558件中 61 - 70件表示
  • 巫女たちの家

    巫女たちの家から見た巫女巫女

    巫女たちの家 (Casa delle Vestali) は、フォロ・ロマーノにある建造物で、かまどの女神ウェスタに仕える巫女たちの住居である。巫女たちの家 フレッシュアイペディアより)

  • 天国に涙はいらない

    天国に涙はいらないから見た巫女巫女

    3巻より登場する。とある事情で、賀茂家に居候として転がり込んだ少女。極貧で、他に服がないため常に巫女装束を着ている。兄が呪いによって殺されている。司法の手も借りられないため、自ら仇討ちをするために日本中を旅している。霊視は苦手だが、代わりに占い長けており、神からのお告げを紙に記す「お筆先」と言う術を得手とする。天国に涙はいらない フレッシュアイペディアより)

  • 西門豹

    西門豹から見た巫女巫女

    当時鄴では地元に伝わる迷信で、毎年に河に住む神(河伯)に若い女性と多大な財産を、巫女や三老と言われる長老や儀式を管理していた役人に差し出し、それらを河に沈めるという人身御供の儀式がしきたりとなっていた。これにより集められた金銭は膨大なもので、民衆の生活が困窮するほどであった。また年頃の娘がいる家は逃げ出し、その田畑は荒れ放題となっていた。西門豹 フレッシュアイペディアより)

  • カグツチ (漫画)

    カグツチ (漫画)から見た巫女巫女

    綾の転校先の高校のクラスメイト。16歳。実家が神社で巫女でもあり、宮崎に引っ越してきたばかりの綾を、神社の屋根に登っていたことで咎めるうち転倒して白い下着を彼に見られてしまう。日向子は、転校生の綾に「挨拶」に来た不良たちと綾との立ち回りを見ているうちに、綾の聴覚が人並み以上に優れていることに気付く。綾が全生徒を校舎の外へ避難させて間もなく、宮崎沖地震が発生。校庭に生じた液状化現象から綾によって助けられる。綾と母が父と別れるいきさつを聞くと、綾を霧島火山研究所へ連れて行くことを思いつく。彼への自分の気持ちの変化に自身でも驚いている。カグツチ (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • 天探女

    天探女から見た巫女巫女

    『古事記』の記述では何とも不吉な役割を演じているが、元来は神託を受けて吉凶を判断する巫女を神格化した存在と考えられ、政治と祭祀が一体であった時代に神託を捻じ曲げる巫女の存在は神への反逆であり、災いとなると受け止められた事が天探女なる女神の姿に反映したものと思われ、また、そのためか天探女は他の神とは違う特異な位置づけであり、記紀では神々は「命」や「神」と尊称を付けられているが、天探女は呼び捨てにされているとの説がある。また、呼称に天がつけられるのは天つ神など天にかかわりの深い神の特徴であるが、天探女だけは、天つ神であるか否か、はっきりせず、、『日本書紀』には「国神」と記述されている。民話の天邪鬼の原像との説もある。天探女 フレッシュアイペディアより)

  • 髢

    から見た巫女巫女

    昭和に入ると、日本髪の減少とともに髢も用いられなくなり、一般においては日本髪にする際にもかつらが代わりに用いられる場合が多い。ただし、神社の巫女などの場合、長髪の女性でもより黒く豊かに見せるために髢を付ける場合がある。 フレッシュアイペディアより)

  • 霊媒師多比野福助

    霊媒師多比野福助から見た巫女巫女

    人気バンドのボーカルでもあり狐を操る魔使いの一族の次期長である多比野福助が、裏の仕事として心霊関係の事件を解決していく。後半は一族の巫女であり婚約者でもある大神初羅(おおみわそら)を巡っての宿敵の狼とのバトル。霊媒師多比野福助 フレッシュアイペディアより)

  • 想刻のペンデュラム

    想刻のペンデュラムから見た巫女装束巫女

    洸の幼馴染。景天学園に通っており、洸のクラスメイト。大闢神社という神社の娘。調停者たるレビ族の血を引いている。巫女装束に鍔の無い刀「伊都之尾羽張(イツノヲハバリ)」を携えた姿で目覚めたガドを封じる。巫女装束に似合わぬ銀のロザリオは、レビの正統後継者の証で、不慮の事故で亡くなった兄から受け継いだもの。へヴィメタバンドが好きで(絢から趣味が悪いと言われている)知識も豊富に持って高いテンションで解説する一面を持つ。料理は幼少の頃から下手で「焼き魚を丸焦げ」にしたり、「おひたしが液体漬け」だったり「野菜が綺麗に切れずに繋がったまま」や何故か「揚げ物は周りが炭の状態で中身が生っぽい」状態(本人は「見た目は関係ない」と言い張る)等と不器用さを晒している。想刻のペンデュラム フレッシュアイペディアより)

  • しゅーまっは

    しゅーまっはから見た巫女巫女

    梨花の異母姉妹。職業は巫女。霊感が強く、しゅーまっはを妖怪と勘違いしてヌンチャクや三節棍で攻撃することもある。なお、巫女ではあるが、なぜか武闘派。だが、あまりに暴走しすぎると梨花に止められる場面もある。京都出身のため、話すときは京都弁。阿倍先生とは高校時代からの友人で、怖い話を聞かせて楽しんでいた。しゅーまっは フレッシュアイペディアより)

  • 千早

    千早から見た巫女装束巫女

    現在では巫女が公式の神事において通常の巫女装束 (白衣・緋袴)上に着る本式の装束として水干とともに用いられている。千早 フレッシュアイペディアより)

558件中 61 - 70件表示

「巫女」のニューストピックワード