104件中 21 - 30件表示
  • 古神札焼納祭

    古神札焼納祭から見た左義長左義長

    古神札焼納祭 フレッシュアイペディアより)

  • 婿投げ・墨塗り

    婿投げ・墨塗りから見た左義長左義長

    この後、賽の神(さいのかみ)と呼ばれる注連縄や正月飾り等を集めた塔を燃やし(いわゆる左義長・とんど焼きの類)、無病息災を祈願して残った墨を「おめでとう」と言いながら参加者一同でお互いの顔に塗りあう。これを墨塗りと言うがこれを嫌う町民も多く、松之山町の中でも松之山温泉の1箇所以外では行なわない。婿投げ・墨塗り フレッシュアイペディアより)

  • 書き初め

    書き初めから見た左義長左義長

    書き初めで書いたものは左義長で燃やし、その炎が高く上がると字が上達すると言われている。書き初め フレッシュアイペディアより)

  • 万治の大火

    万治の大火から見た左義長左義長

    万治の大火(まんじのたいか)は、万治3年(1660年)に尾張国名古屋で発生した火災。左義長の行なわれる日の夕方に発生したことから「左義長火事」とも呼ばれる。万治の大火 フレッシュアイペディアより)

  • 一つ目小僧

    一つ目小僧から見た左義長左義長

    また関東地方の伝承では、一つ目小僧は事八日に毎年帳面を持って家々を回り、戸締りが悪い、行儀が悪いなどの家の落ち度を調べ、家族の運勢を決める、または疫病神へ報告して災難をもたらすともいう。この際、一つ目小僧は12月8日に家の落ち度を帳面に記入して道祖神に一旦預け、2月8日にそれを受け取りに来るとされることから、この帳面を焼き払う行事として、神奈川県横浜市瀬谷区では道祖神の仮の祠を作って1月14日のどんど焼きで燃やし、静岡県の伊豆地方では正月15日の道祖神祭で道祖神像を火の中に入れて焼くなどの風習がある。こうすることで、一つ目小僧が2月8日に道祖神のもとへ帳面を受け取りに行くと、預けてあったはずの帳面がなくなっているので、災難から逃れられるのだという。一つ目小僧 フレッシュアイペディアより)

  • 龍燈

    龍燈から見た左義長左義長

    柳田國男は、「龍灯」は水辺の怪火を意味する漢語で、日本において自然の発火現象を説明するために、これを龍神が特定の期日に特定の松や杉に灯火を献じるという伝説が発生したとし、その期日が多く祖霊を迎えてこれを祀り再び送り出す期日と一致することから、この伝説の起源は現世を訪れる祖霊を迎えるために、その目印として高木の梢に掲げた灯火であろうと説き、更に左義長や柱松も同じ思想を持つものと説く。龍燈 フレッシュアイペディアより)

  • 餅花

    餅花から見た左義長左義長

    餅花(もちばな)とは、日本の一部地域で正月とくに小正月に、ヌルデ・エノキ・ヤナギなどの木に小さく切った餅や団子をさして飾るもの。東日本では「繭玉」(まゆだま)の形にする地域が多い。一年の五穀豊穣を祈願する予祝の意味をもつとされる。左義長の行事で飾ったり、食べたりする地方も多い。餅花 フレッシュアイペディアより)

  • 篠田の花火

    篠田の花火から見た左義長左義長

    篠田の花火(しのだのはなび)は、滋賀県近江八幡市にある篠田神社で毎年5月4日に開催される祭礼。「左義長まつり」、「八幡まつり」と並んで「近江八幡の火まつり」の一つとして挙げられ、近江八幡の火祭りという名称で『記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財』に選択されている。篠田の花火 フレッシュアイペディアより)

  • 鎌倉市立腰越小学校

    鎌倉市立腰越小学校から見た左義長左義長

    このため腰越小学校では昭和33年(1958年)以降、旧集落の児童が使う方言や、「○○でねー」、「○○でさー」、「○○でよー」などといった言葉遣いを「悪い言葉」と見なして弾圧し、排除する「ネ・サ・ヨ運動」を開始し、「悪い言葉」の排除のために、「生活指導」の名の下に家族ぐるみで弾圧を行ったり、「悪い言葉」を書いた紙を左義長のように燃やす行事が定例化され、運動は昭和40年代ごろまで続けられた。この「ネ・サ・ヨ運動」は同様の問題に悩む全国各地の学校で着目され、多くの学校で似たような運動が導入された。鎌倉市立腰越小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 東広島市立小谷小学校

    東広島市立小谷小学校から見た左義長左義長

    2月 - マラソン大会、とんど東広島市立小谷小学校 フレッシュアイペディアより)

104件中 21 - 30件表示

「左義長まつり」のニューストピックワード