前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示
  • 2013年の日本プロ野球

    2013年の日本プロ野球から見た川崎雄介川崎雄介

    5月21日 - 西武の高山久と阪神の川崎雄介との交換トレードが発表2013年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 加治前竜一

    加治前竜一から見た川崎雄介川崎雄介

    、ルーキーながら二軍で打率.313、7本塁打と活躍した。6月1日、松本哲也と入れ替わりに一軍昇格し、さらに同日の対福岡ソフトバンクホークス戦で最終回12回裏にセンターの守備固めとして初出場した。6月6日、対ロッテ戦の延長10回裏1死、同点の場面で川崎雄介から右翼スタンドにプロ入り初打席初本塁打を放ち、サヨナラ本塁打となった。この「プロ初打席サヨナラ本塁打」は日本プロ野球史上初であり、メジャーリーグにおいても過去に例がない。加治前竜一 フレッシュアイペディアより)

  • 川﨑雄介

    川﨑雄介から見た川崎雄介川崎雄介

    川﨑雄介 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球スピリッツ2010

    プロ野球スピリッツ2010から見た川崎雄介川崎雄介

    川崎雄介(千葉ロッテマリーンズ→阪神タイガース)※金銭トレードプロ野球スピリッツ2010 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2007年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た川崎雄介川崎雄介

    ロ: ●小林宏(1回1/3)?高木(0回1/3)?小宮山(3回)?藤田(1回1/3)?荻野(1回)?川崎(1回)?小林雅(1回)2007年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の読売ジャイアンツ

    2008年の読売ジャイアンツから見た川崎雄介川崎雄介

    6月6日 - 加治前竜一が対ロッテ戦で、3対3で迎えた延長10回裏1死無走者の場面でプロ初打席に立ち、川崎雄介から日本プロ野球史上初の初打席でサヨナラ本塁打。2008年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 第76回都市対抗野球大会

    第76回都市対抗野球大会から見た川崎雄介川崎雄介

    川崎雄介(JR九州(ホンダ熊本))第76回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイソン・ボッツ

    ジェイソン・ボッツから見た川崎雄介川崎雄介

    初安打・初打点:2008年7月9日、対千葉ロッテマリーンズ14回戦(千葉マリンスタジアム)、7回表に川崎雄介から右翼線適時二塁打ジェイソン・ボッツ フレッシュアイペディアより)

  • グレッグ・ラロッカ

    グレッグ・ラロッカから見た川崎雄介川崎雄介

    、ラロッカ側が大幅減俸の条件を飲み、1月28日に契約に合意。楽天からホセ・フェルナンデスの加入をうけ、チームの構想は二塁手だったが、開幕後は主に三塁手で出場。本拠地開幕戦である4月10日の対ロッテ戦では、清水直行・松本幸大・川崎雄介から自身3年ぶりに3打席連続本塁打を記録した(同日、阪神の金本知憲も3打席連続本塁打を放っている)。故障で離脱したアレックス・カブレラとタフィ・ローズ、不調のフェルナンデスの穴を埋め、一時は4番も任され、チーム最多の12本塁打を放つなど活躍を見せていた。だが、7月28日の対ソフトバンク戦で、プロ野球史上13人目となる100個目の死球を森福允彦から受けて右手を骨折し、残りシーズンを棒に振った。骨折でチームを離れたこともあり、翌年の去就は微妙だったが、推定年俸2700万円と格安なことからチームに残すことに支障はないと判断され、残留となった。グレッグ・ラロッカ フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た川崎雄介川崎雄介

    は5シーズンぶりに千葉ロッテマリーンズに復帰。4月4日に復帰後初勝利を挙げると、前年退団した薮田安彦、藤田宗一、小林雅英(YFK)に代わるリリーフの柱として若手投手陣を引っ張り、リリーフながら5勝を挙げるなど活躍。シーズン後半にはシコースキー、川崎雄介、荻野忠寛を中心とした勝利の方程式が確立された。オールスターゲーム後の防御率は0.00だった。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示