前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示
  • 風林火山 (NHK大河ドラマ)

    風林火山 (NHK大河ドラマ)から見た市川猿之助 (4代目)市川 猿之助(松竹専属・業務提携)

    今回が大河ドラマ初出演となる板垣信方役の千葉真一を筆頭に、武田信玄役に歌舞伎役者の二代目 市川亀治郎、上杉謙信役にミュージシャンのGackt、ヒロイン由布姫役に新人の柴本幸、北条氏康役に大衆演劇から松井誠などテレビドラマでの露出も少ない役者が選ばれ、そのほかには加藤武・金田明夫・小日向文世ら舞台俳優、声優も掛け持つ伊武雅刀に、桜井幸子・池脇千鶴・佐藤隆太・水川あさみなど、若手からベテランに至るまで、映画・テレビドラマ・演劇の各界で活躍する俳優陣が脇を固めた。全体的な配役は、一般的な知名度よりも演技力を重要視しており、そのため近年の大河ドラマに見られた配役傾向とは異なっているが、各出演者の演技は総じてメディアで評価されている。さらに寺島進・笹野高史・鈴木瑞穂・佐藤慶・井川遥・緑魔子などがゲスト出演した。風林火山 (NHK大河ドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 市川猿翁 (2代目)

    市川猿翁 (2代目)から見た市川猿之助 (4代目)市川 猿之助(松竹専属・業務提携)

    2003年11月17日、博多座で自身の演出・出演による『西太后』の公演中に体調不良を訴え、降板。この時は「初期の脳梗塞」との診断を受けた、と公表されたが、実際にはパーキンソン症候群を発症していた。これ以降、俳優として舞台に立つ機会は減り、スーパー歌舞伎や自身の手がけた復活演目の演出面で活動を続けている。2011年9月、二代目市川亀治郎の猿之助襲名会見時に、実子・香川照之と共に8年ぶりに公の場に姿を現した。市川猿翁 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • Team申

    Team申から見た市川猿之助 (4代目)市川 猿之助(松竹専属・業務提携)

    2009年8月?、PARCO劇場にてTeam申第3回公演『狭き門より入れ』を上演。再び、作・演出に前川知大を迎える。出演者の市川亀治郎は、大河ドラマ『風林火山』での共演で佐々木と親しくなった事がきっかけで前作『抜け穴の会議室』を観劇したところ、第3回公演への出演を希望した。市川は現代劇の舞台に初出演。Team申 フレッシュアイペディアより)

  • 第63回NHK紅白歌合戦

    第63回NHK紅白歌合戦から見た市川猿之助 (4代目)市川 猿之助(松竹専属・業務提携)

    司会者が正式発表される前から、各種メディアにより組司会について様々な候補が挙げられていた。スポニチアネックスは今回のの放送時間が決定した段階から堀北と嵐の両軍司会が「有力視される」と報じていた。その後、SMAPも白組司会の候補のうちであるということにも言及していたが、司会発表前日の報道では堀北と嵐で「確定的」と記していた。女性自身や東スポWebの記事は、堀北と嵐の起用が有力であるとの報道をしていた。。しかし、その後の東スポWebの記事は、NHK関係者が白組の司会について「(嵐から)代えた方がいいのでは?という意見も少なからず出ているようです」と発言していたことや、音楽業界関係者が「ジャニーズ内でも嵐サイドとは別の勢力から、SMAPの中居正広に司会復帰させようと猛プッシュする動きが出ています」と発言していたことを報じていた。そのほか、日刊ゲンダイは司会者の最有力の候補として堀北と市川猿之助を挙げており、嵐について「3年連続はさすがにない」とする芸能プロ関係者の発言を載せていた。日刊ゲンダイは後に紅組司会者候補として前田敦子の名前も挙げていた。なお、市川猿之助についてはこの年の『思い出のメロディー』の司会を務めており、同番組の収録の際に本紅白への出演を辞退する意向を示していたものの、のちに福山雅治の曲紹介での出演が決定した(後述)。第63回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル・魂のラジオ

    福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル・魂のラジオから見た市川猿之助 (4代目)市川 猿之助(松竹専属・業務提携)

    数多くの芸能関係者や著名人、芸能人がリスナーであることが発覚している(玉木宏、市川亀治郎、、草刈民代など大河ドラマ『龍馬伝』出演者やスタッフ達など)。ラジオで発言したことが話題の当人に直接伝わるケースも少なくないため、ラジオの発言が元で実現したこともある(映画ドラえもんへのカメオ出演など)。また、福山が番組内で特定の人物を褒めたり、関連商品を紹介したりすると、翌週に本人からのお礼のメールが届くこともある。福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル・魂のラジオ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のラジオ (日本)

    2012年のラジオ (日本)から見た市川猿之助 (4代目)市川 猿之助(松竹専属・業務提携)

    18日 - NHKラジオ第1で毎年夏恒例の『第44回思い出のメロディー』を放送(8月11日、東京・NHKホールにて公開収録)、司会は四代目市川猿之助(歌舞伎俳優)と黒崎めぐみ(CKアナウンサー)が担当。なお例年なら生放送だが、この年はロンドン五輪の関係で録音放送となった(総合テレビと同時放送)。2012年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 香川 照之

    香川照之から見た市川猿之助 (4代目)市川 猿之助(松竹専属・業務提携)

    2011年9月27日、香川が九代目市川中車を襲名して歌舞伎俳優に進出し、2012年6月に催される「六月大歌舞伎」に出演することが発表された。八代目まで屋号は立花屋だったが、香川が襲名する九代目からは特別に猿之助の屋号と同じ澤瀉屋を名乗る。また、同時に、実父の三代目市川猿之助が二代目市川猿翁、従弟の二代目市川亀治郎が四代目市川猿之助をそれぞれ襲名し、長男・政明が五代目市川團子(だんこ)として歌舞伎界にデビューすることも発表された。なお、特例により「香川照之」の名で引き続き芸能活動することを許され、俳優業では「香川照之」、歌舞伎では「市川中車」の2つの名前を使い分けることとされた。きっかけとなったのは、父・三代目猿之助との和解と、何よりも政明の誕生だった。歌舞伎の家に生まれた事で「猿之助の名前は140年続く。政明という長男がいて、この船に乗らない訳には行かない」との思いを強くした、と語っている。香川照之 フレッシュアイペディアより)

  • 彩の国シェイクスピア・シリーズ

    彩の国シェイクスピア・シリーズから見た市川猿之助 (4代目)市川 猿之助(松竹専属・業務提携)

    演出:蜷川幸雄 翻訳:松岡和子 出演:市川亀治郎、筧利夫、山本裕典 ほか彩の国シェイクスピア・シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 旭堂南半球

    旭堂南半球から見た市川猿之助 (4代目)市川 猿之助(松竹専属・業務提携)

    風貌が歌舞伎役者の市川亀治郎に似ていると言われる。旭堂南半球 フレッシュアイペディアより)

  • 決闘! 高田馬場

    決闘! 高田馬場から見た市川猿之助 (4代目)市川 猿之助(松竹専属・業務提携)

    小野寺右京・堀部ホリ・村上庄左衛門: 二代目市川亀治郎決闘! 高田馬場 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示