104件中 31 - 40件表示
  • 雛のつるし飾り

    雛のつるし飾りから見たどんど焼き左義長

    伊豆稲取では、もともとはツルシと呼ばれ特に名称はなかった。つるし飾りは、子供が成長し7歳、成人、嫁入りといった節目を迎えると、新年のどんど焼きに焚きあげてしまうため、古いものはあまり残っていない。平成5年頃より稲取の婦人会の手芸講座にてツルシ製作を通じて見直され、「雛のつるし飾り」の名称をつけられた。つるしの漢字表記「吊るし」は、縁起物には不適当なため推奨されない。雛のつるし飾り フレッシュアイペディアより)

  • 柳橋保育園

    柳橋保育園から見たどんど焼き左義長

    1月:新年のつどい(どんど焼き柳橋保育園 フレッシュアイペディアより)

  • とんど饅頭

    とんど饅頭から見た左義長左義長

    江戸時代初期の元和6年(1620年)に、福山藩の藩祖である水野勝成が福山城を築城した際、領民がそれを祝って「とんど」(左義長)を行ったことにある。その後、虎屋の初代は、茶の湯の席で饅頭を勝成に献上したところ大いに喜ばれ、勝成自身により「とんど饅頭」の名を与えられ、以後福山城下でこの饅頭の販売を許可されたという。以後虎屋は福山藩の御用菓子司として、福山藩代々の藩主にこの饅頭を献上した。とんど饅頭 フレッシュアイペディアより)

  • 大塩天満宮

    大塩天満宮から見たとんど左義長

    とんど祭り・初謡曲(1月15日)大塩天満宮 フレッシュアイペディアより)

  • 加波山信仰

    加波山信仰から見たどんど焼き左義長

    この他に秋の山の神祭という儀礼がある。大当講を組織する部落に見られる儀礼で、11月19日に坪・組毎に神木とする松の木の下でドンド焼きを行い、その火で鰯や目刺を焼いて食し、また残り灰は田畑に撒くが、それにより翌年の豊作が約束されるという。現今では加波山信仰と直接的な連絡を持つものではないが、当年の収穫を謝すとともに来る豊年を祈願する作神・山の神に対する信仰儀礼である事から、春の大当講行事や総登りが大々的であるために人々の意識が春に強く向けられた結果簡素化されたもので、本来は春の山の神祭りである諸行事に対応するものであったろうとの指摘がなされている。加波山信仰 フレッシュアイペディアより)

  • どんと祭

    どんと祭から見た左義長左義長

    どんと祭(どんとさい)は、宮城県を中心に呼ばれる祭りの呼称である。他地域で左義長やドント焼きなどと呼ばれる祭りに類似する。どんと祭 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥追い

    鳥追いから見た左義長左義長

    左義長(どんど焼き)鳥追い フレッシュアイペディアより)

  • かまくら

    かまくらから見た左義長左義長

    京都御所清涼殿で行われていた吉書焼きの左義長の遺風をうつしたものといわれ、鎌倉時代初期に二階堂氏がこの地方の地頭となった時に始まり、豊作祈願の火祭として続けられ、六郷のカマクラ行事の場合、現在の形が定着したのは江戸時代初期の頃といわれている。美郷町六郷のほか、秋田県内には仙北市(旧・角館町の火振りかまくら)や横手市などにも伝わっている。また、新潟県の魚沼地方では、「ほんやら洞」という同様の伝統行事が行われている。かまくら フレッシュアイペディアより)

  • 白川橋 (荒川)

    白川橋 (荒川)から見た左義長左義長

    周囲は秩父多摩甲斐国立公園の普通地域と呼ばれる区域が近い。渡船場のあった付近の河原で神明社川瀬祭りの祭典が行われる。また、昭和30年代までどんどん焼きに似た「天狗まつり」と呼ばれた祭事が付近の河原で行われ、藁でできた数基の天狗小屋が立つ光景が橋より見られた。かつて橋の右岸上流側に秩父鉱山の鉱石の出荷駅があり、その付帯施設である索道が存在した。白川橋 (荒川) フレッシュアイペディアより)

  • 西野神社

    西野神社から見たどんど焼き左義長

    1月15日 古神礼焼納祭(午前10時)、どんど焼き(午前10時30分 - 午後5時)西野神社 フレッシュアイペディアより)

104件中 31 - 40件表示

「左義長まつり」のニューストピックワード