46件中 11 - 20件表示
  • 深井正樹

    深井正樹から見た巻誠一郎巻誠一郎

    1999年、駒澤大学に進学。巻誠一郎とコンビを組み「大学サッカー史上最高の2トップ」と謳われた。ユニバーシアード代表メンバーにも選出され、北京大会にて金メダル獲得。深井正樹 フレッシュアイペディアより)

  • 稼ぐ技術

    稼ぐ技術から見た巻誠一郎巻誠一郎

    サッカー選手の巻誠一郎が、熱い経営者と本表紙で推薦している稼ぐ技術 フレッシュアイペディアより)

  • オシムチルドレン

    オシムチルドレンから見た巻誠一郎巻誠一郎

    大まかな定義として、オシムが2003年から日本代表監督に就任する2006年まで監督を務めたジェフユナイテッド市原での教え子を「オシムチルドレン」と呼ぶ。主にレギュラー格であった阿部勇樹・巻誠一郎・山岸智・羽生直剛・坂本將貴・佐藤勇人・水野晃樹・水本裕貴らを指すが、ジェフユナイテッド市原・千葉の選手全員の総称として使われたこともあった。オシムチルドレン フレッシュアイペディアより)

  • ますだおかだのオールナイトニッポン

    ますだおかだのオールナイトニッポンから見た巻誠一郎巻誠一郎

    2006 FIFAワールドカップのサッカー日本代表メンバー発表会見の際に、ジーコ監督が「柳沢、玉田、!」と発言した際に会場がざわめいたのが元ネタ。世間を騒がすようなコメントを三段オチ(最後の「巻」の部分を変えるのが原則だったが、まれに全部違う三段オチのネタもあった)で募集するコーナー。2006年6月2日開始で、ワールドカップ開催期間中のみの限定コーナー。ますだおかだのオールナイトニッポン フレッシュアイペディアより)

  • 2016年J2第41節・最終節

    2016年J2第41節・最終節から見た巻誠一郎巻誠一郎

    うまスタでは後半、岐阜は風間宏矢・高地系治と攻撃的MFを相次いで投入。ボールを持つ時間は増えるも、FW巻誠一郎・MF上原拓郎を投入しフォーメーションを「4-1-4-1」に変更して中盤の守りを固めた熊本に対して最後まで守備陣を崩せず0-1で敗戦。これにより熊本の自力でのJ2残留も確定した。一方、本城では62分、北九州MF本山のバックパスを水戸MF佐藤和弘に奪われると、最後はMFロメロ・フランクが決め水戸が先制。さらにその2分後には水戸MF佐藤のコーナーキックを途中出場のMF白井永地に右足で決められ、北九州は2点ビハインドという苦しい展開となる。しかし、水戸DF福井諒司が70分にこの試合2枚目のイエローで退場となると、北九州は原一樹・小松塁の2トップに加えFW登録のロドリゴと池元を前線に投入して4トップのパワープレーに転じる。90分に北九州FWロドリゴがFW小松の落としたボールを流し込み1点差に、さらにアディショナルタイムにはクロスから最後はFW池元がゴールし同点に追いつき土壇場で試合を引き分けに持ち込んで勝ち点1を奪い取った。2016年J2第41節・最終節 フレッシュアイペディアより)

  • 中田洋介

    中田洋介から見た巻誠一郎巻誠一郎

    高校卒業後は、駒澤大学へ進学。1年先輩の巻誠一郎や深井正樹、同学年の橋本早十らと供に数多くの大学タイトルを獲得。4年次にはキャプテンとして関東大学リーグMVPに輝き、ユニバシアード代表入りも果たした。中田洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 平岡和徳

    平岡和徳から見た巻誠一郎巻誠一郎

    1988年から熊本県立熊本商業高等学校サッカー部監督を務めていたが、1993年に熊本県立大津高等学校に異動し同校のサッカー部監督に就任。これまで多くのJリーガーを輩出し、2006年のワールドカップ・ドイツ大会には巻誠一郎を日本代表として送り出している。平岡和徳 フレッシュアイペディアより)

  • 赤嶺真吾

    赤嶺真吾から見た巻誠一郎巻誠一郎

    2002年に駒澤大学へ進学。1年次は、3期先輩の深井正樹と巻誠一郎がFWに定着していたため 出場機会が限られたが、2年次からは滞空時間の長いヘディングシュートを武器に エースとして活躍。学生No.1ストライカーとして名を馳せた。なお、1期後輩のFW原一樹及び巻佑樹との共存のためにMFでプレーしたこともあった。赤嶺真吾 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生直剛

    羽生直剛から見た巻誠一郎巻誠一郎

    1998年、筑波大学に進学し、同大学の蹴球部でプロ入り後に通じるボールに絡みながらスペースで活きるプレースタイルを体得。自身と森島寛晃のプレースタイルを重ね合わせており、大学の卒業論文は「ルイ・コスタと森島寛晃と自分のプレーの違い」をテーマに書き上げた。同期には石川竜也、平川忠亮、鶴見智美らがいた。2001年、関東選抜として参加したデンソーカップのMVPに選出され、同年開催のユニバーシアード北京大会には全日本大学選抜として出場。決勝戦(対ウクライナ戦)での決勝点を含め、チーム最多タイとなる3得点を挙げた(巻誠一郎も同点)。自身は、大学選抜選出に至ってプロ入りを意識できたと語る。また、同年の関東大学リーグ1部でも、得点・アシスト共に上位に入りMVPに選出された。羽生直剛 フレッシュアイペディアより)

  • 崔龍洙

    崔龍洙から見た巻誠一郎巻誠一郎

    市原で同僚だった巻誠一郎に慕われており、崔も彼を大切にしていた。2016年に発生した熊本地震で被災した巻に、AFCチャンピオンズリーグでの会見の際にメッセージも送っている。崔龍洙 フレッシュアイペディアより)

46件中 11 - 20件表示