78件中 61 - 70件表示
  • 正月

    正月から見た左義長左義長

    松の内は元々は1月15日までだったが、現在は一部地域では1月7日までに短縮している。寛文2年(1662年)1月6日 (旧暦)、江戸幕府により1月7日 (旧暦)を以て飾り納めを指示する最初の通達が江戸の城下に町触として発せられており、それに倣った風習が徐々に関東を中心に広まったと考えられる。幕末の考証家である喜田川守貞は、この時同時に左義長(いわゆる「どんど焼き」)も禁止されていることから、松の内短縮発令の理由を注連飾りを燃やすこの火祭りによる火災の予防の一環だとしている。正月 フレッシュアイペディアより)

  • 利き手

    利き手から見た左義長左義長

    日本の武士の持つ日本刀が右手向きになっているなど、右利きに合わせた道具類も多く、生来は左利きでありながら、矯正された人も多かったと考えられる。左利きは「ぎっちょ」(「左器用」の転訛。「左義長」を語源とする説もあり〈毬杖参照〉)として差別されてきた歴史的経緯がある。左利きの矯正は、日本以外の国でも見られた。その一方で、左利きであることに誇りを持つ人もおり、その場合は自ら「左利き」を名乗ることもある。一部のスポーツでは、その希少性ゆえに左利きが優位になることもある。利き手 フレッシュアイペディアより)

  • 竜王町

    竜王町から見た左義長左義長

    1月14日 左義長祭り(各集落) / 田中の粥占い - 八幡神社(田中)竜王町 フレッシュアイペディアより)

  • 書き初め

    書き初めから見た左義長左義長

    書き初めで書いたものは左義長で燃やし、その炎が高く上がると字が上達すると言われている。書き初め フレッシュアイペディアより)

  • 織田長益

    織田長益から見た左義長左義長

    天正2年(1574年)、尾張国知多郡を与えられ、大草城を改修する。以降、信長の長男信忠の旗下にあったと思われ、甲州征伐などに従軍している。天正9年(1581年)の京都御馬揃えでは信忠・信雄・信包・信孝・津田信澄の後に続いている。また、天正10年(1582年)の左義長での順は信忠・信雄・長益・信包となっている。甲州征伐では木曽口から鳥居峠を攻め、木曽勢に助力して鳥居峠を攻略。降伏した深志城の受け取り役を務める。また森長可・団忠正と共に上野国に出兵し、小幡氏を降伏させている。織田長益 フレッシュアイペディアより)

  • 尾鷲市

    尾鷲市から見たどんど焼き左義長

    尾鷲神社どんど焼き(1月15日、北浦町)尾鷲市 フレッシュアイペディアより)

  • 大磯町

    大磯町から見た左義長左義長

    大磯の左義長(1月14日、重要無形民俗文化財)、国府祭(5月5日、神奈川県の無形民俗文化財)、御船まつり(7月)などの祭りがある。大磯町 フレッシュアイペディアより)

  • 焚き火

    焚き火から見た左義長左義長

    左義長(お焚き上げ、どんど焼き)焚き火 フレッシュアイペディアより)

  • お焚き上げ

    お焚き上げから見た左義長左義長

    お焚き上げ フレッシュアイペディアより)

  • 北海道神宮

    北海道神宮から見たどんど焼き左義長

    古神札焼納祭(1月14日)=どんど焼き参照北海道神宮 フレッシュアイペディアより)

78件中 61 - 70件表示

「左義長まつり」のニューストピックワード