前へ 1 2
13件中 1 - 10件表示
  • 佐藤美保

    佐藤美保から見た川本和久川本和久

    しかし、所属する京セラ陸上部は、会社の方針として、マラソンや駅伝を強化する方向にシフト。中距離の選手だった杉森は、世界陸上大阪大会と北京五輪に出場し、400mと800mで好成績を残すという目標を実現させるため、2007年2月に退社。川本和久監督率いるナチュリル陸上部に移籍した。佐藤美保 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田真希子 (陸上選手)

    吉田真希子 (陸上選手)から見た川本和久川本和久

    吉田 真希子(よしだ まきこ、1976年7月16日 - )は、福島県出身の陸上選手。福島県立安積女子高校(現在の福島県立安積黎明高等学校)卒業後、福島大学に進学し川本和久の指導を受けて卒業。ナチュリルアスリートクラブを経て、東邦銀行所属。吉田真希子 (陸上選手) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤真有

    佐藤真有から見た川本和久川本和久

    2011年の世界陸上大邱出場も期待されていたが、同年3月11日の東北地方太平洋沖地震に伴う福島第一原子力発電所事故で福島大学の現役、OB、OGが沖縄合宿に出発した中、夫が仙台市の消防士で、毎日遺体処理をしている時だから残るように恩師の川本和久から言われ、3月中は仙台に残った。佐藤真有 フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀県立伊万里高等学校

    佐賀県立伊万里高等学校から見た川本和久川本和久

    川本和久-福島大学人間発達文化学類教授、日本陸上競技連盟女子短距離部長、福島大学陸上競技部監督、ナチュリルアスリートクラブ監督佐賀県立伊万里高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 青木沙弥佳

    青木沙弥佳から見た川本和久川本和久

    2005年に岐阜県立岐阜商業高等学校・国際コミュニケーション科を卒業後、福島大学に入学。川本和久の指導を受け日本のトップ選手へと成長した。青木沙弥佳 フレッシュアイペディアより)

  • 井村久美子

    井村久美子から見た川本和久川本和久

    高校卒業後は福島大学に進学し競技を続ける。そこで父親から育成を託された川本和久監督のもと、大学2年から技術面の改良に着手する。それまでの踏み切りと同時に両脚を前方へ投げ出す「かがみ跳び」(『久美子ちゃんジャンプ』と呼んでいたそうである)から、「シザース」(空中で脚を回転させる跳躍技術)への移行を試みた。井村久美子 フレッシュアイペディアより)

  • 土斐﨑浩一

    土斐﨑浩一から見た川本和久川本和久

    2007年からFC東京に復帰。トップチームのフィジカルコーチを務め、オフの間も平山相太を指導した他、2009年には長友佑都の走法改良の指導を行い、同年12月にサッカー日本代表の特別講師を務めた川本和久からは、代表選手の中で唯一長友だけが「文句なし」のフォームであると評価を得た。土斐﨑浩一 フレッシュアイペディアより)

  • 日本陸上競技選手権リレー競技大会

    日本陸上競技選手権リレー競技大会から見た川本和久川本和久

    歴代の総合成績では、早稲田大学が男子4×100mにおいて第81回-第90回の10連覇を含む19度の優勝を飾っている。女子4×100mでは埼玉栄高等学校が高校生ながら4度の優勝を果たした。女子4×400mは1980年以降東京女子体育大学が多くの優勝を重ねた。1990年代後半からは川本和久が指導する福島大学およびナチュリルが、4×100m含めた女子2種目で圧倒的な成績を残した。日本陸上競技選手権リレー競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 欽ちゃんのがんばる!日本大作戦

    欽ちゃんのがんばる!日本大作戦から見た川本和久川本和久

    「ワースト脱出大作戦2011夏」にて紹介。女子ワースト1位、男子は同2位と、かけっこが苦手な高知県の小学5年生のために、福島大学教授川本和久指導の下、全国平均に追い付くための作戦。欽ちゃんのがんばる!日本大作戦 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉麻美

    千葉麻美から見た川本和久川本和久

    2004年、福島大学教育学部へ進学する。陸上部に所属し、井村久美子(旧姓:池田)、松本真理子、久保倉里美(現在新潟アルビレックス)、佐藤真有(旧姓:木田)、坂水千恵らと、川本和久の指導を受ける。400mでミズノ所属柿沼和恵が保持する日本記録を更新する。千葉麻美 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
13件中 1 - 10件表示

「川本和久」のニューストピックワード