104件中 71 - 80件表示
  • 川名

    川名から見た左義長左義長

    毎年1月にさいと焼き(左義長)が行われる。川名 フレッシュアイペディアより)

  • 大柴燈護摩供

    大柴燈護摩供から見た左義長左義長

    左義長 - 神奈川県などで「さいと焼き」と呼ばれることとの関連が指摘されている大柴燈護摩供 フレッシュアイペディアより)

  • 火祭り

    火祭りから見た左義長左義長

    下記の他、小正月の左義長(どんど焼)は全国各地で行われている。火祭り フレッシュアイペディアより)

  • 福山城 (備後国)

    福山城 (備後国)から見た左義長左義長

    福山城下には福山城築城を祝って始められたといわれる「とんど」と呼ばれる左義長が伝わっている。「見たか見てきたか福山の城を 前はお堀でボラが住む」と謡われ海につながり汽水であった福山城の外堀が名物となっていたことが伺える。この祭りにちなんで作られた「とんど饅頭」は福山の名物となっている。福山城 (備後国) フレッシュアイペディアより)

  • 小正月

    小正月から見た左義長左義長

    この日の朝には小豆粥を食べる習慣があった。古くは『土佐日記』や『枕草子』などにも、小正月に小豆粥を食べたことが記されている。現在でも東北地方の農村などに、左義長の前に小豆粥を食べる習慣が残っている地域がある。これらの地域では、元日から小正月の期間中に小豆(あるいは、獣肉を含む赤い色をした食品全般)を食することが禁忌とされている場合が多い。小正月 フレッシュアイペディアより)

  • 正月

    正月から見た左義長左義長

    松の内は元々は1月15日までだったが、現在は一部地域では1月7日までに短縮している。寛文2年(1662年)1月6日 (旧暦)、江戸幕府により1月7日 (旧暦)を以て飾り納めを指示する。最初の通達が江戸の城下に町触として発せられており、それに倣った風習が徐々に関東を中心に広まったと考えられる。幕末の考証家である喜田川守貞は、この時同時に左義長(いわゆる「どんど焼き」)も禁止されていることから、松の内短縮発令の理由を注連飾りを燃やすこの火祭りによる火災の予防の一環だとしている。正月 フレッシュアイペディアより)

  • 射水神社

    射水神社から見た左義長左義長

    例祭日は4月23日で、他に神事として正月に左義長が行われる。射水神社 フレッシュアイペディアより)

  • 団子

    団子から見た左義長左義長

    三色団子 - ピンク(食紅などの着色料)、緑(ヨモギや着色料)、白の団子を同じ串に刺した団子。花見だんごとして食べるほか、地方によっては左義長の火で焼いて食する。団子 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道神宮

    北海道神宮から見たどんど焼き左義長

    古神札焼納祭(1月14日)=どんど焼き参照北海道神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 焚き火

    焚き火から見た左義長左義長

    左義長(お焚き上げ、どんど焼き)焚き火 フレッシュアイペディアより)

104件中 71 - 80件表示

「左義長まつり」のニューストピックワード