2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ
104件中 101 - 104件表示
  • 火

    から見た左義長左義長

    火を信仰の対象とする宗教もある。古代世界において火は神格化され、畏敬の対象とされた。例えばインド神話におけるアグニがある。また拝火教という異名を持つゾロアスター教もある。日本でもお盆の送り火(京都市の五山送り火が有名)をはじめ、国内各地で特徴的な火祭りが数多く存在する。なかでも小正月に行われる左義長(どんど焼き)は、日本各地にほぼまんべんなく存在する。信仰の場以外でも、例えばキャンプファイヤーなど多くの行事、象徴的な場などで火は用いられている。現代でも火は象徴としての力を持ち続けている。(→) フレッシュアイペディアより)

  • 織田長益

    織田長益から見た左義長左義長

    天正2年(1574年)、尾張国知多郡を与えられ、大草城を改修する。以降、信長の長男・織田信忠の旗下にあったと思われ、甲州征伐などに従軍している。天正9年(1581年)の京都御馬揃えでは信忠・信雄・信包・信孝・津田信澄の後に続いている。また、天正10年(1582年)の左義長での順は信忠・信雄・長益・信包となっている。甲州征伐では木曽口から鳥居峠を攻め、木曽勢に助力して鳥居峠を攻略。降伏した深志城の受け取り役を務める。また森長可・団忠正と共に上野国に出兵し、小幡氏を降伏させている。織田長益 フレッシュアイペディアより)

  • 四季が丘

    四季が丘から見た左義長左義長

    四季が丘とんど - 毎年1月第2日曜日(小正月)、四季が丘小学校校庭四季が丘 フレッシュアイペディアより)

  • 安曇野市

    安曇野市から見た左義長左義長

    三九郎(どんど焼き)安曇野市 フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ
104件中 101 - 104件表示

「左義長まつり」のニューストピックワード