川本和久 ニュース&Wiki etc.

川本 和久(かわもと かずひさ、1957年 - )は、日本の陸上競技指導者。福島大学教授。福島大学陸上競技部監督。ナチュリルアスリートクラブ監督。日本陸上競技連盟女子短距離部長。佐賀県伊万里市出身。佐賀県立伊万里高等学校卒業、筑波大学卒業、筑波大学大学院修了。 (出典:Wikipedia)

「川本和久」Q&A

  • Q&A

    足が速くなりたい子の参考書 陸上に詳しい方、教えてください。 小学4年生の息子が…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年6月19日 23:11

  • Q&A

    1977年(昭和52年)オフのドラフト会議(第13回)で一番成功した球団はどこだと思…

    [続きを読む]

    回答数:5質問日時 - 2014年2月12日 10:20

  • Q&A

    ポンピュンランについて 川本和久氏の「2時間で足が速くなる!」 を読んだ人に質問です…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2012年7月23日 17:26

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「川本和久」のつながり調べ

  • 井村久美子

    井村久美子から見た川本和久

    高校卒業後は福島大学に進学し競技を続ける。そこで父親から育成を託された川本和久監督のもと、大学2年から技術面の改良に着手する。それまでの踏み切りと同時に両脚を前方へ投げ出す「かがみ跳び」(『久美子ちゃんジャンプ』と呼んでいたそうである)から、「シザース」(空中で脚を回転させる跳躍技術)への移行を試みた。(井村久美子 フレッシュアイペディアより)

  • 長友佑都

    長友佑都から見た川本和久

    2009年からは土斐?浩一フィジカルコーチとともにアップダウンの質の向上を目指し走法の改良に着手。運動量と、強靭なフィジカルを活かしたスピード感のあるプレーに磨きをかけた。同年12月に日本代表の特別講師を務めた川本和久からは、代表選手の中で唯一長友だけが「文句なし」のランニングフォームであると評価された。同年後半からは攻撃の駒としてサイドハーフに上がり、SBには椋原健太らが投入されるという起用法も見られ、ナビスコカップ決勝戦で勝利するなど、ユーティリティー性を発揮しタイトル獲得に貢献した。(長友佑都 フレッシュアイペディアより)

「川本和久」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「川本和久」のニューストピックワード