78件中 51 - 60件表示
  • 阿射加神社

    阿射加神社から見た左義長左義長

    羯鼓(かんこ)踊り(1月14日) - 元来は雨乞いのために初夏に踊られていたと思われるが、後に豊作を迎えた年の秋に踊られるようになり、現在では大ドンドを焚きながら、勢子入りから始まる唄にのって、子ども達が神への感謝と当年の豊作を祈願する踊りとなっている。所役は大羯鼓、小羯鼓、貝吹き、采持ちからなり、赤采を採る采持ち持ちが踊りを先導する。昭和48年(1973年)に県の無形民俗文化財に指定された。阿射加神社 フレッシュアイペディアより)

  • 大入島

    大入島から見た左義長左義長

    東征の途中で大入島日向泊に立ち寄った神武天皇を、航海の安全を祈り焚火で見送ったという伝説にちなむ大入島トンド火まつりが毎年1月に行われる。この祭りでは、10mほどの高さの「トンド」と呼ばれるやぐらに火を点し、無病息災が祈願される。大入島 フレッシュアイペディアより)

  • 伊奴神社

    伊奴神社から見た左義長左義長

    左義長:1月第二日曜日伊奴神社 フレッシュアイペディアより)

  • 忌火

    忌火から見たどんど焼き左義長

    年始に行われ、どんど焼き(古神札焼納祭)に使用する。忌火 フレッシュアイペディアより)

  • かまくら

    かまくらから見た左義長左義長

    京都御所清涼殿で行われていた吉書焼きの左義長の遺風をうつしたものといわれ、鎌倉時代初期に二階堂氏がこの地方の地頭となった時に始まり、豊作祈願の火祭として続けられ、六郷のカマクラ行事の場合、現在の形が定着したのは江戸時代初期の頃といわれている。美郷町六郷のほか、秋田県内には仙北市(旧・角館町の火振りかまくら)や横手市などにも伝わっている。また、新潟県の魚沼地方では、「ほんやら洞」という同様の伝統行事が行われている。かまくら フレッシュアイペディアより)

  • 四季が丘

    四季が丘から見た左義長左義長

    四季が丘とんど - 毎年1月15日(小正月)、四季が丘小学校校庭四季が丘 フレッシュアイペディアより)

  • 曽根天満宮

    曽根天満宮から見た左義長左義長

    戎社祭・トンド祭(1月15日)曽根天満宮 フレッシュアイペディアより)

  • 安曇野市

    安曇野市から見た左義長左義長

    三九郎(どんど焼き)安曇野市 フレッシュアイペディアより)

  • こどもの文化

    こどもの文化から見た左義長左義長

    1月 - お正月、書き初め、左義長(どんどん焼き、どんど焼き)、鏡開きこどもの文化 フレッシュアイペディアより)

  • 門松

    門松から見た左義長左義長

    しかし、地域によっては1月15日の小正月まで飾るなど、さまざまである。(左義長が行われる地域は、左義長で門松を焼くので、それに合わせて仕舞う。左義長は1月15日の小正月が多いが、地域や神社によって異なる)門松 フレッシュアイペディアより)

78件中 51 - 60件表示

「左義長まつり」のニューストピックワード