78件中 41 - 50件表示
  • 長岡天満宮

    長岡天満宮から見たどんど左義長

    1月15日 古神礼焼納祭・どんど(左義長)長岡天満宮 フレッシュアイペディアより)

  • 東広島市立小谷小学校

    東広島市立小谷小学校から見た左義長左義長

    2月 - マラソン大会、とんど東広島市立小谷小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 龍燈

    龍燈から見た左義長左義長

    柳田国男は、「龍灯」は水辺の怪火を意味する漢語で、日本において自然の発火現象を説明するために、これを龍神が特定の期日に特定の松や杉に灯火を献じるという伝説が発生したとし、その期日が多く祖霊を迎えてこれを祀り再び送り出す期日と一致することから、この伝説の起源は現世を訪れる祖霊を迎えるために、その目印として高木の梢に掲げた灯火であろうと説き、更に左義長や柱松も同じ思想を持つものと説く。龍燈 フレッシュアイペディアより)

  • 江戸の火事

    江戸の火事から見た左義長左義長

    火事の原因となるものへの通達としては、湯屋・風呂屋・花火・左義長・ごみ焼却などに対する禁令が出された。町家では風呂がほとんど設けられなかったため、湯屋や風呂屋が繁盛していた。その営業には火が必須であったが、承応2年(1653年)には防火のため暮六つ(午後6時ごろ)までしか焚いてはならないと命じられた。また、享保年間には翌朝まで水を抜かず溜めておくように命じている。これは火事の際に消火用として利用するためであった。花火は慶安元年(1648年)に河口以外での打ち上げを禁じ、町中での製作も禁じている。慶安5年(1652年)には、花火を打ち上げる場所が隅田川のみとなった。左義長を町中や屋敷内で焼くことは元禄年間ごろに禁じられ、ごみの焼却はそれより早く明暦元年(1655年)に禁じられた。変わった禁令として、正保3年(1646年)の凧揚げ禁止令があげられる。これは、江戸城切手門に火のついた凧が落下したため、その2日後に出された禁令であった。江戸の火事 フレッシュアイペディアより)

  • 田の神

    田の神から見た左義長左義長

    予祝行事としては、東京都板橋区にのこる田遊びや和歌山県かつらぎ町花園の御田舞(ともに重要無形民俗文化財)が、年頭や小正月におこなわれるものとしては古い形態をよくとどめており、今日では4月におこなわれる宮城県仙台市秋保の田植踊(重要無形民俗文化財)も元来は厳寒の小正月期におこなわれていた予祝芸能である。秋田県横手市吉田の「雪中田植え」や青森県八戸市の「えんぶり」をはじめとする庭田植の行事、さらに、田の神そのものではないが、それと深くかかわるものとしては、東日本に広く伝承されている小正月の鳥追い行事、かまくらなど水神の祭礼、どんど焼きをはじめとする左義長の行事、また、ナマハゲ・サイノカミ・トシドン・アマハゲなど日本各地に広がるトシノカミの訪問も、予祝の性格をもつ民俗行事である。田の神 フレッシュアイペディアより)

  • 田の神

    田の神から見たどんど焼き左義長

    予祝行事としては、東京都板橋区にのこる田遊びや和歌山県かつらぎ町花園の御田舞(ともに重要無形民俗文化財)が、年頭や小正月におこなわれるものとしては古い形態をよくとどめており、今日では4月におこなわれる宮城県仙台市秋保の田植踊(重要無形民俗文化財)も元来は厳寒の小正月期におこなわれていた予祝芸能である。秋田県横手市吉田の「雪中田植え」や青森県八戸市の「えんぶり」をはじめとする庭田植の行事、さらに、田の神そのものではないが、それと深くかかわるものとしては、東日本に広く伝承されている小正月の鳥追い行事、かまくらなど水神の祭礼、どんど焼きをはじめとする左義長の行事、また、ナマハゲ・サイノカミ・トシドン・アマハゲなど日本各地に広がるトシノカミの訪問も、予祝の性格をもつ民俗行事である。田の神 フレッシュアイペディアより)

  • 餅花

    餅花から見た左義長左義長

    餅花(もちばな)とは、正月とくに小正月に、ヌルデ・エノキ・ヤナギなどの木に小さく切った餅や団子をさして飾るもの。一年の五穀豊穣を祈願する予祝の意味をもつとされる。左義長の行事で飾ったり、食べたりする地方も多い。餅花 フレッシュアイペディアより)

  • 小正月

    小正月から見た左義長左義長

    この日の朝には小豆粥を食べる習慣があった。古くは『土佐日記』や『枕草子』などにも、小正月に小豆粥を食べたことが記されている。現在でも東北地方の農村などに、左義長の前に小豆粥を食べる習慣が残っている地域がある。これらの地域では、元日から小正月の期間中に小豆(あるいは、獣肉を含む赤い色をした食品全般)を食することが禁忌とされている場合が多い。小正月 フレッシュアイペディアより)

  • どんと祭

    どんと祭から見た左義長左義長

    どんと祭(どんとさい)は、宮城県を中心に呼ばれる祭りの呼称である。他地域で左義長やドント焼きなどと呼ばれる祭りに類似する。どんと祭 フレッシュアイペディアより)

  • 火祭り

    火祭りから見た左義長左義長

    火祭り(ひまつり)とは、特に火や炎が重要な役割を持つ祭りのこと。なかでも小正月に行われる左義長(どんど焼)は全国各地でおこなわれる。火祭り フレッシュアイペディアより)

78件中 41 - 50件表示

「左義長まつり」のニューストピックワード