3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次へ
116件中 111 - 116件表示
  • 巫女

    巫女から見た祓い

    渡り巫女(歩き巫女)は、祭りや祭礼や市などの立つ場所を求め、旅をしながら禊や祓いをおこなったとされる遊女の側面を持つ巫女である。その源流は、平安時代にあった傀儡師といわれる芸能集団で、猿楽の源流一つとされる。旅回りや定住せず流浪して、町々で芸を披露しながら金子(きんす)を得ていたが、必ずしも流浪していたわけではないので後に寺社の「お抱え」となる集団もあり、男性は剣舞をし、女性は傀儡回しという唄に併せて動かす人形劇を行っていた。この傀儡を行う女を傀儡女とよび、時には客と閨をともにしたといわれる。また、梓弓という鳴弦を行える祭神具によって呪術や祓いを行った梓巫女(あずさみこ)もいた。巫女 フレッシュアイペディアより)

  • 巫女

    巫女から見た神祇省

    明治維新を迎え、神社・祭祀制度の復古的な抜本的見直しが為された。1871年(明治4年)には神祇省に御巫(みかんなぎ)が置かれ、宮内省の元刀自が御巫の職務に当たった。民間習俗の巫女に関しては、1873年(明治6年)には神霊の憑依などによって託宣を得る行為が教部省によって全面的に禁止された。⇒:s:梓巫市子並憑祈祷孤下ケ等ノ所業禁止ノ件 これは巫女禁断令と通称される。このような禁止措置の背景として、復古的な神道観による神社制度の組織化によるものである一方、文明開化による旧来の習俗文化を否定する動きの影響もうかがえる。巫女 フレッシュアイペディアより)

  • 巫女

    巫女から見た刀自

    明治維新を迎え、神社・祭祀制度の復古的な抜本的見直しが為された。1871年(明治4年)には神祇省に御巫(みかんなぎ)が置かれ、宮内省の元刀自が御巫の職務に当たった。民間習俗の巫女に関しては、1873年(明治6年)には神霊の憑依などによって託宣を得る行為が教部省によって全面的に禁止された。⇒:s:梓巫市子並憑祈祷孤下ケ等ノ所業禁止ノ件 これは巫女禁断令と通称される。このような禁止措置の背景として、復古的な神道観による神社制度の組織化によるものである一方、文明開化による旧来の習俗文化を否定する動きの影響もうかがえる。巫女 フレッシュアイペディアより)

  • 巫女

    巫女から見たアフリカ

    本項で取り上げた大和の神道における巫女や琉球神道の神人(かみんちゅ)である祝女(ノロ)以外にも、「巫女」を「女性のシャーマン」として広義に解釈し、巫女と関連づけるのであれば、民間のユタや台湾における、韓国の巫堂(・ムーダン)の他、シベリア、アメリカ原住民、アフリカなどにみられるシャーマンなどがあげられる。また、フィクションでは西洋宗教などにおける神職を指すこともある。この場合は「神子」と表記されることが多い。巫女 フレッシュアイペディアより)

  • 巫女

    巫女から見た遊女

    渡り巫女(歩き巫女)は、祭りや祭礼や市などの立つ場所を求め、旅をしながら禊や祓いをおこなったとされる遊女の側面を持つ巫女である。その源流は、平安時代にあった傀儡師といわれる芸能集団で、猿楽の源流一つとされる。旅回りや定住せず流浪して、町々で芸を披露しながら金子(きんす)を得ていたが、必ずしも流浪していたわけではないので後に寺社の「お抱え」となる集団もあり、男性は剣舞をし、女性は傀儡回しという唄に併せて動かす人形劇を行っていた。この傀儡を行う女を傀儡女とよび、時には客と閨をともにしたといわれる。また、梓弓という鳴弦を行える祭神具によって呪術や祓いを行った梓巫女(あずさみこ)もいた。巫女 フレッシュアイペディアより)

  • 巫女

    巫女から見たムーダン

    本項で取り上げた大和の神道における巫女や琉球神道の神人(かみんちゅ)である祝女(ノロ)以外にも、「巫女」を「女性のシャーマン」として広義に解釈し、巫女と関連づけるのであれば、民間のユタや台湾における、韓国の巫堂(・ムーダン)の他、シベリア、アメリカ原住民、アフリカなどにみられるシャーマンなどがあげられる。また、フィクションでは西洋宗教などにおける神職を指すこともある。この場合は「神子」と表記されることが多い。巫女 フレッシュアイペディアより)

3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次へ
116件中 111 - 116件表示

「巫女」のニューストピックワード