前へ 1 2
20件中 1 - 10件表示
  • 二十一世紀歌舞伎組

    二十一世紀歌舞伎組から見た市川右近市川右近

    二十一世紀歌舞伎組(にじゅういっせいきかぶきぐみ)は、市川右近を座長とする歌舞伎集団である。1988年(昭和63年)、三代目市川猿之助を主宰、猿之助一門の若手を構成員として結成された。21世紀歌舞伎組とも表記する。二十一世紀歌舞伎組 フレッシュアイペディアより)

  • サウンドシアター

    サウンドシアターから見た市川右近市川右近

    2009年11月、英国から帰国した藤沢文翁が「新感覚・音楽朗読劇」として立ち上げたプロジェクト。発足当時から山寺宏一や林原めぐみなど大物声優に加え、宝塚の紫吹淳や、歌舞伎の市川右近、落語家の柳家花緑など異ジャンルのキャストを起用し続けている朗読劇。「手に汗握る朗読劇」「目には見えなくとも、心に浮かび上がる舞台」として上演。朗読劇としては高額なチケット代にも関わらず、毎回完売しており、オークション等で売り買いされる「入手困難なチケット」となっている。派手な演出に加え、煙や香り、バンドの生演奏といった「手触り感」のある演出が特徴。サウンドシアター フレッシュアイペディアより)

  • 藤沢文翁

    藤沢文翁から見た市川右近市川右近

    声優界からは山寺宏一、林原めぐみ、平田広明、朴璐美、梨園からは市川右近、宝塚からは紫吹淳、ミュージカルから藤岡正明、落語会からは柳家花緑と各界の大物が毎回ジャンルを超えて参加しており、7500円超という朗読劇としては高額なチケット代にも関わらず毎回即完売しており、オークションでチケット価格が乱高下することが問題となっている。藤沢文翁 フレッシュアイペディアより)

  • クロスセンス

    クロスセンスから見た市川右近市川右近

    発売2週間で第11刷を記録するベストセラーとなった。その後半年で日本テレビ主催で舞台化される事となり、ルテアトル銀座で開催された。当初、自身が舞台の演出を担うことになっていたが、製作側と方向性が合わない事を理由に降板。 しかし、その後和解して、舞台当日に顔を出した。寺西のデビュー作が舞台化されたことを祝い、舞台当日には、寺西と懇意にしている小沢一郎や市川右近、ドクター中松らも観劇した。クロスセンス フレッシュアイペディアより)

  • 岡本さとる

    岡本さとるから見た市川右近市川右近

    極付 森の石松(市川右近・貴水博之・市川笑也 ほか)岡本さとる フレッシュアイペディアより)

  • 素敵な宇宙船地球号

    素敵な宇宙船地球号から見た市川右近市川右近

    市川右近 (2005年10月23日 - 10月30日)素敵な宇宙船地球号 フレッシュアイペディアより)

  • レッドクリフ

    レッドクリフから見た市川右近市川右近

    市川右近、KENCHI(EXILE)、山本亨、山崎銀之丞、陣内孝則などが出演。レッドクリフ フレッシュアイペディアより)

  • 咲くやこの花賞

    咲くやこの花賞から見た市川右近市川右近

    1989年度(平成元年度) 市川右近(歌舞伎)咲くやこの花賞 フレッシュアイペディアより)

  • 市川弘太郎

    市川弘太郎から見た市川右近市川右近

    2歳の時、スーパー歌舞伎『ヤマトタケル』の初演を見て市川右近に憧れ、歌舞伎役者になる事を決意(本人談)。3歳の頃より基礎を身に付けるために、日本舞踊家である伯母の林千永に日本舞踊を習い始める。市川弘太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 11月26日

    11月26日から見た市川右近市川右近

    1963年 - 市川右近、歌舞伎役者、俳優11月26日 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
20件中 1 - 10件表示

「市川右近」のニューストピックワード