104件中 81 - 90件表示
  • 江戸の火事

    江戸の火事から見た左義長左義長

    火事の原因となるものへの通達としては、湯屋・風呂屋・花火・左義長・ごみ焼却などに対する禁令が出された。町家では風呂がほとんど設けられなかったため、湯屋や風呂屋が繁盛していた。その営業には火が必須であったが、承応2年(1653年)には防火のため暮六つ(午後6時ごろ)までしか焚いてはならないと命じられた。また、享保年間には翌朝まで水を抜かず溜めておくように命じている。これは火事の際に消火用として利用するためであった。花火は慶安元年(1648年)に河口以外での打ち上げを禁じ、町中での製作も禁じている。慶安5年(1652年)には、花火を打ち上げる場所が隅田川のみとなった。左義長を町中や屋敷内で焼くことは元禄年間ごろに禁じられ、ごみの焼却はそれより早く明暦元年(1655年)に禁じられた。変わった禁令として、正保3年(1646年)の凧揚げ禁止令があげられる。これは、江戸城切手門に火のついた凧が落下したため、その2日後に出された禁令であった。江戸の火事 フレッシュアイペディアより)

  • 爆竹

    爆竹から見た左義長左義長

    日本でも古くから小正月や節分の催事として「爆竹」と呼ばれるものがあったようで、鎌倉時代の1251年(建長3年)1月16日、後嵯峨上皇が爆竹を見たという記事がみえている(『辨内侍日記』)。ただしこれは青竹を燃やし音を立てるもので、火薬を用いたものではない。この催事は現在でもドンド焼きや左義長と呼ばれて各地に伝承されている。爆竹 フレッシュアイペディアより)

  • 伊奴神社

    伊奴神社から見た左義長左義長

    左義長:1月第二日曜日伊奴神社 フレッシュアイペディアより)

  • 大國魂神社

    大國魂神社から見た左義長左義長

    祭神に毎日の食事を供する御日供祭を含めると年間400近い祭事が行われている。2018年からは小正月のどんど焼きを神事として新たに行うようになった。大國魂神社 フレッシュアイペディアより)

  • 竜王町

    竜王町から見た左義長左義長

    1月14日 左義長祭り(各集落) / 田中の粥占い - 八幡神社(田中)竜王町 フレッシュアイペディアより)

  • 尾鷲市

    尾鷲市から見たどんど焼き左義長

    尾鷲神社どんど焼き(1月15日、北浦町)尾鷲市 フレッシュアイペディアより)

  • 阿射加神社

    阿射加神社から見た左義長左義長

    羯鼓(かんこ)踊り(1月14日) - 元来は雨乞いのために初夏に踊られていたと思われるが、後に豊作を迎えた年の秋に踊られるようになり、現在では大ドンドを焚きながら、勢子入りから始まる唄にのって、子ども達が神への感謝と当年の豊作を祈願する踊りとなっている。所役は大羯鼓、小羯鼓、貝吹き、采持ちからなり、赤采を採る采持ち持ちが踊りを先導する。昭和48年(1973年)に県の無形民俗文化財に指定された。阿射加神社 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬谷区

    瀬谷区から見たどんど焼き左義長

    どんど焼き - 区内各所・いくつかの社寺。瀬谷区 フレッシュアイペディアより)

  • 青地氏

    青地氏から見た左義長左義長

    戦国時代、蒲生氏から養子に入った茂綱は織田信長の下で数々の戦に出陣するが、宇佐山城の戦いで戦死する。その功により子・千代寿丸(元珍)は家領を安堵され、甥の蒲生氏郷ら近江の武士と共に馬競べや左義長の勇士に任命されている。しかしながら本能寺の変で信長が討たれ、元珍は織田信孝に仕えることとなった。これが不運の元で、信孝が没落すると羽柴秀吉には疎んじられ流浪の身となり、蒲生家に身を寄せる。その蒲生家も断絶すると、加賀前田家に身を寄せ、以後子孫は維新まで加賀藩士として仕えた。青地兼山・礼幹は室鳩巣の門人として知られる。青地氏 フレッシュアイペディアより)

  • 分霊

    分霊から見た左義長左義長

    神札や御守に祭神の加護を加える降神も分霊の1つである。その逆は昇神で、それらや御神体から祭神の神霊にお帰り頂く事をいい、昇神によりそれらの物を左義長でお焚き上げが可能となる。仏教では降神を開眼(かいげん)、昇神を撥遣(はっけん)などという。分霊 フレッシュアイペディアより)

104件中 81 - 90件表示

「左義長まつり」のニューストピックワード