前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
155件中 1 - 10件表示
  • 神戸川崎財閥

    神戸川崎財閥から見た川崎汽船川崎汽船

    1878年に、松方正義等の援助のもと川崎築地造船所を設立、十五銀行を主力行として、昭和初期までに経営の基盤を固めた。しかし、後継者の財閥経営の失敗から部下の離反を招き、川崎汽船、川崎重工業等の有力企業が独立して昭和恐慌の際に財閥としての実態を失った。財閥解体においては川崎重工業が集中排除の対象となり、川崎製鉄(現在のJFEスチール)が分離した。神戸川崎財閥 フレッシュアイペディアより)

  • 飯野海運

    飯野海運から見た川崎汽船川崎汽船

    飯野海運株式会社(いいのかいうん)は、日本の海運会社。また、イイノホールなども運営している。川崎汽船が株式の約5.3%(2009年3月31日現在)を保有する大株主であり、川崎汽船の子会社となっているケイラインロジスティックス(旧川崎航空サービス)は元々「飯野航空サービス」として設立されたことから、2007年9月まで飯野ビルに登記上の本店を置いていた。また、2011年秋からは川崎汽船の本社が飯野ビルに入居している。ただし、経営的には川崎汽船からは独立している。飯野海運 フレッシュアイペディアより)

  • トリガー (SS-237)

    トリガー (SS-237)から見た川崎汽船川崎汽船

    9月23日、トリガーは2回目の哨戒で日本近海に向かった。10月5日の早朝、トリガーはの地点で水平線上に煙がなびいてこちらに向かってきているのを発見。ほどなく船の姿が現れ、トリガーでは小さい目標として3インチ砲の砲撃と20ミリ機銃での機銃掃射の用意を命じた。しかし、その船がトリガーに近づいてくるにしたがって、当初の予想とは裏腹に4,000トンぐらいはある結構大きな船であることが分かった。相手はトリガーに対して砲撃を行い、水柱がトリガーの周囲に立った。相手が体当たりを企図してかトリガーに向かってきたのですぐさま潜航し、魚雷を2本発射して1本を命中させたと判断される。トリガーは浮上して相手を追撃しかけたものの、またもや反撃に遭って潜航し魚雷をもう3本発射したが、無駄骨に終わった。10月17日朝、トリガーはの豊後水道細島沖で、単独で第275船団を編成していた輸送船和蘭(おらんだ)丸(川崎汽船、5,869トン)を発見し、魚雷を2本発射して2本とも命中させて命中させて撃沈した。夜になり、第46号哨戒艇が浮上中のトリガーを発見し、砲撃に続いて潜航したトリガーに対して爆雷攻撃を加えた。トリガーはの地点で、突進してくる第46号哨戒艇の艦首に向けて魚雷を3本発射し爆発と炎を観測したが、それは命中ではなく魚雷が早期爆発を起こしたものであり、第46号哨戒艇は依然健在だった。魚雷のうち1本は第46号哨戒艇の艦底を通過していった。トリガーはもう3本発射したが、結局命中させることはできなかった。3日後の10月20日、の地点で10,000トン級タンカーと目された目標に対して820メートルという至近距離から魚雷を4本発射して2本が命中したのを確認。トリガーは反撃から逃れるべく30メートルの深度に潜んだ時、ガソリンなどの可燃物かボイラーからのような重い爆発があった。トリガーは潜望鏡深度に戻して観測したが、何も見つからなかった。トリガーの目標はであったが、日本側の記録では雷があったり海上に煙が上がったこと自体は認めているものの、実際には攻撃を受けた艦船はなかった。10月24日朝、トリガーは7,000トン級輸送船への攻撃をし損なったが、その2時間後にの地点で、豊後水道に入りつつあった特設運送船(給油)日章丸(昭和タンカー、10,526トン)に対して魚雷を3本発射し2本を命中させ、日章丸を航行不能に陥らせて火災を発生させたが、爆雷攻撃を受けたことと魚雷を使い果たしていたことにより、止めを刺しえなかった。11月8日、トリガーは46日間の行動を終えて真珠湾に帰投した。トリガー (SS-237) フレッシュアイペディアより)

  • 川崎造船所

    川崎造船所から見た川崎汽船川崎汽船

    1919年(大正8年)には川崎汽船を設立し海運業に進出した。また同じ年、他社と合同で出資し国際汽船を設立させた。これは、第一次世界大戦中に大量建造して不良在庫化していたストックボートの処分が大きな目的であった。川崎造船所 フレッシュアイペディアより)

  • 麗水市 (全羅南道)

    麗水市 (全羅南道)から見た川崎汽船川崎汽船

    1930年12月20日 - 川崎汽船が関麗連絡船を就航。麗水市 (全羅南道) フレッシュアイペディアより)

  • 川崎重工業

    川崎重工業から見た川崎汽船川崎汽船

    かつては川崎財閥(松方コンツェルン)の主要企業であった経緯から、川崎製鉄(現JFEスチール)・川崎汽船とも関係がある。川崎重工業 フレッシュアイペディアより)

  • ハンバー・ブリッジ (コンテナ船)

    ハンバー・ブリッジ (コンテナ船)から見た川崎汽船川崎汽船

    ハンバー・ブリッジ(Humber Bridge)は、川崎汽船が運航しているコンテナ船(船主はパナマの現地子会社で船籍もパナマ)。ハンバー・ブリッジ (コンテナ船) フレッシュアイペディアより)

  • 宇和島運輸

    宇和島運輸から見た川崎汽船川崎汽船

    第22宇和島丸 - 1929年(昭和4年)、大阪商船より購入。734総トン。1950年(昭和25年)7月、川崎汽船へ運航委託。宇和島運輸 フレッシュアイペディアより)

  • 太洋日本汽船

    太洋日本汽船から見た川崎汽船川崎汽船

    太洋日本汽船株式会社(たいようにほんきせん)は、兵庫県神戸市中央区に本社を置く海運会社。大手海運会社・川崎汽船の子会社である。太洋日本汽船 フレッシュアイペディアより)

  • アジア域内協議協定

    アジア域内協議協定から見た川崎汽船川崎汽船

    川崎汽船(Kawasaki Kisen Kaisha,Ltd.: "K" Line) - (日本)アジア域内協議協定 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
155件中 1 - 10件表示

「川崎汽船」のニューストピックワード