700件中 71 - 80件表示
  • 浪漫三重奏

    浪漫三重奏から見た巫女巫女

    主人公。八王女中学2年生で、浪漫部のリーダー。実家の桜塚神社の巫女でもある。髪は小豆色。濃色のハイソックスをよく穿いている。頭頂部にアホ毛1本あり。浪漫三重奏 フレッシュアイペディアより)

  • ウシハル

    ウシハルから見た巫女巫女

    神社の娘で巫女。牛女を悪い妖怪と思い込み、ウシハルを退治しようとする。ウシハル フレッシュアイペディアより)

  • アトリの空と真鍮の月

    アトリの空と真鍮の月から見た巫女巫女

    芦日村にある海神を祀る神社、神室神社の巫女であり一人暮らししている。しかし六年ぶりに再会した主人公の回想によれば幼少の頃の彼女は「巫女なんてお淑やかな仕事ができる様な子ではなく」「非常に怒りっぽく横暴」だったとされる。性格は活発で明るく、巫女としては村人から頼りにされており大人びた一面もみせる。主人公が以前芦日村に滞在していた際に結婚の約束をしたのだと言い転校初日から「許嫁」の立場を主張、主人公を悩ませる。アトリの空と真鍮の月 フレッシュアイペディアより)

  • アルシャードセイヴァーRPG リプレイ

    アルシャードセイヴァーRPG リプレイから見た巫女巫女

    彼女自身は普通人(魔法や神秘と無関係に過ごしている一般人の総称)なのだが、先祖に瑠璃谷のマナと深く結びついた巫女がおり、ハナ自身も瑠璃谷のマナに干渉できる素質を持つ。具体的には、瑠璃谷のマナを消費することでシャードの加護《ガイア》に等しい奇跡を呼び起こすことができる。ただし、これはハナ自身がコントロールできる能力ではなく、彼女が精神的に本当に追い詰められたときに無意識的に発動するものとなっている。アルシャードセイヴァーRPG リプレイ フレッシュアイペディアより)

  • 土山にう

    土山にうから見た巫女巫女

    個人サークルAtaraxiA主宰。 主に「巫女」や「大正時代」をテーマとした創作でコミケやコミティアにサークル参加しており、所謂「壁サークル」である。無類の和服・袴・セーラー服好きである。土山にう フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮寺

    朝鮮寺から見た巫女巫女

    多くの朝鮮寺においては本堂および七星堂、賽神場が設けられている。前者二つは朝鮮半島における仏教寺院中における大雄殿、三聖閣に該当する。本尊および諸菩薩を祀る本堂は日本の通常の仏教寺院本堂の外観とは異なり、一見して民家または集会所と区別が付かない場合が多い。寺としての表札も控えめである。七星堂では星神を中心にして、山神、海神などが祀られ、いずれの寺院でも本堂よりも地理的に高い箇所に設けられている。星神と山神については朝鮮半島においても同様に信仰されており、それぞれ現世での幸福と金銭を祈祷する習合性を現している。賽神場は通常は飾りつけなどの無い数畳の空間である。賽神場は、朝鮮においてクッ(賽神)と称されるシャーマニズム的現世信仰が行われる場所であり、諸神および諸仏に巫女(男も存在する)が信者の現世における利益をかなえさせる儀式が行われる。この賽神場とそこでの現世信仰が朝鮮寺の大きな特徴である。数多くの朝鮮寺における信仰において、仏教と賽神が占める重要度は各々の寺院によって異なっている。朝鮮寺 フレッシュアイペディアより)

  • 納涼漢祭り

    納涼漢祭りから見た巫女装束巫女

    祭りの参加者には、通常着られるレプリカユニフォームではなく、和装が義務づけられる。もっともその内容については決められておらず、浴衣、作務衣、甚平、法被、果ては巫女装束や漫画『ドラゴンボール』の道着まで、さまざまな和装の人々がゴール裏に密集する。納涼漢祭り フレッシュアイペディアより)

  • 天夢森流彩

    天夢森流彩から見た巫女巫女

    主に「巫女」やアイヌ民族をテーマとした創作で活動しており、コミケでは最大級の「シャッターサークルサークル」の一つである。天夢森流彩 フレッシュアイペディアより)

  • 巫

    から見た巫女巫女

    「かんなぎ」と言う場合は、特に日本の巫を指す。現在、神職の一般呼称である「神主(かんぬし)」とは、本来、文字通り神掛かる役目を持つ職のことであった。日本においては古来より巫の多くは女性であり、巫女(みこ、ふじょ)という呼称で呼ばれることが一般的である。ただし、古代初期の日本においては巫女と同一の役目を担う「巫覡、男巫、巫子」も少なからず存在していた。また、現代において巫女という場合、単に神道における神職を補佐する女性の職の人々を指す言葉として使われることが多い。 フレッシュアイペディアより)

  • 若き日の北條早雲

    若き日の北條早雲から見た巫女巫女

    新九郎は足利義視に仕えて応仁の乱を共に戦ったが敗れ、伊勢国に落ち延びて来た。後に新九郎は義視が土地の豪族・宇部兼友と馴れ合って汚れた資金作りなど謀略をしている悪徳ぶりを知り、義視と袂を分かち浪人となった。そして、後に新九郎の妻となる巫女の小笛、二人の浪人の荒木兵庫、山中才四郎と助ける形で出会い、この小笛と御由緒六家と言われるようになる荒木、山中と在竹兵衛、荒川又次郎らとの奇縁などを描いた。若き日の北條早雲 フレッシュアイペディアより)

700件中 71 - 80件表示

「巫女」のニューストピックワード