78件中 11 - 20件表示
  • とんど

    とんどから見た左義長左義長

    とんど フレッシュアイペディアより)

  • どんど

    どんどから見た左義長左義長

    どんど フレッシュアイペディアより)

  • 万治の大火

    万治の大火から見た左義長左義長

    万治の大火(まんじのたいか)は、万治3年(1660年)に尾張国名古屋で発生した火災。左義長の行なわれる日の夕方に発生したことから「左義長火事」とも呼ばれる。万治の大火 フレッシュアイペディアより)

  • 篠田の花火

    篠田の花火から見た左義長左義長

    篠田の花火(しのだのはなび)は、滋賀県近江八幡市にある篠田神社で毎年5月4日に開催される祭礼。「左義長まつり」、「八幡まつり」と並んで「近江八幡の火まつり」の一つとして挙げられ、近江八幡の火祭りという名称で『記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財』に選択されている。篠田の花火 フレッシュアイペディアより)

  • 茶袋

    茶袋から見た左義長左義長

    後者の茶袋は本来の用法以外にも、民間風習においても多く用いられており、西日本では結婚式当日の挨拶回りや女性の米寿祝いで近所へ茶袋を配ったり、静岡県伊東市では左義長で吊るしたり、新潟県では「茶袋祭」として左義長で茶袋を焼くといった例が見られる。岡山県岡山市や井原市ではかつて、土葬の際の臭気除けのために遺体に茶袋を添えることもあった。茶袋 フレッシュアイペディアより)

  • 墨付けとんど

    墨付けとんどから見た左義長左義長

    墨付けとんど フレッシュアイペディアより)

  • 加波山信仰

    加波山信仰から見たどんど焼き左義長

    この他に秋の山の神祭という儀礼がある。大当講を組織する部落に見られる儀礼で、11月19日に坪・組毎に神木とする松の木の下でドンド焼きを行い、その火で鰯や目刺を焼いて食し、また残り灰は田畑に撒くが、それにより翌年の豊作が約束されるという。現今では加波山信仰と直接的な連絡を持つものではないが、当年の収穫を謝すとともに来る豊年を祈願する作神・山の神に対する信仰儀礼である事から、春の大当講行事や総登りが大々的であるために人々の意識が春に強く向けられた結果簡素化されたもので、本来は春の山の神祭りである諸行事に対応するものであったろうとの指摘がなされている。加波山信仰 フレッシュアイペディアより)

  • 五十猛のグロ

    五十猛のグロから見た左義長左義長

    五十猛のグロ(いそたけのグロ)は島根県大田市五十猛町の大浦地区に伝承される、左義長(どんど焼き)と同趣旨の小正月の行事で、国の重要無形民俗文化財に指定されている(2005年(平成17)2月21日指定)。五十猛のグロ フレッシュアイペディアより)

  • 婿投げ・墨塗り

    婿投げ・墨塗りから見た左義長左義長

    この後、賽の神(さいのかみ)と呼ばれる注連縄や正月飾り等を集めた塔を燃やし(いわゆる左義長・とんど焼きの類)、無病息災を祈願して残った墨を「おめでとう」と言いながら参加者一同でお互いの顔に塗りあう。これを墨塗りと言うがこれを嫌う町民も多く、松之山町の中でも松之山温泉の1箇所以外では行わない。婿投げ・墨塗り フレッシュアイペディアより)

  • 白坊主

    白坊主から見た左義長左義長

    その昔、どんどん焼きをしていると毎年のように、白鳥山から白坊主が「ほーい、ほーい」と呼ぶため、気味悪くなってこの行事をとりやめたという。白鳥山の南にある大鏡山からも白坊主が現れ、この白坊主を見た者には災難が訪れるともいわれる。白坊主 フレッシュアイペディアより)

78件中 11 - 20件表示

「左義長まつり」のニューストピックワード