46件中 31 - 40件表示
  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見たサッカー

    幼い頃は色々なスポーツに触れて育ち、小学1年生からアイスホッケー、小学5年生からサッカーを続け、高校2年生まで両スポーツを両立していた。高校1年時には父親が監督を務めるアイスホッケー熊本県代表チームの選手として国体にも出場した。熊本県立大津高等学校では2年次に冬の選手権でベスト8進出に貢献。高校時代も本職はFWだったが、DFとしてプレーした際の評価のほうが高く、実際Jリーグのクラブのほか、スペインからもDFとしてオファーがあった。巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見た関東大学サッカーリーグ戦

    高校卒業後は駒澤大学へ進学し、1年目からスタメンとして出場するようになる。深井正樹とコンビを組み「大学サッカー史上最高の2トップ」と謳われた。4年次の2002年にはチームを関東大学リーグ初優勝に導き、深井正樹と同数の12得点で得点王にもなった。また2001年夏季ユニバーシアードの日本代表に選出された。巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見た国立霞ヶ丘陸上競技場

    Jリーグ初得点 - 2003年8月2日 J1 1st第15節 浦和レッドダイヤモンズ戦 (国立霞ヶ丘競技場巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見た東北フリーブレイズ

    2011年12月15日、アイスホッケーチーム東北フリーブレイズのメンタルアドバイザーに就任。巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見た日本プロサッカーリーグ

    巻 誠一郎(まき せいいちろう、1980年8月7日 - )は、熊本県下益城郡小川町(現:宇城市)出身のサッカー選手。J2・ロアッソ熊本所属。ポジションはフォワード。巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見たフォワード (サッカー)

    巻 誠一郎(まき せいいちろう、1980年8月7日 - )は、熊本県下益城郡小川町(現:宇城市)出身のサッカー選手。J2・ロアッソ熊本所属。ポジションはフォワード巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見た市原臨海競技場

    Jリーグ初出場 - 2003年3月22日 J1 1st第1節 東京ヴェルディ1969戦 (市原臨海競技場巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見たサッカーのポジション

    巻 誠一郎(まき せいいちろう、1980年8月7日 - )は、熊本県下益城郡小川町(現:宇城市)出身のサッカー選手。J2・ロアッソ熊本所属。ポジションはフォワード。巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見たマンチェスター・ユナイテッドFC

    2010年は若返りを目指すクラブの方針もあり先発出場が大きく減り、また6月にはクラブの幹部から翌季の契約見送りの意志を伝えられていたという。ロシア・プレミアリーグのアムカル・ペルミからのオファーを受け、2010年7月23日に完全移籍が発表された。退団会見では、「笑われるかもしれないが、このクラブ(ジェフユナイテッド)は僕にとってマンUやバルセロナと同じ価値がある。また戻ってこられるように頑張りたい」と涙を浮かべながら述べた。巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見た2006 FIFAワールドカップ

    2005年にジーコから日本代表に初選出され、2005年7月31日の東アジア選手権・北朝鮮戦で初出場した。2006年、ワールドカップ・ドイツ大会の日本代表に滑り込みで選出される。グループリーグ最終節のブラジル戦では先発出場を果たした。イビチャ・オシムが代表監督に就任後もジーコ時代の代表メンバーが大幅に入れ替わる中で、引き続き代表選出を果たす。巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

46件中 31 - 40件表示