前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示
  • 川崎汽船

    川崎汽船から見た飯野海運

    1964年4月 飯野海運の子会社であった飯野汽船と合併川崎汽船 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎汽船

    川崎汽船から見た川崎近海汽船

    1966年5月 内航部門を分離し、川崎近海汽船を設立川崎汽船 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎汽船

    川崎汽船から見た日本郵船

    1919年4月10日、川崎造船所(現川崎重工業)の船舶部が独立する形で、同社の現物出資によって設立された。規模では、日本郵船・商船三井に次いで国内第3位である(2004年3月末時点で363隻を運航)。上位2社に比べるとコンテナ船への依存率が高いと言われている。この他、石炭、鉄鉱石などの不定期貨物船、自動車運搬船、LNGタンカー、石油タンカーなどを運航している。ちなみに、日本で初めて自動車専用船を導入したのは同社である。川崎汽船 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎汽船

    川崎汽船から見た大証

    1950年1月 東証一部、大証、名証にそれぞれ上場川崎汽船 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎汽船

    川崎汽船から見た商船三井

    1919年4月10日、川崎造船所(現川崎重工業)の船舶部が独立する形で、同社の現物出資によって設立された。規模では、日本郵船・商船三井に次いで国内第3位である(2004年3月末時点で363隻を運航)。上位2社に比べるとコンテナ船への依存率が高いと言われている。この他、石炭、鉄鉱石などの不定期貨物船、自動車運搬船、LNGタンカー、石油タンカーなどを運航している。ちなみに、日本で初めて自動車専用船を導入したのは同社である。川崎汽船 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎汽船

    川崎汽船から見た川崎重工業

    1919年4月10日、川崎造船所(現川崎重工業)の船舶部が独立する形で、同社の現物出資によって設立された。規模では、日本郵船・商船三井に次いで国内第3位である(2004年3月末時点で363隻を運航)。上位2社に比べるとコンテナ船への依存率が高いと言われている。この他、石炭、鉄鉱石などの不定期貨物船、自動車運搬船、LNGタンカー、石油タンカーなどを運航している。ちなみに、日本で初めて自動車専用船を導入したのは同社である。川崎汽船 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎汽船

    川崎汽船から見た鉄鉱石

    1919年4月10日、川崎造船所(現川崎重工業)の船舶部が独立する形で、同社の現物出資によって設立された。規模では、日本郵船・商船三井に次いで国内第3位である(2004年3月末時点で363隻を運航)。上位2社に比べるとコンテナ船への依存率が高いと言われている。この他、石炭、鉄鉱石などの不定期貨物船、自動車運搬船、LNGタンカー、石油タンカーなどを運航している。ちなみに、日本で初めて自動車専用船を導入したのは同社である。川崎汽船 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎汽船

    川崎汽船から見た脱税

    大阪国税局は、同社に対し2009年までに約64億円の申告漏れがあったと指摘し、重加算税を含む約19億円を追徴課税したが、同社側はこれを不服として、大阪国税不服審判所に審査請求した。同審査所は2011年12月に同社の主張を認め、意図的な所得隠しとされた約16億円分について課税取り消しとした。さらに同審査所は、同国税局が「国税局の主張に沿う内容の確認書に、威圧的に押印するよう迫った」、「国税職員が作成した文案のまま署名するよう誘導された」とする同社の主張を認めた。川崎汽船 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎汽船

    川崎汽船から見た名証

    1950年1月 東証一部、大証、名証にそれぞれ上場川崎汽船 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎汽船

    川崎汽船から見た神戸市

    川崎汽船株式会社(かわさききせん )は、東京都千代田区に本社を置く(登記上の本店は兵庫県神戸市中央区)日本の大手海運会社である。東証一部上場。川崎汽船 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示

「川崎汽船」のニューストピックワード