155件中 81 - 90件表示
  • 清澄丸 (特設巡洋艦)

    清澄丸 (特設巡洋艦)から見た川崎汽船川崎汽船

    1919年(大正8年)7月、川崎造船所で建造中のストックボートや、委託された造船所所有船などを船隊の主力とし、遠洋航路経営のために川崎造船所や鈴木商店などが出資した国際汽船が創立された。2年後の1921年(大正10年)には、同じような目的で設立された川崎汽船や川崎造船所船舶部と航路の共同運営を開始。「Kライン」の始まりとなる。しかし、不況により収入が上がらず、減資を行ったものの改善しなかったため、1927年(昭和2年)の昭和金融恐慌をきっかけに銀行の管理下に入ることとなって「Kライン」から離脱した。その後、さらなる減資や利息の支払猶予などの救済策、低性能船の整理などが講じられた結果、経営状況は改善。また、政府による船舶改善助成施設などを活用した大幅な船質改善を行い、国際汽船の船隊は優秀船を主体とする船隊に変貌した。清澄丸 (特設巡洋艦) フレッシュアイペディアより)

  • スヌーク (潜水艦)

    スヌーク (潜水艦)から見た川崎汽船川崎汽船

    9月6日、スヌークは7回目の哨戒でコビア (USS Cobia, SS-245) 、ポンフレット (USS Pomfret, SS-391) とともにウルフパックを構成し、ルソン海峡方面に向かった。途中、9月25日にサイパン島に寄港し、整備の上10月4日に出航し担当海域に針路を向けた。10月下旬には、スヌークはルソン海峡に近づきつつあった。この頃、ルソン海峡にはドラム (USS Drum, SS-228) 、アイスフィッシュ (USS Icefish, SS-367) 、ソーフィッシュ (USS Sawfish, SS-276) からなるウルフパックと、シャーク (USS Shark, SS-314) 、シードラゴン (USS Seadragon, SS-194) 、ブラックフィッシュ (USS Blackfish, SS-221) からなるウルフパックが張り付いており、日本艦隊や輸送船団の動向を監視していた。10月23日夕方、折からの悪天候の中、ソーフィッシュがマタ30船団に接触し、船団最後尾の特設運送船君川丸(川崎汽船、6,863トン)を撃沈。スヌークはドラムのウルフパックに近接していたので、ともにマタ30船団への攻撃に加わることとなった。スヌーク (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • 大阪国税局

    大阪国税局から見た川崎汽船川崎汽船

    同国税局は、川崎汽船に対し2009年までに約64億円の申告漏れがあったと指摘し、重加算税を含む約19億円を追徴課税したが、同社側はこれを不服として、大阪国税不服審判所に審査請求した。同審査所は2011年12月に同社の主張を認め、意図的な所得隠しとされた約16億円分について課税取り消しとした。さらに同審査所は、同国税局が「国税局の主張に沿う内容の確認書に、威圧的に押印するよう迫った」、「国税職員が作成した文案のまま署名するよう誘導された」とする同社の主張を認めた。大阪国税局 フレッシュアイペディアより)

  • 讃岐丸 (特設水上機母艦)

    讃岐丸 (特設水上機母艦)から見た川崎汽船川崎汽船

    8月以降は外南洋部隊に編入されソロモン諸島方面に転戦することとなり、8月15日に佐世保を出撃して8月22日にラバウルに到着ののち、第十一航空戦隊の指揮下でショートランドを根拠地として行動する。9月24日、「讃岐丸」はショートランドでB-17の爆撃を受け、折からショートランドに入港しつつあった特設水上機母艦「國川丸(川崎汽船、6,863トン)とともに対空戦闘を行い、至近弾を受ける。11月21日には、アメリカ潜水艦「スティングレイ」 (USS Stingray, SS-186) の雷撃により損傷を受けて航行不能となった「山陽丸」の支援にあたる。その後、12月1日付で特設運送艦に類別変更され、以後は輸送任務に従事する。ラバウルとトラック諸島で飛行隊関連物件を陸揚げしたのち、横須賀に回航された。「讃岐丸」を退艦して第九五八海軍航空隊に転属した飛行隊員18名のうち、飛行長以外の17名は末期に入っていたガダルカナル島の戦いで全員戦死した。讃岐丸 (特設水上機母艦) フレッシュアイペディアより)

  • ハンブルク港

    ハンブルク港から見た川崎汽船川崎汽船

    オペレーター:HHLA、岸壁長さ:995m、面積(バース数):40ha(4)、水深:15.2m、年間取扱容量(計画):95万TEU(200万TEU)、使用会社:K Line, MSC, Yang Mingハンブルク港 フレッシュアイペディアより)

  • ボーフィン (潜水艦)

    ボーフィン (潜水艦)から見た川崎汽船川崎汽船

    2月28日、ボーフィンは4回目の哨戒でセレベス海方面に向かった。3月10日、ボーフィンは2、3隻の護衛艦を伴った4隻の輸送船団を発見。魚雷を6本発射したが、そのうちの4本が途中で爆発してしまった。上空の哨戒機が制圧してきたので、ボーフィンは深く潜航することを余儀なくされ、残り2本の魚雷の行方を観測することは出来なかった。護衛艦は爆雷攻撃を行い、ボーフィンを激しく揺さぶったものの、ボーフィン自体に損傷はなかった。爆雷攻撃が止んでから浮上すると、曳航されている貨物船を発見。ボーフィンは輸送船団に再度の攻撃をかけたが、反撃を食らって再び潜航。翌11日に再度、損傷した貨物船を攻撃。護衛艦の反撃で一旦下がったものの、再度接近して魚雷を4本発射。の地点で、単船になっていた月川丸(川崎汽船、4,673トン)を撃沈した。ボーフィンは日没後に先の輸送船団を追跡し、魚雷を発射したものの命中しなかった。ボーフィンは3月15日にダーウィンに寄港して補給を受け、3日後に再出撃。3月18日には小輸送船団を発見し、魚雷を6本発射したものの、目標の下を通過したかその他の理由により命中しなかった。無意味な爆雷攻撃のあとに再度の攻撃で魚雷を4本発射したが、結局無駄に終わった。ボーフィン (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • 第六高等学校 (旧制)

    第六高等学校 (旧制)から見た川崎汽船川崎汽船

    松成博茂 - 川崎汽船社長第六高等学校 (旧制) フレッシュアイペディアより)

  • 自動車運搬船

    自動車運搬船から見た川崎汽船川崎汽船

    その後も日産自動車は、「追浜丸」と同型の「座間丸」などを建造。トヨタ自動車も1968年に「第一とよた丸」(川崎汽船運航)を建造して自動車運搬船の利用に踏み切った。そして1970年、自動車のみを運搬する初の自動車専用船(PCC、Pure Car Carrier)「第十とよた丸」が建造された(それまでの「追浜丸」、「第一とよた丸」等はあくまで自動車兼撒積貨物船であった)。以降は、日本の自動車会社が自動車運搬船の標準形式を造り上げていくこととなった。自動車運搬船 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の経済

    2010年の経済から見た川崎汽船川崎汽船

    2月20日 - 熊谷清(川崎汽船元社長 *1918年)2010年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • トレーラーコレクション

    トレーラーコレクションから見た川崎汽船川崎汽船

    日本高速輸送 SH + 川崎汽船 ドライ40ftトレーラーコレクション フレッシュアイペディアより)

155件中 81 - 90件表示

「川崎汽船」のニューストピックワード