104件中 61 - 70件表示
  • 梵天

    梵天から見た左義長左義長

    梵天祭りに使用される竹竿←三神一体を表し、三本の毬杖を束ねた左義長が変化梵天 フレッシュアイペディアより)

  • 小川祐忠

    小川祐忠から見た左義長左義長

    天正9年(1581年)と翌年の2年連続で、正月の左義長に北方東一番の近江衆(平野定久・多賀常則・後藤高治・蒲生氏郷・京極高次・山崎秀家・山岡景宗・小川祐忠)として爆竹を携えて出場した。小川祐忠 フレッシュアイペディアより)

  • 三社神社 (福井市)

    三社神社 (福井市)から見た左義長左義長

    毎年1月には、左義長の祭事で賑わう。三社神社に高さ12mの左義長を設営し、花飾りや花札の絵柄を描いた飾り、大きなさいころを模した飾りなどを施す。社殿で神事が営まれ、厄年の住民が厄払いを受けた後、社殿から運んできた火で左義長を燃やし、その炎でしめ飾りや書き初め作品を燃やすことで、一年間の無病息災を祈願する。三社神社 (福井市) フレッシュアイペディアより)

  • 道祖神

    道祖神から見た左義長左義長

    左義長(どんど焼き)道祖神 フレッシュアイペディアより)

  • 大入島

    大入島から見た左義長左義長

    東征の途中で大入島日向泊に立ち寄った神武天皇を、航海の安全を祈り焚火で見送ったという伝説にちなむ大入島トンド火まつりが毎年1月に行われる。この祭りでは、10mほどの高さの「トンド」と呼ばれるやぐらに火を点し、無病息災が祈願される。大入島 フレッシュアイペディアより)

  • 福島市民家園

    福島市民家園から見たどんど焼き左義長

    福島県あづま総合運動公園の一角にあり、江戸時代中期から明治時代初期にかけて建築された民家などの建物を移設、復元して展示している。敷地面積は約11ヘクタール。福島市を中心とした県北地方の民家をはじめ、会津地方の曲屋や井戸、ばったら小屋といった庶民の生活に必要な施設、とうみ、千歯こきといった民具の展示も行われている。小学生などの歴史、生活分野での校外学習に使われるほか、伝統的な民芸品作りやどんど焼きなどといった年中行事の伝承活動も開かれる。敷地には多数のアヤメが栽培されているほか、モミジやカエデなども見られ、秋は紅葉で彩られる。福島市民家園 フレッシュアイペディアより)

  • 門松

    門松から見た左義長左義長

    門松がある期間のことを松の内といい、伝統的には元日から1月15日までを指し、関西などでは依然15日までのままであるが、近年では関東を中心として7日までとするのが多くなっている。松の内を1月7日までとする場合には、6日の夕方や翌7日に片づける場合が多い。左義長が行われる地域は、左義長で門松を焼くので、それに合わせて仕舞う。左義長は1月15日の小正月が多いが、地域や神社によって異なる。門松 フレッシュアイペディアより)

  • 元服

    元服から見た左義長左義長

    滋賀県近江八幡市の祭り「左義長」では、17歳の男子を「元服若衆」と呼び、左義長に火をつける役目を命じられるが、火のついた藁苞を持った元服若衆が左義長に近づくのを他の若衆が邪魔をすることで至難を与え、左義長に火がつくまで続けられる。元服 フレッシュアイペディアより)

  • 声聞師

    声聞師から見た左義長左義長

    に集団的に居住していた。なかでも桜町の「声聞師」集団を「大黒党」、その長を「大黒」と呼び、上記の「千秋万歳」のほか、小正月(旧暦1月15日)の「左義長」(三毬打)、重陽(旧暦9月9日)の「菊の着綿」、といった諸儀式を行った。グレゴリオ暦1570年2月8日にあたる元亀元年正月四日には、正親町天皇(第106代天皇)が、「声聞師」の行った「千秋万歳」と「大黒舞」を観覧した記録が残っている。この時代、地方で起きた「一向一揆」の扇動者側に立ったため、織田信長や豊臣秀吉らによって処刑されていった「声聞師」たちもいる、と渡辺昭五は指摘している。声聞師 フレッシュアイペディアより)

  • 長岡天満宮

    長岡天満宮から見たどんど左義長

    1月15日 古神礼焼納祭・どんど(左義長)長岡天満宮 フレッシュアイペディアより)

104件中 61 - 70件表示

「左義長まつり」のニューストピックワード