77件中 31 - 40件表示
  • コトノアサブキ

    コトノアサブキから見た帯広競馬場帯広競馬場

    6歳になった1980年は、6月15日に道営移籍後初のレースとなる帯広競馬場での大平原賞でいきなりダート1800メートルを1分49秒7という当時の日本レコードで圧勝した。その後も脚部不安を抱えながらの出走となったが、この年は金杯、農林水産大臣賞典、道営記念を含む6戦6勝(うち重賞4勝)で終えた。コトノアサブキ フレッシュアイペディアより)

  • 幕別温泉

    幕別温泉から見た帯広競馬場帯広競馬場

    近隣には帯広競馬場(ばんえい競走)、DCTgarden IKEDA、花畑牧場などが存在する。幕別温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤顕清

    加藤顕清から見た帯広競馬場帯広競馬場

    「イレネー」(1963年) 帯広競馬場前庭加藤顕清 フレッシュアイペディアより)

  • JRAジョッキーDay

    JRAジョッキーDayから見た帯広競馬場帯広競馬場

    JRAジョッキーDay(ジェイアールエージョッキーデー)とは、ばんえい競馬を施行する帯広競馬場で行われる日本中央競馬会(JRA)所属騎手とのイベントデーのことである。当日は後述するエキシビション競走、勝ち馬予想コンテスト、トークショー、各騎手の協賛競走への参加やグッズプレゼントなどのイベントが催される。JRAジョッキーDay フレッシュアイペディアより)

  • スーパーペガサス

    スーパーペガサスから見た帯広競馬場帯広競馬場

    以後はチャンピオンカップをはじめ北見記念、岩見沢記念を連覇。さらに北斗賞とばんえい記念では3連覇した。ばんえい記念の3連覇は当時史上最強といわれていたキンタローさえも成し得なかった大偉業である。また帯広記念は2005年に制覇した。旭川、岩見沢、北見、帯広の4つの競馬場で行われる記念レースすべてを制覇したのはタカラフジに次いで2頭目の記録である。スーパーペガサス フレッシュアイペディアより)

  • ドクタースパート

    ドクタースパートから見た帯広競馬場帯広競馬場

    1988年6月29日、道営競馬・帯広競馬場の新馬戦でデビューし3着だった。2戦目の未勝利戦を2着し、3戦目で初勝利を挙げた。以降は4連勝で北海道3歳優駿をレコードタイムで制し、6戦4勝として中央競馬・美浦の柄崎孝厩舎に転厩した。以後、主戦騎手は的場均がつとめることになる(4歳時の富士ステークスをのぞく)。転厩初戦の京成杯3歳ステークスでも追い込みを決め勝利、連勝を5とした。またこの勝利は道営出身馬初の中央競馬重賞優勝となった。ドクタースパート フレッシュアイペディアより)

  • 砂川敏文

    砂川敏文から見た帯広競馬場帯広競馬場

    帯広競馬場のばんえい競馬の存続を目指すも帯広単独開催となる。砂川敏文 フレッシュアイペディアより)

  • トモエパワー

    トモエパワーから見た帯広競馬場帯広競馬場

    トモエパワーは帯広競馬場などで開催されているばんえい競馬で活躍した半血種の競走馬。トモエパワー フレッシュアイペディアより)

  • ばんえいオークス

    ばんえいオークスから見た帯広競馬場帯広競馬場

    ばんえいオークスは、帯広市が帯広競馬場で開催するばんえい競馬の重賞競走である。ばんえいオークス フレッシュアイペディアより)

  • 安藤賢一

    安藤賢一から見た帯広競馬場帯広競馬場

    2007年、北海道・帯広競馬場で行われたばんえい競馬のエキシビションレースの開催に協力し、藤田伸二、四位洋文各騎手らに参加を要請した。安藤賢一 フレッシュアイペディアより)

77件中 31 - 40件表示

「帯広競馬」のニューストピックワード