207件中 81 - 90件表示
  • 市川 猿之助(松竹専属・業務提携)

    市川猿之助 (4代目)から見た新橋演舞場

    6月5日開幕の新橋演舞場六月大歌舞伎における初代市川猿翁・三代市川段四郎50回忌追善興行で、四代目市川猿之助を襲名。昼の部で義経千本桜『川連法眼館』の佐藤忠信/忠信実は源九郎狐を、夜の部ではスーパー歌舞伎『ヤマトタケル』の小碓命後にヤマトタケル/大碓命を勤める。二代目市川猿翁、九代目市川中車、五代目市川團子の同時襲名。市川猿之助 (4代目) フレッシュアイペディアより)

  • 市川 猿之助(松竹専属・業務提携)

    市川猿之助 (4代目)から見た桃山時代

    趣味は骨董品の収集。陶磁器を中心に北大路魯山人・川喜田半泥子の作品や縄文時代・桃山時代のものなどを収集。「亀治郎大博覧会」で十数点が展示されたほか、月刊「なごみ」に2011年12月号から毎月「亀遊笑覧」と題して、そのコレクションの一部を披露している。また、以前は浮世絵を蒐集。ゴッホが模写したとされる歌川広重の『名所江戸百景 亀戸梅屋敷』のほか、役者絵の浮世絵ばかりを2000枚ほど所有。きっかけは海外で高祖父・初代猿之助の浮世絵を見つけたことだった。海外に流出する浮世絵を買い戻さなければという使命感にかられ、以後さまざまな機会を通じて入手し続けたという。。市川猿之助 (4代目) フレッシュアイペディアより)

  • 市川 猿之助(松竹専属・業務提携)

    市川猿之助 (4代目)から見た2009年

    2009年(平成21年) Team申の舞台『狭き門より入れ』で現代劇に初挑戦。市川猿之助 (4代目) フレッシュアイペディアより)

  • 市川 猿之助(松竹専属・業務提携)

    市川猿之助 (4代目)から見たTBSテレビ

    ハンチョウ〜神南署安積班〜 (2009年6月29日、TBS) - アンディ・マツオ 役市川猿之助 (4代目) フレッシュアイペディアより)

  • 市川 猿之助(松竹専属・業務提携)

    市川猿之助 (4代目)から見た日本放送協会

    亀治郎時代は歌舞伎の女方を多く勤め、早くから花形役者の一人として将来を嘱望されてきた。2002年(平成14年)の第1回から猿之助襲名年の第10回まで毎年、自主公演「亀治郎の会」を主宰したほか、1999年から猿之助襲名年まで毎年のように「新春浅草歌舞伎」に出演。次々と古典の難役に挑戦し、その芸域を広げた。2007年にNHK大河ドラマ『風林火山』で武田晴信を演じて以降、歌舞伎に限定せず、テレビドラマ、映画、現代劇などに数多く出演するようになる。四代目猿之助を襲名以降、その活動に期待が寄せられている。市川猿之助 (4代目) フレッシュアイペディアより)

  • 市川 猿之助(松竹専属・業務提携)

    市川猿之助 (4代目)から見た佐々木酒造

    同じ事務所の先輩にあたる俳優・佐々木蔵之介との親交も篤い。佐々木が主宰する「Team申」公演にたびたび出演するほか、襲名に際して佐々木から白頭の猿をデザインした楽屋暖簾を贈られている。自身の会などで佐々木の実家佐々木酒造の清酒を提供することも多い。市川猿之助 (4代目) フレッシュアイペディアより)

  • 市川 猿之助(松竹専属・業務提携)

    市川猿之助 (4代目)から見たキャスト・プラス

    2010年(平成22年) 所属事務所をクリエイティブ・メディア・エージェンシーからケイファクトリーに移籍。市川猿之助 (4代目) フレッシュアイペディアより)

  • 市川 猿之助(松竹専属・業務提携)

    市川猿之助 (4代目)から見たBS朝日

    京都1200年の旅 (2011年10月11日 - 、BS朝日) - ナビゲーター市川猿之助 (4代目) フレッシュアイペディアより)

  • 市川 猿之助(松竹専属・業務提携)

    市川猿之助 (4代目)から見たスーパー歌舞伎

    6月5日開幕の新橋演舞場六月大歌舞伎における初代市川猿翁・三代市川段四郎50回忌追善興行で、四代目市川猿之助を襲名。昼の部で義経千本桜『川連法眼館』の佐藤忠信/忠信実は源九郎狐を、夜の部ではスーパー歌舞伎『ヤマトタケル』の小碓命後にヤマトタケル/大碓命を勤める。二代目市川猿翁、九代目市川中車、五代目市川團子の同時襲名。市川猿之助 (4代目) フレッシュアイペディアより)

  • 市川 猿之助(松竹専属・業務提携)

    市川猿之助 (4代目)から見たTeam申

    2009年(平成21年) Team申の舞台『狭き門より入れ』で現代劇に初挑戦。市川猿之助 (4代目) フレッシュアイペディアより)

207件中 81 - 90件表示