94件中 21 - 30件表示
  • 北見記念

    北見記念から見た帯広競馬場帯広競馬場

    北見記念(きたみきねん)は、帯広市が帯広競馬場で開催するばんえい競馬の重賞競走。北見記念 フレッシュアイペディアより)

  • ばんえい菊花賞

    ばんえい菊花賞から見た帯広競馬場帯広競馬場

    ばんえい菊花賞(ばんえいきっかしょう)は、帯広市が帯広競馬場で施行するばんえい競馬の重賞競走。ばんえい菊花賞 フレッシュアイペディアより)

  • クインカップ

    クインカップから見た帯広競馬場帯広競馬場

    クインカップは、帯広市が帯広競馬場で開催するばんえい競馬の重賞競走。クインカップ フレッシュアイペディアより)

  • ドクタースパート

    ドクタースパートから見た帯広競馬場帯広競馬場

    1988年6月29日、道営競馬・帯広競馬場の新馬戦でデビューし3着だった。2戦目の未勝利戦を2着し、3戦目で初勝利を挙げた。以降は4連勝で北海道3歳優駿をレコードタイムで制し、6戦4勝として中央競馬・美浦の柄崎孝厩舎に転厩した。以後、主戦騎手は的場均がつとめることになる(4歳時の富士ステークスをのぞく)。転厩初戦の京成杯3歳ステークスでも追い込みを決め勝利、連勝を5とした。またこの勝利は道営出身馬初の中央競馬重賞優勝となった。ドクタースパート フレッシュアイペディアより)

  • ドリームエイジカップ

    ドリームエイジカップから見た帯広競馬場帯広競馬場

    ドリームエイジカップは、帯広市が帯広競馬場で開催するばんえい競馬の重賞競走。ドリームエイジカップ フレッシュアイペディアより)

  • ばんえいオークス

    ばんえいオークスから見た帯広競馬場帯広競馬場

    ばんえいオークスは、帯広市が帯広競馬場で施行するばんえい競馬の重賞競走である。出走表などでは、名称を「ソメスサドル杯 ばんえいオークス」と表記している。ばんえいオークス フレッシュアイペディアより)

  • コトノアサブキ

    コトノアサブキから見た帯広競馬場帯広競馬場

    道営転入後の初戦は、6歳になった1980年6月15日に帯広競馬場のダート1800mで行われた大平原賞(1984年をもって廃止)。一般的に速いタイムが出にくいとされるダートの良馬場ながら、馬なり(騎手が追う動作をせず、馬の走る気に任せていること)で1分49秒7のタイムを記録して圧勝し、関係者を驚愕させた。この走破タイムは帯広競馬場のコースレコードを更新するとともに、当時ダート1800mの日本レコードでもあった。日本レコードはのちに更新されたが、帯広競馬場のレコードタイムとしてはホッカイドウ競馬が帯広での開催を終了した1997年まで、ついに破られることはなかった。2008年以降ダート1800mで行われているチャンピオンズカップ(GI、2013年まではジャパンカップダート)の優勝タイムにも匹敵する好タイムを30年以上も前に地方競馬で記録していたことだけでも能力の高さがうかがえ、名馬と呼ぶには十分であった。コトノアサブキ フレッシュアイペディアより)

  • 砂川敏文

    砂川敏文から見た帯広競馬場帯広競馬場

    帯広競馬場のばんえい競馬の存続を目指すも帯広単独開催となる。砂川敏文 フレッシュアイペディアより)

  • 競馬法

    競馬法から見た帯広競馬場帯広競馬場

    1997年の門別競馬場(ホッカイドウ競馬)開設の際、北海道内にはすでに旭川・岩見沢・帯広(以上、ホッカイドウ競馬およびばんえい競馬を開催)・札幌・函館(以上、ホッカイドウ競馬および中央競馬を開催)・北見(ばんえい競馬のみ開催)の6か所の競馬場で地方競馬が行われており、門別競馬場で競馬を行うためには左記の6競馬場のうち1つで地方競馬の開催を取りやめなければならなかった。1998年より岩見沢・帯広・函館でのホッカイドウ競馬の開催がなくなり、函館での地方競馬開催が消滅したため(岩見沢・帯広はばんえい競馬の開催は残った)、北海道内における地方競馬の開催場数は変わらず6となった。なおホッカイドウ競馬は2010年以降門別のみ、ばんえい競馬は2007年以降帯広のみでの開催となっている。競馬法 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本競馬

    2007年の日本競馬から見た帯広競馬場帯広競馬場

    第39回ばんえい記念(帯広競馬場・3月25日)優勝:トモエパワー(牡7、騎手:坂本東一、調教師:松井浩文、タイム:4:50.6)2007年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

94件中 21 - 30件表示

「帯広競馬」のニューストピックワード