2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
107件中 91 - 100件表示
  • 左義長

    左義長から見た宮城県

    宮城県およびその近辺。約10万人が訪れる大崎八幡宮松焚祭(仙台市指定無形民俗文化財)を起源とする。1月14日夜に正月飾りを焼き、その火にあたると病気をせず健康で暮らせるといわれる。石巻市周辺では新生活運動により1970年代に前倒しが定着し、1月7日に行われる。松川だるまを新たに買い換えて、古いそれをどんと祭で燃やす習慣があるが、松川だるまの流通量が減少したのでだるまを燃やす習慣を持たない参拝者も多い。神火で餅を焼くということはなく、子供の祭りともされない。また、特に書初めを焼くということもない。寺社のみならず町内会などでも実施されてきたが、場所の確保等の問題で年々少なくなりつつはある。大崎八幡宮を初め、一部のどんと祭では「裸参り」が行われる。左義長 フレッシュアイペディアより)

  • 左義長

    左義長から見た福島県

    福島県会津地方、新潟、東京都多摩地区、神奈川県川崎市ほか。会津地方では「歳の神」と呼ばれる。左義長 フレッシュアイペディアより)

  • 左義長

    左義長から見た高知県

    さぎっちょ(富山県、石川県、福井県、岐阜県、高知県、福岡県)左義長 フレッシュアイペディアより)

  • 左義長

    左義長から見た石川県

    さぎっちょ(富山県、石川県、福井県、岐阜県、高知県、福岡県)左義長 フレッシュアイペディアより)

  • 左義長

    左義長から見た奈良県

    とんど(奈良県、広島県、岡山県)左義長 フレッシュアイペディアより)

  • 左義長

    左義長から見た鳥取県

    とんどさん(鳥取県左義長 フレッシュアイペディアより)

  • 左義長

    左義長から見た神奈川県

    神奈川県大磯町の左義長は国指定の重要無形民俗文化財で、セエノカミサン(道祖神)の火祭りとして、毎年1月14日近辺に大磯北浜海岸で行われている。松の内(1月7日)が過ぎると子どもたちは正月のお飾りを集めて歩き回り、青年たちはセエトの材料となる松や竹を調達する。 次いで、町内各所に大竹やおんべ竹を立て、町内境に道切りのシメを張るほか、セエノカミサンのお仮屋を作り子どもたちが籠る。祭り当日、町内各所のおんべ竹やお仮屋などが片付けられ、集められたお飾りや縁起物は浜辺に運ばれ、9つの大きな円錐型のサイトが作られる。日が暮れるとセエノカミサンの宮元や宮世話人が、その年の恵方に火をつける。この火で団子を焼いて食べると風邪をひかない、燃やした書き初めが高く舞い上がると腕が上がる、松の燃えさしを持ち帰って屋根に載せておくと火災除けのまじないになる、などともいわれている。左義長 フレッシュアイペディアより)

  • 左義長

    左義長から見た長野県

    長野県松本地方。同地方で道祖神の祭りを統括する神主「福間三九郎太夫」の名前にちなむといわれるが、他にも諸説ある。だるまは一番目立つ頂上付近に飾り付ける。旧来は1月15日に行われていたが、最近は学校の休みに合わせ、1月7日ごろ行われるところが多い。米の粉で作った団子「繭玉」を柳の枝に刺して焼いたものを食べ、無病息災の祈願をする。左義長 フレッシュアイペディアより)

  • 左義長

    左義長から見た岡山県

    とんど(奈良県、広島県、岡山県左義長 フレッシュアイペディアより)

  • 左義長

    左義長から見た福井県

    福井県勝山市の勝山左義長は毎年2月最終土・日に行われており300年以上前から続いている。色とりどりの長襦袢を着て太鼓を打ち浮かれ踊る。「勝山左義長ばやし」と呼ばれ「浮き太鼓」が特徴。左義長 フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
107件中 91 - 100件表示

「左義長まつり」のニューストピックワード