118件中 41 - 50件表示
  • 巫女

    巫女から見た受胎告知

    民間伝承では救世主を待望する異教徒のシンボルであり、キリスト教美術の図像にはアトリビュート(持物)として書物を持つ姿が多く見られる。他に「ペルシアの巫女」は頭にヴェール、「リビアの巫女」は灯りのともった蝋燭、「キンメリアの(イタリアの)巫女」はコルヌコピア(豊穣の角)、「エリュトレイア(リディア)の巫女」は「受胎告知」の預言者として百合、「サモスの巫女」は「キリストの降誕」の預言者として秣桶(まぐさおけ)か揺り籠、「クマエの巫女」も「キリストの降誕」の預言者として貝殻、「ヘレスポントスの巫女」は「キリストの磔刑」の預言者として釘、「アグリッパの(エジプトの)巫女」は浅黒い肌で「キリストの笞打ち」の預言者として笞、「エウロパの巫女」は「エジプトへの逃避」の預言者として「嬰児虐殺」の剣を持つ。「フリュギアの巫女」は「キリストの復活」の預言者として十字架を伴い、「ティブルの巫女」は片手を切り落とされている。巫女の単独像は少なく、多くは群像として表現される。巫女 フレッシュアイペディアより)

  • 巫女

    巫女から見たエゼキエル書

    エゼキエル書13章18節に、「手の節に呪縛の組紐をつけ、諸々の頭に合う呪祓の被り物(ミスパホート 散らすを表すサパーフから)を作り被らせる」巫女が罵倒されている。組紐(占い紐 あるいは枕)と訳されるケサトートが、「縛る」を表すカシートの派生語であり、「鳥を捕らえるごとく魂をとる」と表現されているので、そのような儀礼を行う者であったらしい。巫女 フレッシュアイペディアより)

  • 巫女

    巫女から見たユタ

    本項で取り上げた大和の神道における巫女や琉球神道の神人(かみんちゅ)である祝女(ノロ)以外にも、「巫女」を「女性のシャーマン」として広義に解釈するのであれば、民間のユタや台湾における、韓国の巫堂(・ムーダン)の他、シベリア、アメリカ原住民、アフリカなどにみられるシャーマンなども巫女の一種である。また、フィクションでは西洋宗教などにおける神職を指すこともある。この場合は「神子」と表記されることが多い。巫女 フレッシュアイペディアより)

  • 巫女

    巫女から見た

    巫女(みこ、ふじょ)は、主として日本のに仕える女性のこと。神子(みこ)、舞姫(まいひめ)、御神子(みかんこ)と呼称される場合もある。巫女 フレッシュアイペディアより)

  • 巫女

    巫女から見た祈祷

    古来より巫女は神楽を舞ったり、祈祷をしたり、占いをしたり、神託を得て他の者に伝えたり、口寄せなどをする役割であったが、明治以降は神社で神事の奉仕をしたり、神職を補佐する役割へと変化していった。なお、現在、一部の仏教寺院で白衣に緋袴という、巫女装束そのもの、又は類似の服装で奉職する若い女性もみられるようになっている。巫女 フレッシュアイペディアより)

  • 巫女

    巫女から見たシベリア

    本項で取り上げた大和の神道における巫女や琉球神道の神人(かみんちゅ)である祝女(ノロ)以外にも、「巫女」を「女性のシャーマン」として広義に解釈するのであれば、民間のユタや台湾における、韓国の巫堂(・ムーダン)の他、シベリア、アメリカ原住民、アフリカなどにみられるシャーマンなども巫女の一種である。また、フィクションでは西洋宗教などにおける神職を指すこともある。この場合は「神子」と表記されることが多い。巫女 フレッシュアイペディアより)

  • 巫女

    巫女から見た台湾

    本項で取り上げた大和の神道における巫女や琉球神道の神人(かみんちゅ)である祝女(ノロ)以外にも、「巫女」を「女性のシャーマン」として広義に解釈するのであれば、民間のユタや台湾における、韓国の巫堂(・ムーダン)の他、シベリア、アメリカ原住民、アフリカなどにみられるシャーマンなども巫女の一種である。また、フィクションでは西洋宗教などにおける神職を指すこともある。この場合は「神子」と表記されることが多い。巫女 フレッシュアイペディアより)

  • 巫女

    巫女から見た天岩戸

    『古事記』・『日本書紀』に記される日本神話では、天岩戸の前で舞ったとされる天鈿女命(アメノウズメ)の故事にその原型が見られる。また、『魏志倭人伝』によると、卑弥呼は鬼道で衆を惑わしていたという(卑彌呼 事鬼道 能惑衆)記述があり、この鬼道や惑の正確な意味・内容は不明だが、古代に呪術的な儀式が女性の手で行われた事がうかがえる。巫女 フレッシュアイペディアより)

  • 巫女

    巫女から見た日本書紀

    『古事記』・『日本書紀』に記される日本神話では、天岩戸の前で舞ったとされる天鈿女命(アメノウズメ)の故事にその原型が見られる。また、『魏志倭人伝』によると、卑弥呼は鬼道で衆を惑わしていたという(卑彌呼 事鬼道 能惑衆)記述があり、この鬼道や惑の正確な意味・内容は不明だが、古代に呪術的な儀式が女性の手で行われた事がうかがえる。巫女 フレッシュアイペディアより)

  • 巫女

    巫女から見た琉球神道

    本項で取り上げた大和の神道における巫女や琉球神道の神人(かみんちゅ)である祝女(ノロ)以外にも、「巫女」を「女性のシャーマン」として広義に解釈するのであれば、民間のユタや台湾における、韓国の巫堂(・ムーダン)の他、シベリア、アメリカ原住民、アフリカなどにみられるシャーマンなども巫女の一種である。また、フィクションでは西洋宗教などにおける神職を指すこともある。この場合は「神子」と表記されることが多い。巫女 フレッシュアイペディアより)

118件中 41 - 50件表示

「巫女」のニューストピックワード