46件中 21 - 30件表示
  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見たサッカーブラジル代表

    2005年にジーコから日本代表に初選出され、2005年7月31日の東アジア選手権・北朝鮮戦で初出場した。2006年、ワールドカップ・ドイツ大会の日本代表に滑り込みで選出される。グループリーグ最終節のブラジル戦では先発出場を果たした。イビチャ・オシムが代表監督に就任後もジーコ時代の代表メンバーが大幅に入れ替わる中で、引き続き代表選出を果たす。巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見たFCバルセロナ

    2010年は若返りを目指すクラブの方針もあり先発出場が大きく減り、また6月にはクラブの幹部から翌季の契約見送りの意志を伝えられていたという。ロシア・プレミアリーグのアムカル・ペルミからのオファーを受け、2010年7月23日に完全移籍が発表された。退団会見では、「笑われるかもしれないが、このクラブ(ジェフユナイテッド)は僕にとってマンUやバルセロナと同じ価値がある。また戻ってこられるように頑張りたい」と涙を浮かべながら述べた。巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見たサッカーアメリカ合衆国代表

    A代表初得点 - 2006年2月10日 国際親善試合 アメリカ戦 (SBCパーク)巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見た東京スタジアム (多目的スタジアム)

    2011年11月20日、味の素スタジアムで古巣である千葉相手に決勝点を決めた。ヒーローインタビューでは両チームのサポーターから拍手を受け、巻は「今でも心の中には千葉というクラブがあり続けるし、感謝の気持ちや千葉のサポーターの方々に育ててもらったという思いは僕がサッカーを辞めてもずっと残り続けるもの」とコメントした。巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見たロアッソ熊本

    巻 誠一郎(まき せいいちろう、1980年8月7日 - )は、熊本県下益城郡小川町(現:宇城市)出身のサッカー選手。J2・ロアッソ熊本所属。ポジションはフォワード。巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見た東アジアサッカー選手権2005

    2005年にジーコから日本代表に初選出され、2005年7月31日の東アジア選手権・北朝鮮戦で初出場した。2006年、ワールドカップ・ドイツ大会の日本代表に滑り込みで選出される。グループリーグ最終節のブラジル戦では先発出場を果たした。イビチャ・オシムが代表監督に就任後もジーコ時代の代表メンバーが大幅に入れ替わる中で、引き続き代表選出を果たす。巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見たアイスホッケー

    幼い頃は色々なスポーツに触れて育ち、小学1年生からアイスホッケー、小学5年生からサッカーを続け、高校2年生まで両スポーツを両立していた。高校1年時には父親が監督を務めるアイスホッケー熊本県代表チームの選手として国体にも出場した。熊本県立大津高等学校では2年次に冬の選手権でベスト8進出に貢献。高校時代も本職はFWだったが、DFとしてプレーした際の評価のほうが高く、実際Jリーグのクラブのほか、スペインからもDFとしてオファーがあった。巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見たハンドボール

    実父はJ2ロアッソ熊本持株会理事の巻昇治、実弟は巻佑樹(元名古屋グランパス所属。現在は名古屋グランパススカウト)、実妹はハンドボール選手の巻加理奈。巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見た大田ワールドカップ競技場

    A代表初出場 - 2005年7月31日 東アジアサッカー選手権2005 北朝鮮戦 (大田ワールドカップ競技場巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見た下益城郡

    巻 誠一郎(まき せいいちろう、1980年8月7日 - )は、熊本県下益城郡小川町(現:宇城市)出身のサッカー選手。J2・ロアッソ熊本所属。ポジションはフォワード。巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

46件中 21 - 30件表示