42件中 31 - 40件表示
  • 川崎雄介

    川崎雄介から見たリリーフ

    初年度の、4月16日に同じく左の中継ぎの高木晃次と入れ替わりに一軍初昇格。同19日に東北楽天ゴールデンイーグルス戦で初登板し、2回を無失点に抑えた。その後はリードされている状況で3試合で中継ぎ登板したが、防御率15.43と結果が出ず、5月7日に二軍落ちした。冬には9年ぶりに復活したハワイ・ウィンターリーグへ派遣された。川崎雄介 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎雄介

    川崎雄介から見た防御率

    初年度の、4月16日に同じく左の中継ぎの高木晃次と入れ替わりに一軍初昇格。同19日に東北楽天ゴールデンイーグルス戦で初登板し、2回を無失点に抑えた。その後はリードされている状況で3試合で中継ぎ登板したが、防御率15.43と結果が出ず、5月7日に二軍落ちした。冬には9年ぶりに復活したハワイ・ウィンターリーグへ派遣された。川崎雄介 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎雄介

    川崎雄介から見た西武ドーム

    初ホールド:2007年4月29日、対西武ライオンズ7回戦(グッドウィルドーム)、7回裏無死に2番手で救援登板、2/3回無失点川崎雄介 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎雄介

    川崎雄介から見た千葉マリンスタジアム

    初セーブ:2008年3月29日、対オリックス・バファローズ2回戦(千葉マリンスタジアム)、9回表無死に3番手で救援登板・完了、1回無失点川崎雄介 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎雄介

    川崎雄介から見た社会人野球

    社会人野球のホンダ熊本に入社。当初は玉城誠、坂本保、佐藤一郎らがいたこともあって、都市対抗野球大会や社会人野球日本選手権大会の九州地区2次予選ではあまり登板機会はなかった。川崎雄介 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎雄介

    川崎雄介から見たHonda硬式野球部

    、都市対抗九州地区2次予選で他の投手の調子が悪かったこともあって敗者復活戦に登板し好投。チームは本大会出場を逃したが、JR九州の補強選手に選ばれて出場した。準々決勝では強打のホンダ相手に好投するなど3試合に登板して優秀選手賞を受賞し、スカウトの評価を高めた。同年オフの大学・社会人ドラフトで千葉ロッテマリーンズに4巡目で指名され入団。川崎雄介 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎雄介

    川崎雄介から見た九州東海大学

    宮崎県宮崎市出身。宮崎県立宮崎南高等学校時代は内野手兼投手。投手として目立った成績はなかったものの、3年時にはエースとして君臨し、登板しない時もパンチ力のある打撃で中軸打線に名を連ねるなど、攻守ともに主力選手であった。人柄は非常に明るく、後輩の面倒見も良かったという。九州東海大学(現在は東海大学に統合)時代も一時期内野手をしていたが、上級生になって投手に専念するものの、全国大会とは縁がなく目立った実績はなかった。川崎雄介 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎雄介

    川崎雄介から見たサヨナラゲーム

    はオープン戦の不調により開幕二軍スタートとなったが、3月25日に一軍登録され、新守護神・荻野に繋ぐセットアッパーとして活躍。6月6日、対巨人戦の延長10回裏、加治前竜一に史上初となる「プロ初打席・初安打・初本塁打がサヨナラホームラン」を献上してしまうも、チーム最多・リーグ2位の65試合に登板し31ホールドポイントを記録、この年の最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得した。川崎雄介 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎雄介

    川崎雄介から見た宮崎県立宮崎南高等学校

    宮崎県宮崎市出身。宮崎県立宮崎南高等学校時代は内野手兼投手。投手として目立った成績はなかったものの、3年時にはエースとして君臨し、登板しない時もパンチ力のある打撃で中軸打線に名を連ねるなど、攻守ともに主力選手であった。人柄は非常に明るく、後輩の面倒見も良かったという。九州東海大学(現在は東海大学に統合)時代も一時期内野手をしていたが、上級生になって投手に専念するものの、全国大会とは縁がなく目立った実績はなかった。川崎雄介 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎雄介

    川崎雄介から見た投手

    川? 雄介(かわさき ゆうすけ、1982年2月17日 - )は、宮崎県宮崎市出身の元プロ野球選手(投手)。川崎雄介 フレッシュアイペディアより)

42件中 31 - 40件表示