558件中 51 - 60件表示
  • 猿女君

    猿女君から見た巫女巫女

    他の祭祀氏族が男性が祭祀に携わっていたのに対し、猿女君は女性、すなわち巫女として祭祀に携わっていた。それ故に他の祭祀氏族よりも勢力が弱く、弘仁年間には小野氏・和邇部氏が猿女君の養田を横取りし、自分の子女を猿女君として貢進したということもあった。猿女君 フレッシュアイペディアより)

  • 風車祭

    風車祭から見た巫女巫女

    沖縄の先祖崇拝に携わる巫女風車祭 フレッシュアイペディアより)

  • 寄絃

    寄絃から見た巫女巫女

    巫女が祈祷を行うのに先んじてこれを行ったとされている。『豊受皇太神御鎮座本紀』によれば、天鈿女命が弓を並べて叩いたのが和琴の由来であると伝えており、古来においては弓は神事における楽器の一つとしても用いられていた。藤原明衡の『新猿楽記』にも寄絃の儀を行う巫女の姿が描かれている。寄絃 フレッシュアイペディアより)

  • 神社のススメ

    神社のススメから見た巫女巫女

    神職の資格を得るべく、神社で働くことになった青年が不思議な魅力を持つバイトの巫女の女子高生に恋をする、神社を舞台にしたラブコメ漫画。普通の日常生活の描写に徹し、よくある巫女萌え漫画(巫女 (サブカルチャー) を参照)のようなサイキックパワーや悪霊退治のようなSF要素は一切ない。作者が神社に勤めていたこともあり、外からではわからない「神社」という職場の厳しい現実と、巫女たちに囲まれた楽しい(?)生活がリアルに描かれている。ただし、権禰宜と巫女長が茶髪だったり、権宮司が宮司に喧嘩を売ったり、神職が巫女の前でおどおどするなど、現実ではありえない描写もされている。神社のススメ フレッシュアイペディアより)

  • 青青の時代

    青青の時代から見た巫女巫女

    本作の主人公の少女。戦乱を逃れて島にたどり着き、義理の叔父の家にばばさまとともに居候していたが、叔父が戦死すると家を追い出される。村人たちからの迫害・暴力を受けながら放浪生活を続け、さらに巫女の第一条件である処女を奪われる。狗智日子に出会って大和に渡った後、彼女の意図しないところで巫女の血が働き、権力闘争に巻き込まれて行く。青青の時代 フレッシュアイペディアより)

  • かすみの杜

    かすみの杜から見た巫女巫女

    様々な悩みを持った男性達を、神社の巫女であるかすみ、義理の母邦子、妹の美琴の3人が性行為によって解決するコメディー。かすみの杜 フレッシュアイペディアより)

  • あの日々をもういちど

    あの日々をもういちどから見た巫女巫女

    水際神社の巫女。数え年で15歳。水際家の養子となった兄・流を誰よりも慕っており、将来は流を婿に迎えるはずであったが流が鬼と共に封印されたことで侍大将・吉岡又衛門の次男・又吉と結婚。一女を儲けたものの、流のことを諦め切れないまま失意の内に早逝した。あの日々をもういちど フレッシュアイペディアより)

  • 倫敦館夜想曲

    倫敦館夜想曲から見た巫女巫女

    冬吾の妹で、御剣神社の巫女。「剣姫の伝説」を否定している。倫敦館夜想曲 フレッシュアイペディアより)

  • 永遠かもしれない

    永遠かもしれないから見た巫女巫女

    同じ頃、日本最強の巫女である第99代日巫子(ひみこ)も、巫女守の日嗣(ひつぎ)と共にニューヨークにいた。99代は車に轢かれそうになった少女を守り命を落とすが、偶然か必然かこすもと同じRh-AB型の99代の心臓はこすもに移植される。永遠かもしれない フレッシュアイペディアより)

  • ヒュンドラの歌

    ヒュンドラの歌から見た巫女巫女

    詩では、女神フレイヤはヴォルヴァ(:en:völva。巫女のこと。)で巨人女性のヒュンドラと会う。そして2人は一緒にヴァルハラへ向かう。ヒュンドラの歌 フレッシュアイペディアより)

558件中 51 - 60件表示

「巫女」のニューストピックワード