44件中 21 - 30件表示
  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見たサッカーアメリカ合衆国代表

    A代表初得点 - 2006年2月10日 国際親善試合 アメリカ戦 (SBCパーク)巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見た東京スタジアム (多目的スタジアム)

    2011年11月20日、味の素スタジアムで古巣である千葉相手に決勝点を決めた。ヒーローインタビューでは両チームのサポーターから拍手を受け、巻は「今でも心の中には千葉というクラブがあり続けるし、感謝の気持ちや千葉のサポーターの方々に育ててもらったという思いは僕がサッカーを辞めてもずっと残り続けるもの」とコメントした。巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見た東アジアサッカー選手権2005

    2005年にジーコによって日本代表に初選出され、2005年7月31日の東アジア選手権・北朝鮮戦で初出場した。2006年、ワールドカップ・ドイツ大会の日本代表に滑り込みで選出される。グループリーグ最終節のブラジル戦では先発出場を果たした。イビチャ・オシムが代表監督に就任後もジーコ時代の代表メンバーが大幅に入れ替わる中で、引き続き代表選出を果たす。巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見たアイスホッケー

    幼い頃は色々なスポーツに触れて育ち、小学1年生からアイスホッケー、小学5年生からサッカーを続け、高校2年生まで両スポーツを両立していた。高校1年時には父親が監督を務めるアイスホッケー熊本県代表チームの選手として国体にも出場した。熊本県立大津高等学校では2年次に冬の選手権でベスト8進出に貢献。高校時代も本職はFWだったが、DFとしてプレーした際の評価のほうが高く、実際Jリーグのクラブのほか、スペインからもDFとしてオファーがあった。巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見たハンドボール

    実父はJ2ロアッソ熊本持株会理事の巻昇治、実弟は巻佑樹(元名古屋グランパス所属。現在は名古屋グランパススカウト)、実妹はハンドボール選手の巻加理奈。巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見た大田ワールドカップ競技場

    A代表初出場 - 2005年7月31日 東アジアサッカー選手権2005 北朝鮮戦 (大田ワールドカップ競技場巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見たサッカー

    幼い頃は色々なスポーツに触れて育ち、小学1年生からアイスホッケー、小学5年生からサッカーを続け、高校2年生まで両スポーツを両立していた。高校1年時には父親が監督を務めるアイスホッケー熊本県代表チームの選手として国体にも出場した。熊本県立大津高等学校では2年次に冬の選手権でベスト8進出に貢献。高校時代も本職はFWだったが、DFとしてプレーした際の評価のほうが高く、実際Jリーグのクラブのほか、スペインからもDFとしてオファーがあった。巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見たロアッソ熊本

    実父はJ2ロアッソ熊本持株会理事の巻昇治、実弟は巻佑樹(元名古屋グランパス所属。現在は名古屋グランパススカウト)、実妹はハンドボール選手の巻加理奈。巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見た国立霞ヶ丘陸上競技場

    Jリーグ初得点 - 2003年8月2日 J1 1st第15節 浦和レッドダイヤモンズ戦 (国立霞ヶ丘競技場巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見た東北フリーブレイズ

    2011年12月15日、アイスホッケーチーム東北フリーブレイズのメンタルアドバイザーに就任。巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

44件中 21 - 30件表示

「巻誠一郎」のニューストピックワード