44件中 31 - 40件表示
  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見た日本プロサッカーリーグ

    巻 誠一郎(まき せいいちろう、1980年8月7日 - )は、熊本県下益城郡小川町(現:宇城市)出身のサッカー選手。J2・東京ヴェルディ所属。ポジションはフォワード。巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見たサッカーのポジション

    巻 誠一郎(まき せいいちろう、1980年8月7日 - )は、熊本県下益城郡小川町(現:宇城市)出身のサッカー選手。J2・東京ヴェルディ所属。ポジションはフォワード。巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見た2006 FIFAワールドカップ

    2005年にジーコによって日本代表に初選出され、2005年7月31日の東アジア選手権・北朝鮮戦で初出場した。2006年、ワールドカップ・ドイツ大会の日本代表に滑り込みで選出される。グループリーグ最終節のブラジル戦では先発出場を果たした。イビチャ・オシムが代表監督に就任後もジーコ時代の代表メンバーが大幅に入れ替わる中で、引き続き代表選出を果たす。巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見た2001年夏季ユニバーシアード

    高校卒業後は駒澤大学へ進学し、1年目からスタメンとして出場するようになる。深井正樹とコンビを組み「大学サッカー史上最高の2トップ」と謳われた。4年次の2002年にはチームを関東大学リーグ初優勝に導き、深井正樹と同数の12得点で得点王にもなった。また2001年夏季ユニバーシアードの日本代表に選出された。巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見たディフェンダー (サッカー)

    幼い頃は色々なスポーツに触れて育ち、小学1年生からアイスホッケー、小学5年生からサッカーを続け、高校2年生まで両スポーツを両立していた。高校1年時には父親が監督を務めるアイスホッケー熊本県代表チームの選手として国体にも出場した。熊本県立大津高等学校では2年次に冬の選手権でベスト8進出に貢献。高校時代も本職はFWだったが、DFとしてプレーした際の評価のほうが高く、実際Jリーグのクラブのほか、スペインからもDFとしてオファーがあった。巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見たAT&Tパーク

    A代表初得点 - 2006年2月10日 国際親善試合 アメリカ戦 (SBCパーク巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見た下益城郡

    巻 誠一郎(まき せいいちろう、1980年8月7日 - )は、熊本県下益城郡小川町(現:宇城市)出身のサッカー選手。J2・東京ヴェルディ所属。ポジションはフォワード。巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見た関東大学サッカーリーグ戦

    高校卒業後は駒澤大学へ進学し、1年目からスタメンとして出場するようになる。深井正樹とコンビを組み「大学サッカー史上最高の2トップ」と謳われた。4年次の2002年にはチームを関東大学リーグ初優勝に導き、深井正樹と同数の12得点で得点王にもなった。また2001年夏季ユニバーシアードの日本代表に選出された。巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見たフォワード (サッカー)

    巻 誠一郎(まき せいいちろう、1980年8月7日 - )は、熊本県下益城郡小川町(現:宇城市)出身のサッカー選手。J2・東京ヴェルディ所属。ポジションはフォワード巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 巻誠一郎

    巻誠一郎から見た市原臨海競技場

    Jリーグ初出場 - 2003年3月22日 J1 1st第1節 東京ヴェルディ1969戦 (市原臨海競技場巻誠一郎 フレッシュアイペディアより)

44件中 31 - 40件表示

「巻誠一郎」のニューストピックワード