1 2 3 4 5 6 7 次へ
68件中 61 - 68件表示
  • 左義長

    左義長から見たダイオキシン

    橙(みかん)は代々続くようにと子孫繁栄を願った物を、燃やし易くする為に踏み潰す事が縁起上良くないとされる。実施する地域の分布図や形態については、川崎市民ミュージアムに展示がある。また、実施しない地域でも、ある特定の日にお札を焼く行事を執り行う地域がある(12月29日など)。最近はダイオキシン問題で取りやめている事例もある。左義長 フレッシュアイペディアより)

  • 左義長

    左義長から見た神奈川県

    神奈川県大磯町の左義長は重要無形民俗文化財に指定されている。左義長 フレッシュアイペディアより)

  • 左義長

    左義長から見た宮城県

    宮城県仙台市およびその近辺で行われるものの呼称。1月14日夜に正月飾りを焼き、その火にあたると病気をせず健康で暮らせるといわれる。石巻市周辺では、松の内が終わると漁が始まるため14日にどんと祭ができないという言い伝えがあり、1月7日に行われる。餅を焼くということはなく、だるまは登場しない。子供の祭りともされない。また、特に書初めを焼くということもない。場所の確保等の問題で年々少なくなりつつはあるものの、各地域ごとの神社で行われてきた。中でも大崎八幡宮のものは20万人以上が訪れるというもっとも盛大なもので、仙台市の無形民俗文化財に指定されている。「裸参り」と称し、男衆がふんどし姿で練り歩く行事も行われる。この裸参りには、女性の参加も増えている(女性はさらしを巻く)。左義長 フレッシュアイペディアより)

  • 左義長

    左義長から見た長野県

    長野県松本地方の呼称で、同地方で道祖神の祭りを統括する神主「福間三九郎太夫」の名前にちなむといわれるが、他にも諸説ある。だるまは一番目立つ頂上付近に飾り付ける。旧来は1月15日に行われていたが、最近は学校の休みに合わせ、1月7日頃行われるところが多い。「繭玉」と呼ばれる米の粉で作った団子を柳の枝に刺して焼いたものを食べ、無病息災の祈願をする。左義長 フレッシュアイペディアより)

  • 左義長

    左義長から見た岐阜県

    岐阜県海津市の今尾の左義長も県重要無形民俗文化財に指定され、毎年2月11日に盛大に行われている。鼓型の青竹神輿は全て竹と縄で作られ飾り物も色あざやかで、全長約5メートル重さ約2トンの吊り神輿としては全国唯一であり、13基の神輿が各町内から秋葉神社まで練り歩き奉納される。また、夜になれば秋葉神社に参拝し残り火で餅を焼き、これを食すれば病魔除けになると言われている。左義長 フレッシュアイペディアより)

  • 左義長

    左義長から見た福島県

    福島県会津地方では1月15日に行われる。大沼郡三島町で行われる伝統行事は、「三島のサイノカミ」として国の重要無形民俗文化財に指定されている。左義長 フレッシュアイペディアより)

  • 左義長

    左義長から見たふんどし

    宮城県仙台市およびその近辺で行われるものの呼称。1月14日夜に正月飾りを焼き、その火にあたると病気をせず健康で暮らせるといわれる。石巻市周辺では、松の内が終わると漁が始まるため14日にどんと祭ができないという言い伝えがあり、1月7日に行われる。餅を焼くということはなく、だるまは登場しない。子供の祭りともされない。また、特に書初めを焼くということもない。場所の確保等の問題で年々少なくなりつつはあるものの、各地域ごとの神社で行われてきた。中でも大崎八幡宮のものは20万人以上が訪れるというもっとも盛大なもので、仙台市の無形民俗文化財に指定されている。「裸参り」と称し、男衆がふんどし姿で練り歩く行事も行われる。この裸参りには、女性の参加も増えている(女性はさらしを巻く)。左義長 フレッシュアイペディアより)

  • 左義長

    左義長から見た地方

    左義長(さぎちょう、三毬杖)とは、小正月に行われる火祭りの行事。地方によって呼び方が異なる(後述)。日本全国で広く見られる習俗である。左義長 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
68件中 61 - 68件表示

「左義長まつり」のニューストピックワード