45件中 11 - 20件表示
  • 鳥井温子

    鳥井温子から見た巻誠一郎巻誠一郎

    スポーツ選手:サッカー選手の巻誠一郎、バレー選手の越川優鳥井温子 フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ミラー

    アレックス・ミラーから見た巻誠一郎巻誠一郎

    最大の特徴は、疲労や対戦相手との相性を重視し、試合ごとにスターティングメンバーやベンチ入りの選手を、猫の目のように変えたことである。前の試合で得点を挙げた選手、好調を維持している選手も戦術に合わないと見れば容赦なく休ませ、時にはエースである巻誠一郎すらベンチに置いた。どのチームもある程度スタメンを固定して戦う傾向のあるJリーグにおいて、このような明確なターンオーバー制を敷いたミラー指揮下の千葉は異彩を放っていた。しかし、そもそも完全なターンオーバーができるほどの豊富な戦力を千葉は有しておらず、入れ替えた選手が上手く機能せずに負けることも多かったため、このやり方には賛否両論があった。アレックス・ミラー フレッシュアイペディアより)

  • オシムジャパン

    オシムジャパンから見た巻誠一郎巻誠一郎

    中村俊輔、遠藤保仁らをサイドに起用し彼らのキープ力、ゲームメイク能力を生かしながら、加地亮、駒野友一らサイドバックが積極的に攻撃参加をし場合によっては2バックの様な陣形で戦う攻撃的なポゼッションサッカーを試みていた。後の岡田体制では前線にアジリティーのある選手が多く起用されているのに対し、オシム体制でのFWは巻誠一郎、矢野貴章など長身でフィジカルの強い選手が先発で多く起用されていた。また、CBには最低でも1人は足下の技術やパス精度などの展開力を求め、田中マルクス闘莉王が出られない時などは本職がCBの選手よりも本来MFの阿部勇樹を起用していた。オシムジャパン フレッシュアイペディアより)

  • 中田洋介

    中田洋介から見た巻誠一郎巻誠一郎

    高校卒業後は、駒沢大学へ進学。1年先輩の巻誠一郎や深井正樹、同学年の橋本早十らと供に数多くの大学タイトルを獲得。4年次にはキャプテンとして関東大学リーグMVPに輝き、ユニバシアード代表入りも果たした。中田洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のサッカー

    2006年のサッカーから見た巻誠一郎巻誠一郎

    2月10日 - サンフランシスコで行われたサッカー国際親善試合で、日本代表は終始アメリカにリードを許し、後半巻誠一郎(千葉)、中澤佑二(横浜)のゴールで追い上げたものの結局2-3で敗れる。2006年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • 宇城市立小川中学校

    宇城市立小川中学校から見た巻誠一郎巻誠一郎

    巻誠一郎(プロサッカー選手)宇城市立小川中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 1980年のスポーツ

    1980年のスポーツから見た巻誠一郎巻誠一郎

    8月7日 - 巻誠一郎(熊本県、サッカー)1980年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 巻加理奈

    巻加理奈から見た巻誠一郎巻誠一郎

    実父はロアッソ熊本持株会理事の巻昇治、兄は元サッカー日本代表FWでJリーグ2部・東京ヴェルディ所属の巻誠一郎、弟はJリーグ1部・名古屋グランパスエイト所属のFW巻佑樹である。巻加理奈 フレッシュアイペディアより)

  • 崔龍洙

    崔龍洙から見た巻誠一郎巻誠一郎

    ジェフで同僚だった巻誠一郎に慕われており、崔も彼を大切にしていた。崔龍洙 フレッシュアイペディアより)

  • 水野晃樹

    水野晃樹から見た巻誠一郎巻誠一郎

    2008年1月、セルティックFCへの移籍が決定し、3年半の契約を結んだ。しかし、2007-2008シーズンは1度もトップチームでプレーできず、ジェフ時代の恩師であるイビチャ・オシムに電話で叱られたという。先輩である巻誠一郎にも何度か叱られたことがある。一年後の12月21日、スコティッシュ・プレミアリーグ第19節 対フォルカーク戦に初先発しフル出場。後半44分、中村俊輔からのパスをセンターサークル付近で受けると、約40m独走して初ゴールを決めた。なお、このゴールの際に過剰なゴールパフォーマンスとして、初のイエローカードも受けている。2009-2010シーズンにおいては、「今後の人生がかかっている」と語っていたが公式戦は2試合のみの出場に止まった。セルティック在籍期間の2年半で公式戦出場はわずか12試合。移籍前にはレギュラーを務めていた北京五輪代表から落選するなど、海外への挑戦は厳しい結果に終わった。水野晃樹 フレッシュアイペディアより)

45件中 11 - 20件表示

「巻誠一郎」のニューストピックワード