104件中 51 - 60件表示
  • とんど祭

    とんど祭から見た左義長左義長

    とんど祭 フレッシュアイペディアより)

  • 第六天神社 (茅ヶ崎市)

    第六天神社 (茅ヶ崎市)から見た左義長左義長

    1月14日:古神札焼納祭(どんどん焼き)第六天神社 (茅ヶ崎市) フレッシュアイペディアより)

  • 日牟禮八幡宮

    日牟禮八幡宮から見た左義長左義長

    古くから近江商人の信仰を集め、二大火祭の「左義長まつり」と「八幡まつり」は国の選択無形民俗文化財である。境内地は八幡伝統的建造物群保存地区の構成要素。日牟禮八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥越神社

    鳥越神社から見た左義長左義長

    1月8日 とんど焼がおこなわれる。鳥越神社 フレッシュアイペディアより)

  • 利き手

    利き手から見た左義長左義長

    日本の武士の持つ日本刀が右手向きになっているなど、右利きに合わせた道具類も多く、生来は左利きでありながら、矯正された人も多かったと考えられる。左利きは「ぎっちょ」(「左器用」の転訛。「左義長」を語源とする説もあり〈毬杖参照〉)として差別されてきた歴史的経緯がある。左利きの矯正は、日本以外の国でも見られた。その一方で、左利きであることに誇りを持つ人もおり、その場合は自ら「左利き」を名乗ることもある。一部のスポーツでは、その希少性ゆえに左利きが優位になることもある。利き手 フレッシュアイペディアより)

  • 忌火

    忌火から見たどんど焼き左義長

    年始に行われ、どんど焼き(古神札焼納祭)に使用する。忌火 フレッシュアイペディアより)

  • 佐那神社

    佐那神社から見た左義長左義長

    祭儀は毎月1日と15日に行われる月次祭のほか、歳旦祭(1月1日)、どんど祭(1月15日)、祈年祭(3月8日)、夏越大祓(6月30日)、例祭(10月8日)、和玉神社慰霊祭(11月8日)、新嘗祭(12月8日)、大祓(12月30日)が行われる。例祭は11月5日だったが、1943年(昭和18年)10月8日に県社へ昇格したことを記念して10月8日に変更された。かつては村の広場にて「天鈿女踊り」(あめのうずめおどり)と呼ばれる手踊りが行われていた。佐那神社 フレッシュアイペディアより)

  • 青地元珍

    青地元珍から見た左義長左義長

    天正8年(1580年)に信盛が19ヶ条の折檻状により織田家を追放されると、近江衆として織田信長の旗本に転身。天正9年(1581年)1月に安土で行われた江州衆による左義長に名を連ね、同年の第二次天正伊賀の乱にも参陣した。青地元珍 フレッシュアイペディアより)

  • 兵庫 (佐賀市)

    兵庫 (佐賀市)から見た左義長左義長

    鬼火たき(ほんげんぎょう) - 青竹や菰などを束ねて立てた櫓を夜明け前に点火、しめ縄、お札やお守りなどを投げ入れて、災難なく1年を過ごせたことに感謝する祭事。古くは各家庭が家の前や堀岸で行っていたが、1980年(昭和55年)から兵庫校区で統一して開催している。兵庫 (佐賀市) フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀県の観光地

    滋賀県の観光地から見た左義長左義長

    左義長(近江八幡市)滋賀県の観光地 フレッシュアイペディアより)

104件中 51 - 60件表示

「左義長まつり」のニューストピックワード