78件中 31 - 40件表示
  • 一つ目小僧

    一つ目小僧から見た左義長左義長

    また関東地方の伝承では、一つ目小僧は事八日に毎年帳面を持って家々を回り、戸締りが悪い、行儀が悪いなどの家の落ち度を調べ、家族の運勢を決める、または疫病神へ報告して災難をもたらすともいう。この際、一つ目小僧は12月8日に家の落ち度を帳面に記入して道祖神に一旦預け、2月8日にそれを受け取りに来るとされることから、この帳面を焼き払う行事として、神奈川県横浜市瀬谷区では道祖神の仮の祠を作って1月14日のどんど焼きで燃やし、静岡県の伊豆地方では正月15日の道祖神祭で道祖神像を火の中に入れて焼くなどの風習がある。こうすることで、一つ目小僧が2月8日に道祖神のもとへ帳面を受け取りに行くと、預けてあったはずの帳面がなくなっているので、災難から逃れられるのだという。一つ目小僧 フレッシュアイペディアより)

  • 悪魔払い

    悪魔払いから見た左義長左義長

    現在でも日本各地には「悪魔払い」としての民間行事や祭りがあり、金沢市の魔除けの舞いを修する「山王悪魔払い」のように、山王信仰の中にも悪魔払いの儀式が残っている。新潟の「十二山祭」では、山の安全を祈願して悪魔払いの弓を射る。どんど焼きとして知られる左義長(さぎちょう)も平安時代の悪魔払い「三毬杖」に由来するとされている悪魔払い フレッシュアイペディアより)

  • 雛のつるし飾り

    雛のつるし飾りから見たどんど焼き左義長

    伊豆稲取では、もともとはツルシと呼ばれ特に名称はなかった。つるし飾りは、子供が成長し7歳、成人、嫁入りといった節目を迎えると、新年のどんど焼きに焚きあげてしまうため、古いものはあまり残っていない。平成5年頃より稲取の婦人会の手芸講座にてツルシ製作を通じて見直され、「雛のつるし飾り」の名称をつけられた。つるしの漢字表記「吊るし」は、縁起物には不適当なため推奨されない。雛のつるし飾り フレッシュアイペディアより)

  • 射水神社

    射水神社から見た左義長左義長

    例祭日は4月23日で、他に神事として正月に左義長が行われる。射水神社 フレッシュアイペディアより)

  • 町内会

    町内会から見たどんど焼き左義長

    また、会員(住民)同士の交流を促進するためさまざまな行事を行うところもある。住民の高齢化等により行わなくなるケースもあるし、いままでになかった新たな行事が企画されるケースもある(どんど焼き、お神輿、祭り(盆踊り)、フリーマーケットなど)。町内会 フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀県の観光地

    滋賀県の観光地から見た左義長左義長

    左義長(近江八幡市)滋賀県の観光地 フレッシュアイペディアより)

  • 青地元珍

    青地元珍から見た左義長左義長

    天正8年(1580年)に信盛が19ヶ条の折檻状により織田家を追放されると、近江衆として織田信長の旗本に転身。天正9年(1581年)1月に安土で行われた江州衆による左義長に名を連ね、同年の第二次天正伊賀の乱にも参陣した。青地元珍 フレッシュアイペディアより)

  • 西野神社

    西野神社から見たどんど焼き左義長

    1月15日 古神礼焼納祭・どんど焼き(午前10時?午後5時)西野神社 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥越神社

    鳥越神社から見た左義長左義長

    1月8日 とんど焼がおこなわれる。鳥越神社 フレッシュアイペディアより)

  • 爆竹

    爆竹から見た左義長左義長

    日本でも古くから小正月や節分の催事として「爆竹」と呼ばれるものがあったようで、鎌倉時代の1251年(建長3年)1月16日、後嵯峨上皇が爆竹を見たという記事がみえている(『辨内侍日記』)。ただしこれは青竹を燃やし音を立てるもので、火薬を用いたものではない。この催事は現在でもドンド焼きや左義長と呼ばれて各地に伝承されている。爆竹 フレッシュアイペディアより)

78件中 31 - 40件表示

「左義長まつり」のニューストピックワード