558件中 11 - 20件表示
  • 依り代

    依り代から見た巫女巫女

    尸童とも書かれるように、童児であり、巫女が主体ではあったが、男性や子供も現在でも少数ながら依巫になる例がある。依巫が神下ろしをしたり、オシラサマ等の依り代から神意、神託を知り一般に伝えることを職業として行ったのが、神道(神社)の神主や巫女の始まりで、卑弥呼なども祈祷師としての巫女であったと伝えられる。また陰陽師も道教や陰陽五行思想の影響は受けているが、分類上は日本の神道に属し、祈祷や依り代を作る側面を持つ。依り代 フレッシュアイペディアより)

  • ゆめゆめ☆ゆうゆう

    ゆめゆめ☆ゆうゆうから見た巫女巫女

    神楽優女は中学3年生。おまじないに頼っていて、姉の妃女とはちがう。ある日、夢を見て、陰の世界の巫女がいなくなり、烈火という少年と出会い、陽の世界の巫女になる。しかし、それを機に、優女と妃女の運命の歯車は大きくきしみ始める。ゆめゆめ☆ゆうゆう フレッシュアイペディアより)

  • 神田祭

    神田祭から見た巫女巫女

    5月15日に近い土曜日に行われる神社の行事。朝8時に神社を出発。一の宮・大己貴命(だいこく様)、二の宮・少名彦命(えびす様)、三の宮・平将門の鳳輦や宮神輿が平安装束をまとった人々に付き添われ粛々と行進、巫女(巫女装束)と乙女(壺装束)役の若い女性4名ずつが花を添える。13時頃に両国旧御仮屋(東日本橋駅付近)で休憩と神事が行われる。16時頃に三越本店に到着、ここから御輿、山車、武者行列などの付け祭りが追加される。艶麗で古風な行列とパソコン、デジタルカメラ、薄型テレビ等が並ぶ町並みの対比は見事である。19時頃に神社に戻る。神田祭 フレッシュアイペディアより)

  • 稚児

    稚児から見た巫女装束巫女

    稚児の衣装は概ね平安装束(神官装束、巫女装束)か、それを大幅に簡略化した稚児装束の場合が多く、また袴は不可欠と考えられる。少年は烏帽子、少女は天冠を被る場合が多い。持ち物としては舞扇、蓮・桜・紅葉・等の造花等が多い。稚児 フレッシュアイペディアより)

  • 稚児

    稚児から見た巫女巫女

    神楽、舞楽、延年、田楽、風流等を奉納・上演する少年少女も稚児と呼ばれる場合が多い。巫女神楽の場合に巫女装束となる少女の巫女、太鼓台の「乗り子」も稚児と呼ばれる場合がある。稚児 フレッシュアイペディアより)

  • この世の果てで恋を唄う少女YU-NO

    この世の果てで恋を唄う少女YU-NOから見た巫女巫女

    たくやの実母。本名はケイティア。広大と結婚する際、恵子という名で戸籍を作る。「デラ=グラント」の巫女この世の果てで恋を唄う少女YU-NO フレッシュアイペディアより)

  • シビュラの託宣

    シビュラの託宣から見た巫女巫女

    シビュラとは恍惚状態で神託を伝えた古代の巫女で、彼女たちの神託をまとめた書物としては、伝説的起源を持つ『シビュラの書』が有名である。しかし、『シビュラの託宣』はそれとは全く別のもので、『シビュラの書』の名声にあやかる形で紀元前140年以降少なくとも数世紀にわたり、ユダヤ教徒たちやキリスト教徒たちによって段階的にまとめられてきた偽書である。そこに含まれる歴史的事件に関する予言の多くは、後述するように単なる事後予言に過ぎない。シビュラの託宣 フレッシュアイペディアより)

  • 貴船神社

    貴船神社から見た巫女巫女

    後の時代に書かれた『沙石集』には、このときの参拝の様子が詳しく書かれている。和泉式部は巫女に縁結びの祭を行わせたが、その一環として巫女は、和泉式部の着物の裾をめくって陰部を露出させる作法をすることを迫った。和泉式部はそれを拒否したが、その様子を夫の保昌が神社の陰から見ており、その態度に感じ入ってその後は夫婦円満になったという。貴船神社 フレッシュアイペディアより)

  • 神事

    神事から見た巫女巫女

    神社神道の生業としての神社の神職である神主や巫女によって行われるものは、日々の勤しみとしての祝詞や神楽がありこれらは祈りとしての祀りであり巫(かんなぎ)でもある、個人の祈願記念として祓いや地鎮祭などは、神社に依頼しされ神職によって行われる。神仏習合のや他の宗教との習合や影響で、神道の神事には密教・仏教を初めとし時には儒教など、特に道教の陰陽五行思想などを由来とするものもある。神事 フレッシュアイペディアより)

  • ノロ

    ノロから見た巫女巫女

    民間の巫女である「ユタ」とは異なる。ノロ フレッシュアイペディアより)

558件中 11 - 20件表示