78件中 21 - 30件表示
  • 大塩天満宮

    大塩天満宮から見たとんど左義長

    とんど祭り・初謡曲(1月15日)大塩天満宮 フレッシュアイペディアより)

  • とんど饅頭

    とんど饅頭から見た左義長左義長

    江戸時代初期の元和6年(1620年)に、福山藩の藩祖である水野勝成が福山城を築城した際、領民がそれを祝って「とんど」(左義長)を行ったことにある。その後、虎屋の初代は、茶の湯の席で饅頭を勝成に献上したところ大いに喜ばれ、勝成自身により「とんど饅頭」の名を与えられ、以後福山城下でこの饅頭の販売を許可されたという。以後虎屋は福山藩の御用菓子司として、福山藩代々の藩主にこの饅頭を献上した。とんど饅頭 フレッシュアイペディアより)

  • 虎屋本舗

    虎屋本舗から見た左義長左義長

    同年、水野勝成に饅頭を献上、その饅頭に「左義長(とんど)」の名を賜る(後のとんど饅頭)虎屋本舗 フレッシュアイペディアより)

  • 吊るし飾り

    吊るし飾りから見たどんど焼き左義長

    伊豆稲取地区でひな祭りに飾られる装飾。「雛のつるし飾り」及び「吊るし」と呼ばれる。ひな人形の代わりに手作りの人形を飾ったのがはじまりとされている。雛のつるし飾りは、娘の成人後にどんど焼きにくべる習慣があったため、古い物は残っておらず、最古の物は100年程度前の物と言われている。戦後、一時期廃れたが、平成に入って稲取婦人会が中心となって復興した。吊るし飾り フレッシュアイペディアより)

  • 鎌倉市立腰越小学校

    鎌倉市立腰越小学校から見た左義長左義長

    このため腰越小学校では昭和33年(1958年)以降、旧集落の児童が使う方言や乱暴な言葉遣いを「悪い言葉」と見なして矯正する「ネ・サ・ヨ運動」が始まり、「悪い言葉」矯正のために家族ぐるみで生活指導を行ったり、「悪い言葉」を書いた紙を左義長のように燃やす行事が定例化され、運動は昭和40年代ごろまで続けられた。この「ネ・サ・ヨ運動」は同様の問題に悩む全国各地の学校で着目され、多くの学校で似たような運動が導入された。鎌倉市立腰越小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 青地氏

    青地氏から見た左義長左義長

    戦国時代、蒲生氏から養子に入った茂綱は織田信長の下で数々の戦に出陣するが、宇佐山城の戦いで戦死する。その功により子・千代寿丸(元珍)は家領を安堵され、甥の蒲生氏郷ら近江の武士と共に馬競べや左義長の勇士に任命されている。しかしながら本能寺の変で信長が討たれ、元珍は織田信孝に仕えることとなった。これが不運の元で、信孝が没落すると羽柴秀吉には疎んじられ流浪の身となり、蒲生家に身を寄せる。その蒲生家も断絶すると、加賀前田家に身を寄せ、以後子孫は維新まで加賀藩士として仕えた。青地兼山・礼幹は室鳩巣の門人として知られる。青地氏 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥追い

    鳥追いから見た左義長左義長

    左義長(どんど焼き)鳥追い フレッシュアイペディアより)

  • 日牟禮八幡宮

    日牟禮八幡宮から見た左義長左義長

    古くから近江商人の信仰を集め、二大火祭の「左義長まつり」と「八幡まつり」は国の選択無形民俗文化財である。境内地は八幡伝統的建造物群保存地区の構成要素。日牟禮八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 声聞師

    声聞師から見た左義長左義長

    に集団的に居住していた。なかでも桜町の「声聞師」集団を「大黒党」、その長を「大黒」と呼び、上記の「千秋万歳」のほか、小正月(旧暦1月15日)の「左義長」(三毬打)、重陽(旧暦9月9日)の「菊の着綿」、といった諸儀式を行った。グレゴリオ暦1570年2月8日にあたる元亀元年正月四日には、正親町天皇(第106代天皇)が、「声聞師」の行った「千秋万歳」と「大黒舞」を観覧した記録が残っている。この時代、地方で起きた「一向一揆」の扇動者側に立ったため、織田信長や豊臣秀吉らによって処刑されていった「声聞師」たちもいる、と渡辺昭五は指摘している。声聞師 フレッシュアイペディアより)

  • 川名

    川名から見た左義長左義長

    毎年1月にさいと焼き(左義長)が行われる。川名 フレッシュアイペディアより)

78件中 21 - 30件表示

「左義長まつり」のニューストピックワード