700件中 21 - 30件表示
  • 隠岐島前神楽

    隠岐島前神楽から見た巫女巫女

    毎年行われる西ノ島町美田の焼火神社(7月23日)のものが著名であるが、その他同町浦郷の由良比女神社における海上渡御祭(隔年の7月下旬)、同町船越の高田神社(隔年7月18日)、同町別府の海神社(隔年7月21日)などがあり、特に由良比女神社のものは船上で舞われる点が珍しい。島前3島とともに隠岐諸島を成す島後島に伝承される島後神楽と合わせて「隠岐神楽」と呼ばれていた事もあり、巫女が重要な役割を果たしたり、ほぼ同様の演目を持つなど共通する点も多いが、島後神楽の悠長な囃子に対して、速めで賑やかな囃子であることや、同じ演目でも内容が異なるなどの相異を見せ、現在では「島前神楽」「島後神楽」と別々に呼ばれている。この島前神楽は、(1)巫女による神懸りの形が保存されている、(2)出雲神楽の祖形が遺存すると思われる点があり、古態のままが保存されている、(3)演戯のみでなく神事の要素も保存されている、という事由で、昭和36年(1961年)6月13日に島根県の無形民俗文化財に指定された。隠岐島前神楽 フレッシュアイペディアより)

  • 乳姫大祭

    乳姫大祭から見た巫女巫女

    前半・後半の二部構成となっている。前半の修行調教のパートでは来るべき乳姫大祭で参拝客を楽しませることができるよう、様々な調教を行うことで感度や性技など各パラメータを上げていき淫乱な巫女を育成していいき、その成果によって後半の乳姫大祭のパートで発生するイベントが変化する。乳姫大祭 フレッシュアイペディアより)

  • 節分

    節分から見た巫女巫女

    小学校では6年生が年男・年女にあたるため、6年生が中心となって豆まきの行事を行っているところもあり、神社仏閣と幼稚園・保育園が連携している所では園児が巫女や稚児として出る所もある。相撲力士を招いて(醜・しこ・四股を踏む事により、凶悪な鬼を踏みつけ鎮める悪魔祓いをする)豆撒きをする社寺もある。節分 フレッシュアイペディアより)

  • 飯豊青皇女

    飯豊青皇女から見た巫女巫女

    『古事記』の解釈はさらにわかれる。折口信夫の解釈によれば、飯豊皇女は巫女であるか、ないしはそれに近い神秘的な人物であり、執政していたのではなく、清寧天皇崩御後に、巫女として「誰に皇位についてもらうべきか」と神託を仰がれて、その段階ではまだ発見されていなかった億計尊・弘計尊の兄弟の名を託宣したのだという。飯豊青皇女 フレッシュアイペディアより)

  • 神仏習合

    神仏習合から見た巫女巫女

    552年(538年説あり)に仏教が公伝した当初には、仏は、蕃神(となりのくにのかみ)として日本の神と同質の存在として認識された。日本で最初に出家して仏を祀ったのは尼(善信尼)と『日本書紀』にはあるが、これは巫女が日本の神祇を祀ってきたのをそのまま仏にあてはめたものと考えられている。神仏習合 フレッシュアイペディアより)

  • かみぱに!

    かみぱに!から見た巫女巫女

    隣に住む同い年の幼馴染、連絡を取り合っていた生徒会長との再会。神社の巫女である先輩。そして主人公に続いて天水町へきた妹。穏やかで、そして楽しい学園生活は続くかと思われた。かみぱに! フレッシュアイペディアより)

  • 神楽

    神楽から見た巫女巫女

    一般に、「かぐら」の語源は「神座」(かむくら・かみくら)が転じたとされる。神座は「神の宿るところ」「招魂・鎮魂を行う場所」を意味し、神座に神々を降ろし、巫・巫女が人々の穢れを祓ったり、神懸かりして人々と交流するなど神人一体の宴の場であり、そこでの歌舞が神楽と呼ばれるようになったとされる。古事記・日本書紀の岩戸隠れの段でアメノウズメが神懸りして舞った舞いが神楽の起源とされる。アメノウズメの子孫とされる猿女君が宮中で鎮魂の儀に関わるため、本来神楽は招魂・鎮魂・魂振に伴う神遊びだったとも考えられる。神楽 フレッシュアイペディアより)

  • この世の果てで恋を唄う少女YU-NO

    この世の果てで恋を唄う少女YU-NOから見た巫女巫女

    たくやの実母で、その正体は「デラ=グラント」の巫女であり、本名はケイティアである。恵子という名は、広大と結婚する際の戸籍作成時に得たものである。この世の果てで恋を唄う少女YU-NO フレッシュアイペディアより)

  • 出口なお

    出口なおから見た巫女巫女

    出口なお(以下、『なお』と表記)は、江戸時代末期?明治時代中期の極貧の生活の中で日本神話の高級神「国常立尊」の神憑り現象を起こした。当時、天理教の中山みきなど神憑りが相次いでおり、なおの身に起ったことも日本の伝統的な巫女/シャーマニズムに属する。当初は京都丹波地方の小さな民間宗教教祖にすぎなかったが、カリスマ的指導者・霊能力者である出口王仁三郎を娘婿としたことで、彼女の教団「大本」は全国及び海外に拡大した。大本は昭和前期の日本に大きな影響を与え、現在もさまざまな観点から研究がなされている。出口なお フレッシュアイペディアより)

  • Dr.リンにきいてみて!

    Dr.リンにきいてみて!から見た巫女巫女

    前半は主人公の少女と幼馴染みのサッカー少年とのラブコメディを中心に、風水で事件を解決する作風だったが、後半からは闇に乗っ取られた人々を救うために明鈴が光の巫女に変身して四神と共に戦うという変身バトルヒロイン路線に大きく傾いた。Dr.リンにきいてみて! フレッシュアイペディアより)

700件中 21 - 30件表示

「巫女」のニューストピックワード