1 2 3 4 5 次へ
46件中 41 - 46件表示
  • 鳥井温子

    鳥井温子から見た巻誠一郎巻誠一郎

    スポーツ選手:サッカー選手の巻誠一郎、バレー選手の越川優鳥井温子 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦知良

    三浦知良から見た巻誠一郎巻誠一郎

    2007年、当時9歳の長男に「日本代表の伝説的な背番号11番は誰か知ってるか」と聞いたら、冗談混じりに「巻(誠一郎)!」と言われたと『ジャンクSPORTS』出演時に語っている。2013年、当時15歳の長男は春休みにカズと同じくブラジルにサッカー留学した。三浦知良 フレッシュアイペディアより)

  • 8月7日

    8月7日から見た巻誠一郎巻誠一郎

    1980年 - 巻誠一郎、サッカー選手8月7日 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見た巻誠一郎巻誠一郎

    2006年1月の代表合宿、2月のアメリカ遠征の際にサッカー日本代表に初選出された。2月11日、親善試合のアメリカ戦では後半途中から出場し、持ち味であるドリブル突破や試合終了間際に見せたスルーパスなど、デビュー戦ながら存在感を示した。2月22日のアジアカップ予選のインド戦に先発し、後半13分に代表初得点を決めたかと思われたが、審判団の協議の結果、長谷部のシュートが巻誠一郎に当たって入っており巻の得点となった。2006年のドイツワールドカップのメンバーには選ばれなかった。イビチャ・オシムが日本代表監督に就任すると、再び代表に選出されたが、2007年以降は代表から漏れることが多くなった。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • ロアッソ熊本

    ロアッソ熊本から見た巻誠一郎巻誠一郎

    補強は札幌から岡本賢明、東京Vから巻誠一郎といずれも熊本県出身の選手が完全移籍で加わったほか、愛媛から園田拓也、富山から金井大樹がいずれも完全移籍で、岡山から篠原弘次郎、広島からキム・ジョンソクがいずれも期限付き移籍でそれぞれ加入した。さらに2013年に期限付き移籍で加入していた黒木晃平、橋本拳人は期限付き移籍期間が延長され、Kyuリーグヴォルカ鹿児島に期限付き移籍していたパブロ・ヤン・フェレイラが復帰した。新人については、ジュニアユース時代からクラブに所属する上村周平、嶋田慎太郎がトップチームに昇格、中央大学から大津高校出身の澤田崇、流通経済大学から広島ユース出身の中山雄登、第92回全国高等学校サッカー選手権大会ベスト4の京都橘高校の永井建成、韓国・漢陽工業高等学校のジョン・ミンヒョクが加わった。ロアッソ熊本 フレッシュアイペディアより)

  • 水野晃樹

    水野晃樹から見た巻誠一郎巻誠一郎

    2008年1月、セルティックFCへの移籍が決定し、3年半の契約を結んだ。しかし、2007-2008シーズンは1度もトップチームでプレーできず、ジェフ時代の恩師であるイビチャ・オシムに電話で叱られたという。先輩である巻誠一郎にも何度か叱られたことがある。一年後の12月21日、スコティッシュ・プレミアリーグ第19節 対フォルカーク戦に初先発しフル出場。後半44分、中村俊輔からのパスをセンターサークル付近で受けると、約40m独走して初ゴールを決めた。なお、このゴールの際に過剰なゴールパフォーマンスとして、初のイエローカードも受けている。2009-2010シーズンにおいては、「今後の人生がかかっている」と語っていたが公式戦は2試合のみの出場に止まった。セルティック在籍期間の2年半で公式戦出場はわずか12試合。移籍前にはレギュラーを務めていた北京五輪代表から落選するなど、海外への挑戦は厳しい結果に終わった。水野晃樹 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
46件中 41 - 46件表示