104件中 41 - 50件表示
  • 法徳寺 (世田谷区)

    法徳寺 (世田谷区)から見たお焚き上げ左義長

    12月31日-1月1日 - 法徳寺ゆく年くる年・お焚き上げ供養法徳寺 (世田谷区) フレッシュアイペディアより)

  • 吊るし飾り

    吊るし飾りから見たどんど焼き左義長

    伊豆稲取地区でひな祭りに飾られる装飾。「雛のつるし飾り」及び「吊るし」と呼ばれる。ひな人形の代わりに手作りの人形を飾ったのがはじまりとされている。雛のつるし飾りは、娘の成人後にどんど焼きにくべる習慣があったため、古い物は残っておらず、最古の物は100年程度前の物と言われている。戦後、一時期廃れたが、平成に入って稲取婦人会が中心となって復興した。吊るし飾り フレッシュアイペディアより)

  • 曽根天満宮

    曽根天満宮から見た左義長左義長

    戎社祭・トンド祭(1月15日)曽根天満宮 フレッシュアイペディアより)

  • 悪魔払い

    悪魔払いから見た左義長左義長

    現在でも日本各地には「悪魔払い」としての民間行事や祭りがあり、金沢市の魔除けの舞いを修する「山王悪魔払い」のように、山王信仰の中にも悪魔払いの儀式が残っている。新潟の「十二山祭」では、山の安全を祈願して悪魔払いの弓を射る。どんど焼きとして知られる左義長(さぎちょう)も平安時代の悪魔払い「三毬杖」に由来するとされている悪魔払い フレッシュアイペディアより)

  • 塞の神まつり

    塞の神まつりから見た左義長左義長

    塞の神まつり・邑町のサイノカミ(さいのかみまつり・むらまちのさいのかみ)は、富山県下新川郡入善町上野邑町(うわのむらまち)地区で、毎年1月15日(日曜日の場合)または15日に近い日曜日に行われる小正月の火祭り(左義長)で、無病息災、五穀豊穣などを祈願するものであり、国の重要無形民俗文化財に指定されている。なお2000年(平成12年)までは1月15日に行なわれていた。塞の神まつり フレッシュアイペディアより)

  • 毬杖

    毬杖から見た左義長左義長

    平安時代に童子の遊びとして始まり、後に庶民の間に広まった。その後は形骸化し、江戸時代頃まで正月儀式として残った。現在では、地域における文化体験の一環として時たま楽しまれる。左利きの人が毬杖を左手に持ったことから、ひだりぎっちょうの語源とする説もある。『本朝俚諺』には、「俗間に、左の手の利きたる人をぎっちょといへるは、左義長といふ意、左専(もっぱ)らききたるに準(なら)ふ」とある。毬杖 フレッシュアイペディアより)

  • こどもの文化

    こどもの文化から見た左義長左義長

    1月 - お正月、書き初め、左義長(どんどん焼き、どんど焼き)、鏡開きこどもの文化 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉県立房総のむら

    千葉県立房総のむらから見たどんど焼き左義長

    また、無病息災を炎に祈る「どんど焼き」や千葉県立房総のむら フレッシュアイペディアより)

  • 金龍寺 (飛騨市)

    金龍寺 (飛騨市)から見た左義長左義長

    寺宝として円空作の阿弥陀如来像を所蔵する。また、飛騨市指定無形民俗文化財となっている東茂住の左義長で神体が渡御される場所の一つとなっている。金龍寺 (飛騨市) フレッシュアイペディアより)

  • 手力雄神社 (各務原市)

    手力雄神社 (各務原市)から見た左義長左義長

    1月15日に近い日曜日 - 秋葉神社例祭・左義長手力雄神社 (各務原市) フレッシュアイペディアより)

104件中 41 - 50件表示

「左義長まつり」のニューストピックワード