2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
104件中 91 - 100件表示
  • 津田信澄

    津田信澄から見た左義長左義長

    天正9年(1581年)正月15日の左義長、2月27日の京都御馬揃えに参加。連枝衆の参加者で信澄は5番目に名前が挙がっており、10騎を率いて行進した。これは叔父信包と従弟信孝と同格の扱いである。4月、和泉国の検地に逆らった槇尾寺の僧侶800名を信長の命令で皆殺にした後、5月10日、信澄・堀秀政・蜂屋頼隆・丹羽長秀・松井友閑で伽藍の部材を検分して仕えそうな部材は没収し、その他の堂塔・僧坊を焼き払った。また6月、信澄は高島郡の国衆多胡左近衛門を御内衆として召し抱えているから、高島郡の一職支配権を委ねられていたと考えられる。信澄は9月の伊賀攻めに従弟・北畠信意(織田信雄)の指揮下で従軍。鎮圧された後の10月、信長・信忠が伊賀国を検分した際にも同行した。恐らくこの時、信澄は信長に大和国の拝領を直訴したが、信長に「大和国は神国である」と諌められ、拒否されたと伝わる。津田信澄 フレッシュアイペディアより)

  • 白山神社 (奈良市北之庄町)

    白山神社 (奈良市北之庄町)から見た左義長左義長

    一月: 左義長(とんど)、年始会白山神社 (奈良市北之庄町) フレッシュアイペディアより)

  • 織田信孝

    織田信孝から見た左義長左義長

    天正9年(1581年)正月15日の左義長、2月27日の馬揃えに、それぞれ連枝衆の1人として参加。馬揃えでは、信忠が騎馬80騎、信雄が30騎、信包が10騎、同じく信孝も10騎で、津田信澄(織田信澄)も10騎であり、一門の中で信孝は第4位の序列であった。7月25日、信忠・信雄・信孝の3名は安土城に呼ばれて、信長から直々に名刀を拝領した。9月7日、信孝は病気の村井貞勝に代わって、禁中に袋を献上した。織田信孝 フレッシュアイペディアより)

  • 羽村市

    羽村市から見たどんど焼き左義長

    どんど焼き(1月の成人の日) - 羽村堰下橋下多摩川河川敷と宮の下運動公園子ども広場で行われる。羽村市 フレッシュアイペディアより)

  • 大磯町

    大磯町から見た左義長左義長

    大磯の左義長(1月14日近辺、重要無形民俗文化財)、国府祭(5月5日、神奈川県の無形民俗文化財)、御船まつり(7月)などの祭りがある。大磯町 フレッシュアイペディアより)

  • 五十猛のグロ

    五十猛のグロから見た左義長左義長

    五十猛のグロ(いそたけのグロ)は島根県大田市五十猛町の大浦地区に伝承される、左義長(どんど焼き)と同趣旨の小正月の行事で、国の重要無形民俗文化財に指定されている(2005年(平成17年)2月21日指定)。五十猛のグロ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀県

    滋賀県から見た左義長左義長

    左義長(近江八幡市など)滋賀県 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た左義長左義長

    両親は韓国慶尚南道昌寧郡大合面出身。1939年、母親は身重のまま、3人の子を連れて当時日本領だった朝鮮から海を越えて内地に渡り、広島で勲を生んだ。一家は六畳一間のトタン屋根のバラックに住んだ。4歳の冬、サツマイモを焼くために、土手でとんどを囲んでいた際に、急にバックしてきたトラックを避けようとしたところバランスを崩してしまい、とんどに右半身から飛び込む形になり、右手の親指、ひとさし指、中指以外の自由を失う大火傷を負う。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の文化

    日本の文化から見た左義長左義長

    1月 - 正月(三が日は1日〜3日)、正月飾り、初夢、年賀状、初詣、七草粥、新年会、鏡餅(鏡開き)、左義長、書き初め(2日)、姫始め(2日)、仕事始め(4日)日本の文化 フレッシュアイペディアより)

  • 四日市市

    四日市市から見た左義長左義長

    東富田どんど祭り(1月14日)四日市市 フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
104件中 91 - 100件表示

「左義長まつり」のニューストピックワード