45件中 21 - 30件表示
  • 田代有三

    田代有三から見た巻誠一郎巻誠一郎

    福岡大学時代は、大学No1FWとの評価が高く、大分トリニータ、サガン鳥栖に特別指定選手として登録。2005年に鹿島アントラーズに加入。2006年から出場機会を増やし、2008年には巻誠一郎らの負傷により、東アジア選手権2008(中国・重慶)の追加メンバーで日本代表に初招集。鹿島では2008年第5節千葉戦以降25試合ゴールがなく、FW興梠慎三とのポジション争いの結果、控えに回ることが多くなっており、田代をターゲットマンとする戦術はオプションの1つとなっていた。2009年には、新加入のFW大迫勇也の台頭もあり、大きく出場時間を減らしていた。2010年1月6日、出場機会を求め、MF増田誓志と共にモンテディオ山形へ期限付き移籍。山形ではレギュラーとして活躍し、リーグでは自身最多の10得点を記録した。2011年、鹿島に復帰。シーズン途中から同じく復帰した増田と共にスタメンレギュラーに定着。新外国人FWカルロンの不振なども手伝い、エアバトルに強い田代をFWの軸としてターゲットマンにする戦術が採られた。しかし、出場機会は少なく、自己最多の12得点をマークしたが退団が決定した。田代有三 フレッシュアイペディアより)

  • 第76回全国高等学校サッカー選手権大会

    第76回全国高等学校サッカー選手権大会から見た巻誠一郎巻誠一郎

    巻誠一郎(大津→駒澤大学→千葉→アムカル・ペルミ→深セン紅鑽→東京V)第76回全国高等学校サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 森岡隆三

    森岡隆三から見た巻誠一郎巻誠一郎

    2010年 2002年W杯時のキャプテン経験を買われ、NHK-BSの南アフリカW杯サッカー関連番組において、巻誠一郎とともに解説を務める。森岡隆三 フレッシュアイペディアより)

  • 深井正樹

    深井正樹から見た巻誠一郎巻誠一郎

    1999年、駒澤大学に進学。巻誠一郎とコンビを組み「大学サッカー史上最高の2トップ」と謳われた。ユニバーシアード代表メンバーにも選出され、北京大会にて金メダル獲得。深井正樹 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本將貴

    坂本將貴から見た巻誠一郎巻誠一郎

    一度、喧嘩別れの形で退団した千葉への復帰は、クラブ側の説得と精神的支柱が必要と考えた巻誠一郎の「恋人のように」毎日電話や会いに来た事も大きな要因とされている。坂本將貴 フレッシュアイペディアより)

  • 夢空間スポーツ

    夢空間スポーツから見た巻誠一郎巻誠一郎

    巻加理奈(オムロンハンドボール部。ロシアリーグアムカル・ペルミ所属サッカー選手巻誠一郎の妹)夢空間スポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 平繁龍一

    平繁龍一から見た巻誠一郎巻誠一郎

    2011年、川勝良一率いる東京ヴェルディ1969に引き続きレンタル移籍する。当時東京Vは経営面に問題を抱えており、満足な補強ができない状況でのオファーだった。ここでも序盤は主力として活躍し、第12節対ギラヴァンツ北九州戦においてプロ入り後初のハットトリックを達成した。その後、怪我や阿部拓馬の成長や、マラニョンや巻誠一郎などの前に出場機会が減っていった。平繁龍一 フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎光平

    宮崎光平から見た巻誠一郎巻誠一郎

    平小城小、山鹿鶴城中、鹿本高普通科 体育コース(2期生)を経て1999年にサンフレッチェ広島に加入。高校3年の選手権県予選では、FW巻誠一郎を擁する大津高校に準決勝で1-0で勝利した。決勝で国府高校に敗れるも準優勝した。国体の熊本県代表としても活躍。宮崎光平 フレッシュアイペディアより)

  • マリオ・ハース

    マリオ・ハースから見た巻誠一郎巻誠一郎

    かつてジェフ市原(現千葉)に所属した崔龍洙とは対照的なタイプのFWで、最前線でプレーするより下がり目のポジションでボールを受け、中盤でタメをつくることを得意としている。自ら強引にシュートまで持ち込むというより、チームプレーに徹して味方のチャンスを演出することをいとわない。その能力のおかげで、当時は主力ではなかった巻誠一郎がJリーグで2桁ゴールをあげる事が出来たといっても過言ではない。マリオ・ハース フレッシュアイペディアより)

  • 熊本県立大津高等学校

    熊本県立大津高等学校から見た巻誠一郎巻誠一郎

    巻誠一郎(東京ヴェルディ、2006 FIFAワールドカップ日本代表)熊本県立大津高等学校 フレッシュアイペディアより)

45件中 21 - 30件表示

「巻誠一郎」のニューストピックワード