147件中 11 - 20件表示
  • 武蔵 MUSASHI

    武蔵 MUSASHIから見た市川海老蔵 (11代目)市川海老蔵 (11代目)

    吉川英治の小説の大河ドラマ化は1991年の『太平記』以来で、4作目であった。主演の七代目市川新之助は、1994年の『花の乱』出演以来。武蔵の幼馴染・本位田又八には堤真一、幼馴染で恋人のお通役には米倉涼子、宿敵・佐々木小次郎にはTOKIOメンバーの松岡昌宏、小次郎の恋人・琴役は仲間由紀恵が序盤で同じく恋人であった八重役と兼ねて二役を演じ、琴の死後に小次郎の恋人となるお篠は宮沢りえが演じた。後半の宿敵・柳生宗矩は中井貴一が演じた。また脚本には鎌田敏夫が起用され、音楽にエンニオ・モリコーネを迎えた。大河ドラマ初出演になるビートたけしの演技が話題を呼んだが、一方で視聴率は前半以降は低迷した。平均視聴率16.7%、最高視聴率24.6%(視聴率は関東地区・ビデオリサーチ社調べ)。武蔵 MUSASHI フレッシュアイペディアより)

  • レイザーラモンRG

    レイザーラモンRGから見た市川海老蔵 (11代目)市川海老蔵 (11代目)

    2001年11月、レイザーラモンは揃って吉本新喜劇に入団。出渕はヤクザ、間抜けな男、オタクなど、多彩な役柄を演じるオールラウンドプレイヤーとして活躍。自ら「超音波攻撃」と称する雅楽のモノマネ、一人プロレスなどのギャグを披露していた。HGの大ブレイクに伴って2005年末に退団、二人揃って東京進出を果たす。その後は大ブレイクしたHGの影に隠れつつ、相方HGの類似品キャラ「レイザーラモンRG」を名乗って露出を図り『寄生虫』呼ばわりされながらも、多彩な持ちネタで徐々に存在感を増していき、HGのプロレス活動での負傷による長期休養を経て2009年頃からRG単独での活動を増やしている。近年は市川海老蔵のものまねから派生した「あるあるネタ」を披露することが増え、「一発屋」扱いのHGよりも露出が多くなっている。HGはその体格と見かけに反して繊細で気が弱い面があるが、RGはどんなにスベっても受けなくても一切動じずやりきる「折れない心」を持っており、あるあるネタと相乗効果で評価が高まっていった。レイザーラモンRG フレッシュアイペディアより)

  • ほぼ100円ショップ

    ほぼ100円ショップから見た市川海老蔵 (11代目)市川海老蔵 (11代目)

    また挑発に乗りやすいタイプらしく市川海老蔵の回にはもし市川が100円のものを選んだ場合残った高額商品を10倍の額で買うという賭けをして負けた事も。ほぼ100円ショップ フレッシュアイペディアより)

  • くまモン

    くまモンから見た市川海老蔵 (11代目)市川海老蔵 (11代目)

    10月25日 - 山鹿市八千代座にて、公演のために来熊していた市川海老蔵を表敬訪問した。くまモン フレッシュアイペディアより)

  • 72時間ホンネテレビ

    72時間ホンネテレビから見た市川海老蔵 (11代目)市川海老蔵 (11代目)

    生配信を行う3日間「Twitter」でのトレンド世界1位の獲得、日本全国の話題を『72時間ホンネテレビ』で独占することを目指しており、豪華なゲストを迎えた様々な企画ラインナップを予告していた。「インスタグラマー香取」「ブロガー稲垣」「ユーチューバー草彅」として、番組開始と同時にSNSを通した活動をスタート。番組では、人気YouTuberによる「YouTubeの授業」や、きゃりーぱみゅぱみゅと武井壮による「Twitterの授業」、山田孝之による「Instagramの授業」、市川海老蔵と料理対決する「ブログの授業」などが実施された。72時間ホンネテレビ フレッシュアイペディアより)

  • 石川五右衛門

    石川五右衛門から見た市川海老蔵 (11代目)市川海老蔵 (11代目)

    石川五右衛門(2009年初演、演:十一代目市川海老蔵石川五右衛門 フレッシュアイペディアより)

  • 市川新之助 (7代目)

    市川新之助 (7代目)から見た市川海老蔵 (11代目)市川海老蔵 (11代目)

    市川新之助 (7代目) フレッシュアイペディアより)

  • 堀越孝俊

    堀越孝俊から見た市川海老蔵 (11代目)市川海老蔵 (11代目)

    堀越孝俊 フレッシュアイペディアより)

  • エビージョ

    エビージョから見た市川海老蔵 (11代目)市川海老蔵 (11代目)

    エビージョ フレッシュアイペディアより)

  • 三之助

    三之助から見た市川海老蔵 (11代目)市川海老蔵 (11代目)

    平成に入ってから、七代目市川新之助(現・十一代目市川海老蔵、1985年5月から2004年4月まで新之助を名乗る)、五代目尾上菊之助(1996年5月より菊之助を名乗る)、二代目尾上辰之助(現・四代目尾上松緑、1991年5月から2002年4月まで辰之助を名乗る)の三人をこう呼んだ。ブームがおこったのは2000年歌舞伎座興行『源氏物語』に、新之助が祖父ゆずりの光源氏を、菊之助が紫の上を、辰之助が頭中将を演じて話題になってから。2002年に辰之助が四代目尾上松緑を、2004年に新之助が十一代目市川海老蔵を襲名したことによって事実上「平成の三之助」も解消した。三之助 フレッシュアイペディアより)

147件中 11 - 20件表示

「市川海老蔵」のニューストピックワード