正捕手のミゲル・オリボが故障者リスト入りした際には、監督のエリック・ウェッジの「打撃好調なヘスス・モンテロとジョン・ジェイソの2人を常時起用したい」という意向もあり、5月3日には三塁コーチのジェフ・ダッツから緊急時の捕手としての指導を受けた。前半戦は主に代走や守備固めとして出場し、打率.185、出塁率.254の打撃成績で前半戦を折り返し、7月12日にはメジャーリーグOB協会が主催するハート&ハッスル賞の候補に選出される。最終的な受賞は逃したが、記念の盾を贈られた際には「アメリカで賞をもらうなんて思ってもいなかったので。眠れないと思います。抱いて寝ます」とコメントした。後半戦も主に代走や守備固めとして出場し、打撃成績は23試合の出場で打率.205、出塁率.262を記録。守備ではシーズン通算で38試合の出場ながら遊撃守備でUZR0.8、DRS±0を記録し、遊撃手を務めた日本人選手で初めて遊撃守備指標の数値が±0を下回ることなくシーズンを終えた。シーズン終了後には「イチローさんも頑張っていますね。僕ももっともっと頑張ろうと思う」とコメントした。10月24日に40人枠から外れ自由契約となり、オフには代理人をSFX社のマイク・ビーバーに変更し、「代理人に希望は伝えてある。ばたばたと決まるのが米国。イチローさんとまたやりたいという思いはある」と語った。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た中島裕之

    ポカリスエット(2009年、中島裕之と共演)川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

201件中 51 - 60件表示

「川崎宗則」のニューストピックワード