前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
116件中 1 - 10件表示
  • 巫女

    巫女から見た中山太郎

    神子に関する研究は民俗学・歴史学の両面からアプローチされ、民俗学においては1910年代から30年代にかけて、柳田国男、中山太郎、折口信夫らによって東北地方をフィールドに展開され、1990年代には神田より子による研究が展開された。巫女 フレッシュアイペディアより)

  • 巫女

    巫女から見た柳田国男

    巫女は柳田国男や中山太郎の分類によると、概ね朝廷の巫(かんなぎ)系と民間の口寄せ系に分けられる。柳田によれば巫系巫女は、関東ではミコ、京阪ではイチコといい、口寄せ系巫女は京阪ではミコ、東京近辺ではイチコ アズサミコ、東北ではイタコと呼ばれる。これらの呼称に関する点から、柳田は「もともとこの二つの巫女は同一の物であったが、時代が下るにつれ神を携え神にせせられて各地をさまよう者と、宮に仕える者とに分かれた」という説をだした。なお、日本に限らず海外の女性シャーマンも巫女と訳されることが多いが、堀一郎によれば日本の巫女は「海外のシャーマンのように、全員が精神的疾患を持っていない」「『神にせせられて』さまようものの、いわゆる憑依の症状をしていない」「そもそもシャーマンは「口寄せ」をしない」と言う点から、歩き巫女を含めた巫女と海外のシャーマンを区別しうるとする。巫女 フレッシュアイペディアより)

  • 巫女

    巫女から見た大学

    女性が本職巫女として奉仕できる年数は短く、義務教育終了後(現実的には高等学校卒業)から勤務し、20代後半で定年を迎える例が多い。短大・大学を卒業してからの奉仕であれば、数年間しか在職しないことになる。定年以降に神社に勤務する場合は、神社指定の制服や松葉色・紺色などの袴を履くなどして服装で区分され、また職掌の上でも神事に奉仕する女性職員を巫女、それ以外の事務作業などを行うのが一般女性職員と区分される事が多い。巫女 フレッシュアイペディアより)

  • 巫女

    巫女から見た高等学校

    女性が本職巫女として奉仕できる年数は短く、義務教育終了後(現実的には高等学校卒業)から勤務し、20代後半で定年を迎える例が多い。短大・大学を卒業してからの奉仕であれば、数年間しか在職しないことになる。定年以降に神社に勤務する場合は、神社指定の制服や松葉色・紺色などの袴を履くなどして服装で区分され、また職掌の上でも神事に奉仕する女性職員を巫女、それ以外の事務作業などを行うのが一般女性職員と区分される事が多い。巫女 フレッシュアイペディアより)

  • 巫女

    巫女から見た折口信夫

    神子に関する研究は民俗学・歴史学の両面からアプローチされ、民俗学においては1910年代から30年代にかけて、柳田国男、中山太郎、折口信夫らによって東北地方をフィールドに展開され、1990年代には神田より子による研究が展開された。巫女 フレッシュアイペディアより)

  • 巫女

    巫女から見た藤原明衡

    平安時代には神祇官に御巫(みかんなぎ)や天鈿女命の子孫とされた猨女君(『貞観儀式』)の官職が置かれ、神楽を舞っていたと推定されている。平安時代末期の藤原明衡の著である『新猿楽記』には、巫女に必要な4要素として「占い・神遊・寄絃・口寄」が挙げられており、彼が実際に目撃したという巫女の神遊(神楽)はまさしく神と舞い遊ぶ仙人のようだったと、記している。巫女 フレッシュアイペディアより)

  • 巫女

    巫女から見た出雲阿国

    歌舞伎の元である「かぶきおどり」を生み出したとされる出雲阿国(いずものおくに)は出雲大社の巫女であったという説もあり、古代の呪術的な動作が神事芸能として洗練され、一般芸能として民間に広く伝播していった経過をうかがい知る例として捉えられる。巫女 フレッシュアイペディアより)

  • 巫女

    巫女から見た義江明子

    歴史学においては、1990年代に義江明子が古代社会における神子を社会・経済的に位置づけ、西田かほるは近世社会における神子の存在を身分的周縁の観点からその多様性を指摘している。巫女 フレッシュアイペディアより)

  • 巫女

    巫女から見た下田歌子

    現在では、巫女装束は白い小袖(白衣)に緋袴を履くのが通常である。元来、袴は襠(まち)ありであったが、明治になって教育者の下田歌子が女学生用の袴として行灯袴を発明し、好評だったことから後に同じ女性である巫女の分野にも導入されることとなった。したがって、現代は行灯型の緋袴が一般的であるが、伝統的な襠有りの袴を採用している神社もある。特に神楽を舞う場合は足裁きの都合上、襠有りでないと不都合が生じることがある。また、神社によっては若い女性向けの「濃」(こき、赤紫色)袴を用いるところもある。巫女 フレッシュアイペディアより)

  • 巫女

    巫女から見た卑弥呼

    『古事記』・『日本書紀』に記される日本神話では、天岩戸の前で舞ったとされる天鈿女命(アメノウズメ)の故事にその原型が見られる。また、『魏志倭人伝』によると、卑弥呼は鬼道で衆を惑わしていたという(卑彌呼 事鬼道 能惑衆)記述があり、この鬼道や惑の正確な意味・内容については不明ではあるものの、古代に呪術的な儀式が女性の手によって行われた事がうかがえる。巫女 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
116件中 1 - 10件表示

「巫女」のニューストピックワード