51件中 31 - 40件表示
  • 1/2 (川本真琴の曲)

    1/2 (川本真琴の曲)から見た川本真琴川本真琴

    「1/2」(にぶんのいち)は、1997年3月21日に発売された川本真琴の3枚目のシングルである。1/2 (川本真琴の曲) フレッシュアイペディアより)

  • 桜 (川本真琴の曲)

    桜 (川本真琴の曲)から見た川本真琴川本真琴

    「桜」(さくら)は、1998年4月1日に発売された川本真琴の4枚目のシングルである。桜 (川本真琴の曲) フレッシュアイペディアより)

  • ピカピカ

    ピカピカから見た川本真琴川本真琴

    「ピカピカ」は、1999年4月1日に発売された川本真琴の5枚目のシングル。ピカピカ フレッシュアイペディアより)

  • 山羊王のテーマ

    山羊王のテーマから見た川本真琴川本真琴

    『山羊王のテーマ』(やぎおうのテーマ)は、川本真琴がタイガーフェイクファ名義でリリースした10枚目のシングル。山羊王のテーマ フレッシュアイペディアより)

  • 音楽の世界へようこそ

    音楽の世界へようこそから見た川本真琴川本真琴

    『音楽の世界へようこそ』(おんがくのせかいへようこそ)は、川本真琴の3枚目のアルバム。「川本真琴 feat. TIGER FAKE FUR」名義でリリース。音楽の世界へようこそ フレッシュアイペディアより)

  • 桜ソング

    桜ソングから見た川本真琴川本真琴

    松田聖子の「チェリーブラッサム」(1981年)、スピッツの「チェリー」(1996年)、川本真琴の「桜」(1998年)など、タイトルに「桜」の付くポピュラー音楽のヒット曲は存在したが、すべて単発のヒットに終わり、桜ソングのブームにはつながらなかった。桜ソング フレッシュアイペディアより)

  • 湯川 れい子

    湯川れい子から見た川本真琴川本真琴

    1965年、エミー・ジャクソンの歌った「涙の太陽」をR.H.Rivers名義で英語で作詞し、当時日本コロムビアの洋楽レーベルであったCBSから発売された。R.H.Riversとは「れい子・湯川」を直訳した「レイコ・ホット・リバース」の略である。同時期に青山ミチのヴァージョンのために日本語詞も書き、その日本語詞がのちに安西マリアに歌われることになる。安西マリア、サンディー、田中美奈子、メロン記念日、川本真琴などがカバーした。湯川れい子 フレッシュアイペディアより)

  • THE NOVEMBERS

    THE NOVEMBERSから見た川本真琴川本真琴

    小学生時代からL'Arc〜en〜Cielや川本真琴やcharaなどを聞いて音楽に興味を持ち、高校時代はバスケ部の傍らバンドと作曲をしていた。THE NOVEMBERS フレッシュアイペディアより)

  • 岡村靖幸

    岡村靖幸から見た川本真琴川本真琴

    1996年、しばらくの数年間、メディアから離れ、他のアーティストへの楽曲活動が中心となる。川本真琴のデビュー曲『愛の才能』の作曲、編曲、プロデュースを行い、コーラスも担当。その後西田彩栞や黒田倫弘、megのデビュー曲を手がけるほか、CHARA「レモンキャンディ」(2001年)やSOPHIA「HARD WORKER」(2002年)、ajapai feat.Yasuyuki Okamura「DAI-SHA-RING」(2002年)など、楽曲提供を行う。岡村靖幸 フレッシュアイペディアより)

  • バーニングパブリッシャーズ

    バーニングパブリッシャーズから見た川本真琴川本真琴

    川本真琴「愛の才能」、「桜」、「DNA」バーニングパブリッシャーズ フレッシュアイペディアより)

51件中 31 - 40件表示

「川本真琴」のニューストピックワード